fc2ブログ
2015-06-12

求人誌に載らない職業

昨日は「経験と資格」について私なりの見解を述べさせて頂きましたが、

私が身に付けた「知識と経験のあるカテゴリ」に書き忘れてしまった職業があり、

本日のタイトルにも関連付いた内容となりますから昨日の補足としてお読み下さい。



過去の記事でも触れたことはありますからご存知の方もいらっしゃると思いますが、

私がプロボクサーを引退した後「複数の職業」を転々としていた頃のエピソードで、

大手ディスカウントストアの「万引き犯を捕まえる保安員」をしていたというお話しです。



当時は求人広告で「比較的賃金が高い職業」を見つけては面接を受けに行き、

その中の1つに「地元周辺部のディスカウントストアの駐車場警備員」という、

会社の研修を受ければすぐに勤務可能な2交代の仕事が掲載されていた訳です。

すぐに電話で問い合わせたところ『面接は東京本社のビルで行います』と言われ、

私は心の中で『何だよ・・地元面接だと思ったら東京まで行くのかよ?』と落胆。

キャンセルしようとも考えましたが『地元勤務じゃなかったら断ろう』という結論に達し、

会社側の指定日に本社へ出向いたところ大きなビルのワンフロアに通されました。



本来は『簡単な交通誘導のお仕事です』と広告に書かれていただけでしたから、

私もそのつもりで面接を受けた訳ですが「私の履歴書」に目を通していた担当者が、

『・・稲垣さん、最近までプロボクサーだったんですか?』と聞かれ返事をしたところ、

『ちょっと待ってて下さいね、上の人間呼んで来ますから』と応接室を出て行った訳です。

その数分後に表れたのは「元・警視庁」という肩書きを持つ警備会社の幹部でした。

そこで初めて『実は万引き犯を捕まえる仕事も請け負っている』と明かされた訳です。

職業上『表向きの募集はかけられない』とし面が割れても防犯上好ましくないことから、

このように「適材が見つかった場合のみ」水面下で交渉しているという説明を受けました。



こちらは「万引き犯1人」を捕まえる度に賃金とは別な「手当て」が付くことや、

私の性格にピッタリな業務でしたから迷うことなくその提案を受け入れた訳です。

その後「身辺調査」を受けた私は見事に「保安員の1人」に任命されましたが、

何でも本人及び身内(確か三親等以内だったはずです)に犯罪歴があった場合

いわゆる「犯罪者を捕まえる職業」に就任することはできないと初めて聞かされ、

これ以上は明かせませんが『警視庁の天下りはすげェな』と心の中で思いました。



私も高校時代には「タバコと飲酒」で補導され学校も無期停学処分となりましたが、

「成人してからの前科」は勿論ありませんでしたから審査に影響はなかったようです。

このように世の中には『求人誌に載らない職業がある』という事実を記載致しましたが、

「学歴や資格があるだけ」では就任できない分野でもあると重ねて申し上げておきます。



本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

おもしろい! 小説みたいなお話ですね😺

Re:

JAMさん、コメントありがとうございます。

実話を元に小説を書くこともありますが、本日の記事は紛れもない事実です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/1076-a2f80213
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground