fc2ブログ
2015-06-11

経験者優遇

私が20代の頃の「就職活動」と言えば新聞に折り込まれた求人広告で探すか、

ハローワーク等で希望する職業を紹介してもらうというのが主な手段でしたが、

現在では「インターネットで求人情報を検索し電子メールで応募が可能」となり、

「自分の職歴や所有する資格」などを登録しヘッドハンティングを待つこともでき、

最終面談までの企業側と就職希望者の手間が省かれ便利な世の中になったものです。



今月に入ってから「株のデイトレード」は一切行わず休養しておりましたが、

私の思惑通り昨日までの3日間で日経平均株価500円以上も値を下げ、

「割安圏を更に叩き売られた数銘柄」に買いを入れ現在保有しております。

勿論「リバウンド狙い」の思惑が外れた場合は利益の有無に関わらず

すぐにポジションは解消致しますが、とは言え「短期売買目的」でもない為、

本日はインターネットに掲載されている様々な「求人情報」を眺めていた訳です。



やはり時代がどのように変化しようとも「経験者優遇」の文字が消えることはなく、

どのような職種であれ『即戦力になる人材が欲しい』と考えるのは当然のことです。

極論を申し上げれば『十分な経験があれば無資格でも構わない』ということで、

「労働基準法」的には問題ですが会社側の諸事情などで免許などを持たないまま、

「本来は資格が必要な業務」を無免許で行っている方も実は多く存在する訳です。



勿論「会社の構内で免許保有者が立ち会えば可」という仕事もある訳ですから、

年齢の若い従業員であれば会社の「資格取得制度」などが適用されるものですが、

私のように40代になりますと「経験と資格」の両方を持ち合わせた職業でなければ、

ほぼ間違いなく「年齢制限」でふるい落とされますから職種は限られてくる訳です。



私が所有する資格は運転免許の他に「フォークリフト」「クレーン運転士」で、

それぞれ会社は異なりますが在籍中に「会社負担で取得させて頂いた資格」です。

またライセンスが既に失効したものも含め「知識と経験があるカテゴリ」としては、

「ハンマー投げ」「アルペンスキー」、成人してからは「スイミング」「筋トレ」

そして直近では「プロボクシング」の選手育成に至るまで現在でも全て教えられます。



「失効した免許」は年齢制限さえなければ後からでも再取得することは可能ですが、

「知識と経験」に関しましては「長い年月に積み重ねられたもの」以外は通用せず、

「すぐに実践できるスキルがある」ことの大切さを改めて感じさせられました。



本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/1075-5bf4d9f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground