fc2ブログ
2015-06-04

空白の3日間を経て

この3日間というもの「極力パソコンを使わない生活」を送って参りました。

「ブログの執筆」は勿論のこと「株のトレード」にも積極的に参加することはなく、

とは言え「監視銘柄のデータ」場帖グラフに記す必要がありましたから、

取引き終了後に上記した作業だけは行いましたがそれ以外は休養致しました。



「3日、3月、3年」とよく申しますが「人の気持ち」も3日経てば落ち着いてくるもの。

店長代行として相変わらず忙しく出掛けて行った嫁に代わり台所の食器などを洗い、

トイレの掃除や5月に鉢を入れ替えた「2対の観葉植物」に栄養剤などの手入れを施し、

天気が良かった日は公園に出掛け夕方のロードワーク筋トレだけは続けました。



3日間「在宅ワーク」から離れて感じたことは『すごく楽だった』ということです。

『一体何をそこまで力んでいたんだろう?』というのが私の正直な感想であり、

『今後どのように活動して行くのか?』につきましても思案しているところです。

嫁には『トレーダー辞めるかもよ』と唐突に告げましたが特に驚いた様子もなく、

『ふ~ん・・、次は決まってるの?』と私を見ることもなく質問されましたが、

私のほうも『・・・全然、な~んにも決まってねェよ』と答えただけです。



『自分の決断は失敗しても後悔しない」という共通点を持つ私達夫婦ですが、

嫁は「新規オープンのゴルフ場で正社員」という職を捨て「料理人」へと転職し、

私は「安定収入を得ていた会社員」を辞め「株の専業トレーダー」へと転身。

お互い「事前に相談することなく」全てを1人で決めてからの事後報告でした。

いかに私達夫婦が「相手にアドバイスを求めない人間か」がお解かりでしょう。



勿論「お互いが最終的にやりたいこと」は理解し合っておりますから、

「それぞれの夢の共通点」が重なり合う日までは別々に活動して行く訳です。

もっとも「トレーダーを辞めるかも?発言」をした日に限っては嫁にも言われました。

『これだけ身体を動かすのが好きな人が、ずっと在宅なんて無理があるよ』と。



仮に「専業トレーダー」を辞めたとしても「株式投資」は当然のことながら続けます。

これは「資金を増やす為の手段」であり仕事と呼べるカテゴリではありませんが、

サラリーマン時代のスイング(数日~数週間で利益を上げる手法)に戻すならば、

今後は「1日中パソコンに張り付く」必要がなくなりますし在宅の意味はありません。

言い変えるならば『デイトレードをしなければ会社を辞めた意味がなくなる』と、

「意地になって短期売買を繰り返していた」というのが正直なところです。



嫁も「料理人」として修行を始めたばかりですし私も何か始めてみようかと、

「人の役に立てること・喜ばれること」等あれこれと思案しているところですが、

「求人誌には載らない特殊な人材募集」をネットで複数発見したのと同時に、

やはり人材不足で困っているのは「訪問介護」などの医療サービスのようです。

・・・無論、私が介護職員では高齢者に怖がられてしまいますが(却下)



本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

介護の現場は離職率がいつでも高い。
それは仕事と給料があまりにも釣り合っていないから。
そんな現場を知ってか知らずか!?
まあ100%知らない役人どもが今年4月から大幅な介護報酬の引き下げました。
報酬額は減らして同じサービスをしろとはあまりにも酷すぎます。
お前らこの給料で介護の仕事をしてみろ!
そんな苛立ちのある引き下げでしたm(__)m
なので介護の仕事はますます若者から敬遠されますね。

Re:

闘う柔整師くん、本当に深刻な問題ですね。

『こんな賃金じゃ割に合わない』と早期で辞めてしまう人が多い実情は、
身近にも耳にする話しですし需要はあるのに人材と施設不足により、
少子高齢化社会に対応できていない日本政府の頭の悪さが際立ちます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/1070-48073099
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground