fc2ブログ
2015-05-22

壁に挟まる族

『・・・またか?』と呆れ果てるばかりですが本日配信されたニュースによりますと、

中国では定番となっている「建物に挟まれた身体の一部が抜けなくなる」という珍事。

勿論「命に関わる程の重症」ではなかったことから記事を書かせて頂いている訳ですし、

過去の類似した事故も含め『皆さん無事で何よりでした』と予め申し上げておきます。



皆さんも1度や2度はニュースなどでご覧になったことがおありでしょう?

「コンクリートに空いた穴から首が抜けなくなった少年」であったり、

「壁と壁の隙間に落ちて出られなくなった女性」など挙げていけばキリがなく、

『数ヶ月に1度のペースで起きている珍事件です』と言っても過言ではありません。



私がこのニュースを耳にする度に思うのは「無事だった前提」の下ではありますが、





『お前ら、ウケ狙いじゃねェよな?』





と、疑いたくなる程『何でそうなるんだよ?』的な負の連鎖であるということです。



勿論、日本と中国では建築基準なども異なりますから環境に問題があるのだとしても、

全ての動物には「学習能力」が備わっている訳ですし自分自身が経験することなく、

『この前、壁に挟まって出られなくなった人がいたから無理に通るのはやめよう』など、

他人の失敗から幾らでも学ぶことが出来る事例を何故こうも繰り返し続けるのか?



ひょっとして彼らは中国人ではなく「壁に挟まる族」という少数民族なのでは?

と真剣に考えてしまう程『今後も繰り返される可能性が高い』と言えるでしょう。

「壁に挟まる族」文化や習性に詳しい方がいらっしゃいましたらご連絡下さい。



尚、本日の記事に中国人を侮辱する意図などは決してございませんし

同国で繰り返される「珍事件」そのものに呆れ返っているという意味であり、

中国政府には『大惨事に発展する前に対応策を考えるべきでは?』と申し上げます。



本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

カベ・ニハ・マール族

中国福建省の奥地、、、セマ・イトコ・スキダー族の一派で、役3万人を数える人々、、ですな。



はははは、、、

Re: カベ・ニハ・マール族

ポッチンさん、本当にあるか調べますよ?


俺以上にふざけたコメントですね(≧∇≦)



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/1060-561f1431
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground