fc2ブログ
2015-04-16

食肉の宿命

この物語は私がプロボクサーを引退し職を転々としていた頃のエピーソードである。

その日は入社して間もない「英会話スクール」の広報部として通勤の途中だった。

『英会話スクールの・・・』などと謳えば随分と聞こえの良い職業に思えるだろう。

何のことはない。講師は当然の如く「英語圏のネイティブ・スピーカー」であり、

我々「広報部」の仕事は千葉市中央区にあるスクールから毎日営業に出掛け、

首都圏近郊部辺りまでの複数の書店で入会者を勧誘し続けるというものだ。



「社員は週1回の英会話レッスンが無料」という広告に魅力を感じた私だが、

2ヶ月程前までは「人を殴り倒す練習」をしていた目尻に傷のある男が、

営業職などに向いているはずもなく1ヶ月半後には退職することになるのだが。

その会社で働き始めた当初、先輩の女性社員を乗せた車の中での出来事である。



通常であれば電車通勤だがその日は「新入社員歓迎会」があり、

通勤途中に実家があると聞いていた先輩を迎えに行く約束を交わし、

当日は私が運転する車で中央区にある職場まで2人で向かっていた道中、

信号待ちで停車した車の前方には「冷凍食品を運搬中のトラック」が。



私達2人の目に留まったのはそのトラックの後方部にある「1枚のイラスト」である。

可愛らしく描かれた「ニワトリ・豚・牛」の3者が笑顔で手を繋いでいるイラストだ。

その上部には「グリーンファームから食卓へ」というキャッチフレーズが書かれており、

ELTの持田香織似で「天然キャラ」として職場でも人気のあった先輩がまず一言。



『稲垣君・・グリーンファームから食卓へって、この絵まずくない?』

『お前ら、これから食われるんだぞ・・何ヘラヘラ笑ってんだよ!?』と私も続ける。

すると2~3秒の沈黙から突然吹き出した先輩が「その絵」を見ながら呟いたのである。

『でもさぁ~・・・美味しいから仕方がないよねェ~、うふふふ!』

天然キャラ特有の「不思議な間」で放り込んできたセリフに私も仕方なく答える。

『・・しょうがないと思います。それに、今日も炭火焼肉の店ですよね?』

すると先輩が再び爆笑する『稲垣君~!?超うけるんですけどォ~!!』



ニワトリ君豚君、そして1番大好きな牛君、それが君達「食用の宿命」だ。

後は俺達が「肉を食す喜び」に感謝しつつ美味しく食べてやるから安心しろ。

どうか「その日」が来るまで元気に「丸々と大きく」育ってくれよ。

これは通勤途中に交わされた「ほんの些細な会話」の記述である。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

小説?

エッセイぐらいじゃないの?


、、、それにしても山中は強いねえ。

Re: 小説?

ポッチンさん、「適切なカテゴリ」がなかったもので {(-_-)}

本当に山中君は強いですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/1029-cdb3f78e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground