fc2ブログ
2012-05-16

「スコトーマ」とは何か?

残り97%の脳の使い方【セミナーCD付】 ~人生を思い通りにする!「脳と心」を洗う2つの方法~残り97%の脳の使い方【セミナーCD付】 ~人生を思い通りにする!「脳と心」を洗う2つの方法~
(2008/11/12)
苫米地 英人

商品詳細を見る


 昨日の「コンフォートゾーン」の続きです。
前回のブログで終わりの方に出てきた「スコトーマ」とは心理的盲点のことです

 18世紀の人間が一生かかって得た知識よりも、
「ニュ-ヨ-クタイムズ」一日分の情報量の方が多い
と言われるほど、
現代社会は「情報」で溢れかえっています。 
だから余計に、自分にとって必要ではない知識(だと思い込んでる情報)
は脳がふるい落とすように出来ているそうです。 
そうでなければ膨大な情報量を処理できずに頭がパンクしてしまうからです。

ただそれは、本来「自分にとって重要であった」はずの情報さえ遮断してしまうことがあるんです

苫米地さんが招かれたセミナーで、実際に行われたパフォーマンスがあります。 

それは・・

1: 自分が身に付けている時計(時計がない人は携帯のディスプレイのデザインでも良い)を、
決して見ないで「頭の中のイメージだけを頼り」に出来るだけ正確に描写する。

2; 実物と見比べると、殆どの人が正確に描けていませんでした。「毎日見ている」にもかかわらずです。

3; ところで、時計の時間は何字何分でしたか?

これも殆どの人が正確に答えられませんでした。・・さっきまで、ずっと見てたじゃん?

 これが「スコトーマ」です。
「デザインが重要」という認識になった途端、同時に見ていたはずの「時間」は、
もうすでに自分にとって重要な情報ではなくなっているんです。

この様な話しも

この本で紹介している「アファメーション」というトレーニングをする事で、
「スコトーマ」を外し本来自分にとって重要であった情報をしっかりと認識できるようになります。


 ~END~

スポンサーサイト



   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/10-58bc80be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground