FC2ブログ
2017-02-19

解凍 2017

私が現在の賃貸物件に越して来てから、今月末で半年が経過致します。

昨年は人生が激変する出来事があり、全ては「私の生き方が招いたこと」と、

年末までは自宅に引き篭り続け、株の売買以外の全ての行動を自重致しました。

そして新年を迎え、先週は春一番が吹き、いよいよ私の心も解凍されてきたようです。



私以外の方に迷惑は掛けられませんから、既に報告してある私の友人などを除き、

本日の記事は文脈だけで察して頂き、プライベートなご質問は一切受けかねますが、

私や私に関わった全ての人達が、各々の新しい人生を歩み始めているとご理解下さい。



私が2012年の12月末で会社を辞めた際、最後の忘年会の席で質問されたのは、

『辞めて何をするんですか?』というものでしたが、私が従業員の前で答えたのは、

『株式投資をしていて自分が将来やりたいことへの資金作りです!』というものでした。

勿論『将来何をやりたいのか?』は私が会社に退職を申し出る以前から明確でしたが、

内に秘めた部分と申しますか、具現化させる段階までは公表したくなかった訳です。



私は将来、自分の飲食店を経営し、そこのオーナーとして借金ゼロでお店を開業し、

その夢を叶える為の手段が「その日に備え株式投資で資産を増やしておくこと」でした。

しかし、私は店内で接客がしたかった訳ではなく、飲食業を営んだこともありませんから、

お店は共同経営者のパートナーに任せ、私は資金繰りを担当する裏方に徹する予定でした。



しかし、上記した夢は露と消え、私が安定収入を得ていた会社を辞めてまで挑み続けてきた、

「ある1つのビジョン」は完全に消滅し、上記した通り現在の住居で私は半年間を1人で過ごし、

朝起きてから就寝するまで、買い物先のレジで受け答えする以外は誰とも会話をすることがなく、

「株の売買→筋トレ→散歩」と、まるで言葉を話せなくなったかのような生活を送っている訳です。



「資産運用」だけで言えば、専業に拘らずとも他に収入を得ながら行ったほうが遥かに効率が良く、

全ては結果論ですし後悔はしておりませんが、現在の私は社会的地位を持たないただの個人投資家。

「専業3年で1億達成」を成し遂げられなかったことは既に吹っ切れましたが自宅に篭ったままの、

現在の生活に『本当に声が出なくなるんじゃないか?』という不安を感じているのは事実であり、

正直に申し上げれば『まだ寒いから嫌だよ!』という気持ちも、ようやく陽気が打ち消してくれ、

「どのような形にせよ」私もいよいよ殻を破り表に出る時が来たのだと日々実感しております。



本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   
2017-02-05

プロデビューから21年







明日2月6日は、私がプロボクサーとしてデビュー戦のリングに上がった日であり、

月日が流れるのは本当に早いもので、あの日から明日で21年目を迎える訳です。

添付させて頂いた画像に写る、赤いトランクスのボクサーが21年前の私ですが、

数年来の読者の方であれば既にご存知の通り、結果は私の「3RKO負け」という、

ほろ苦いプロデビューとなりましたが、私の中では「世紀のミスマッチ」でした。



当時、4月10日オープンだった古巣のジムに移籍組のプロを押しのけ、

ド素人の状態から会員NO.1番として入門した私は若さと勢いだけに任せ、

入門から半年後にはプロテストに合格し、10ヵ月後にはプロデビューと、

「ボクシング経験が半年以上必要」というプロテストの規定がある以上、

日本のプロボクサーの中では最短でプロになった1人であると言えます。



という自慢話も『結局デビュー戦KO負けじゃねェかよ!』と突っ込まれて、

見事に玉砕されてしまう訳ですが、何が「ミスマッチ」だったのかと言えば、

私は「全ボクシング歴が10ヶ月目のオーソドックス(右利き)」なのに対し、

相手は「遅咲きのデビューながらボクシング歴豊富なサウスポー」だった訳です。



ボクシングや他のスポーツでも詳しくない方のために解説をさせて頂きますと、

「全競技人口」の中でもサウスポー(左利き)が占める割合は非常に少なく、

日頃からオーソドックス(右利き)と対戦し慣れているサウスポーに対し、

右利きにとっては所属先に左利きの選手が1人も居ないことも珍しくなく、

アマチュア経験でもない限りデビュー戦の相手がサウスポーというのは、

通常のマッチメイクではあり得ない「タブー」であったと言えます。



それだけ当時のジムには力がなかったということになりますが、

ジムの会長のマッチメイクに対し、チーフトレーナーを務めていた、

私をプロに育ててくれた師匠は『普通デビュー戦にサウスポーなんて、

引き受けるほうがおかしいんだよ!勝たせたくねェのかよっ!?』と、

呆れ返っておりましたが、正月休みも返上で私を指導してくれたことに、

今でも感謝致しておりますし、その後の私のキャリアにも活かされました。











対戦相手だったサウスポーの彼は、3戦3勝(3KO)の戦績で毎年開催されている、

東日本新人王トーナメントのJウェルター級(現在のSライト級)の準決勝まで勝ち進み、

この年の全日本新人王を獲得した選手に判定で敗れ、そのまま引退したとのことです。

訳ありでプロデビューが遅かったことから『新人王が獲れなかったら辞める』という、

壮絶な覚悟で挑んでいたと、後に当時ジムのオーナーだった社長から聞かされました。



この試合から3年後、私も彼と同じ階級で東日本新人王トーナメントの決勝まで勝ち進み、

後に日本・東洋チャンピオンになる相手に敗れ、翌年には引退することになる訳ですが、

この時はまだ知る由も無く、負けた悔しさとパンチで折れた鼻骨と眼底の痛みだけが残り、

勢いだけで突っ走ってきた私のボクシングキャリアの中で「初めての挫折」となりました。

今となっては本当に懐かしく、青臭く、眩しくて煌くような青春の1ページだったと言えます。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground