FC2ブログ
2016-11-26

ケダモノの血 2016

以前より何度か記事にした記憶はございますが、私の家族は親戚一同も含め、

全員身長が低く、しかしながら太っている者も1人もいないというのが特徴です。

我が家だけを取ってみましても、親父は162cm、母親は149cm、兄貴は168cmと、

全員が小柄な体型にある中で、唯一私だけが178cmという飛び抜けた身長な訳です。



祖父はもっと小柄な方だったそうですから私の身長は誰の遺伝子も受け継いでおらず、

幼少期に『お前は河原に捨てられていたんだ』と言われた冗談もあながち嘘ではないと、

時々考えさせられた程、私の家系では唯一特異な体質であることを実感しております。

私は生まれた時から母親の母乳を飲むことを極端に嫌がる赤ん坊だったそうで、

殆ど粉ミルクを飲ませて育てたんだと小学生の頃に母親から聞かされました。



また、小学生の頃は毎朝の朝食に加え500mlの牛乳を全て飲み終えなければ、

学校には行かせてもらえず、早く登校してドッジボールがしたかった私は、

毎朝牛乳を一気に飲み干して学校に向かっていたことを思い出しますし、

考えられる要因としてはこれだけですから今となっては両親に感謝です。



性格が凶暴なのは、おそらく赤ん坊の頃に飲まされた粉ミルクの中に、

何処かのケダモノが落としていった血液が入り混じってしまったのでしょう。

気が付けば私の年齢も40歳を越え、戦国の世であれば既に晩年といったところ。

すっかり絶滅危惧種となってしまった私の遺伝子も、私の代で途絶えそうです。



それでも、私が書き綴ってきた当ブログの記事は情報空間に残り続けますから、

いつか必ず誰かの目に触れるのでしょうし、「私という人間が生きた証」として、

様々な記事を世に送り出してきた「意義」はあったのではないかと感じておりますし、

この世界に生れ落ちた素晴らしさと、いつかは尽きる命の儚さを考えさせられる日々です。

未来の読者の方へ・・不幸にも、ふざけた記事から読み始めた場合は、スルーして下さい。



本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   
2016-11-20

闘魂らぁめん バイト編

昨夜は、私がプロボクサーだった頃にスパーリングでブン殴り合った仲でもある、

先輩が店主を務める「闘魂らぁめん」にて、臨時のアルバイトを頼まれ出向くことに。

私のブログではお馴染みのお店ですが、店員として入店するのは当然ながら初めてです。











これが、10年間このお店の厨房に立ち続ける店主が鍋を振っている背中です。

9人分の炒め物や、から揚げを手際良く一気に仕上げていく動きはまさに圧巻で、

私はプロボクサー時代から追いかけ続けてきた先輩の背中に改めて男気を感じました。











こちらは仕上がった料理を手際良く盛り付けていく通称「姉さん」。

このお店の料理の美味しさは、これまでに何度も紹介させて頂きましたが、

もはや「ラーメン屋」とは呼べません。「ラーメンと料理が美味しい居酒屋」です。

昨夜は接客中でしたから、お店の画像などは勿論撮影することはできませんでしたが、

友人である闘う柔整師くんが介護関係のビジネスパートナー2人と来店してくれました。











仕事中も店主からたくさんの「まかない」が振舞われ、私も姉さんも厨房に戻る度、

まかないを1口摘んではハイボールで流し込み、3人で息の合った連携プレーを続け、

私は姉さんから指導頂き2時間程で基本的な「下っ端の仕事」はマスター致しました。

画像にある「まかない」は、あんかけ焼きそばです。出来立てはカリカリで最高です。



店主が調理をし姉さんが盛り付けた料理やお酒を私がひたすら客席に運び、

空いたグラスを一生懸命洗っていたところ姉さんに働きぶりを褒められ、

私の名前はいつの間にか「グッジョブ」に変わっておりましたが、

尊敬する店主の下で働け、私は最高に仕事を楽しめました。











朝方になり寝てしまった常連さん1人を残して店内はようやく静かになり、

私は店主から、この日の「最後のまかない」としてラーメンを作って頂きました。

いつもの飲み会での〆は「あっさりスープ」のラーメンが差し入れられる訳ですが、

これはたくさんのご馳走を食べ終えた後ですから「店主なりの気遣い」として、

「胃袋がもたれないように」と、あっさり目にしているようなのですが、

この日は店主にリクエストし「背油のこってり系」を完食致しました。

一仕事終えたの後のラーメンは格別に美味しいですね。











閉店後は3人で後片付けや洗い物を一気にこなし、更にはファミレスに連行され(?)、

店主が「頑張ってくれたお礼に」とお酒や料理をどんどん注文してくれた訳ですが、

私はラーメンで満腹状態にあり、姉さんはサラダを食べながら寝ておりました。

時刻は既に朝の5時を迎え、日も昇っている訳ですから当然のことです。



そして、店主と姉さんに気に入られた私は今後も臨時バイトのオファーを頂き、

来月の忘年会は参加致しますが、当日もバイトを頼まれていることから、

当日はお客と店員の両方にスイッチすることになります。

気が付けばラーメン屋の店員に・・。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2016-11-17

マイホーム建築中







こちらの画像は、私が住んでいる賃貸物件の北側にある部屋から撮影したものです。

私がこの物件に越してきた9月は、この部屋の裏側は全て空き地だった訳ですが、

ご覧の通り向かって右側には現在建築中のマイホームが見受けられます。

「マイホーム」と申しましても、当然ながら私の家ではありません。

紛らわしい記事を書いてしまい、誠に申し訳なく思いますが、

そもそも無職の人間にローン審査は通りませんから。



毎日、平日の9時から15時まで、昼休み以外は自宅で国内株式の売買を行っている私ですが、

最近は、この新居を大工が「トンテンカン、トンテンカン」する音がBGMとなっております。

また、ここを建築している業者は、17時を過ぎ日が暮れても照明を付けて作業をし続ける為、

奥に見える他の新居に住まれている方々はうるさくないのだろうか?と気になるところです。



私も解体工事の仕事をしていたことがありましたから、工事の現場が東京だった時などは、

確か「都の条例」か何かで夕方の17時になったら作業を終了させなくてはならず、

違反した場合には近所の住人に通報され、すぐに警察がやってくることも。

勿論。私達も見張り役を表に立て、20時過ぎまでこっそりと作業をし、

照明を消した状態で物件を解体するという危険な行為を行い、

本当に毎日がストイックな日々だったことを思い出します。



いつの世も、下っ端は親方や会社の方針には逆らえない宿命にあり、

現場にいるこの業者も上からの指示で仕方なく続けているのか?と、

そう考えてみた場合には同情する気持ちもない訳ではありません。

私が解体屋をしていた時の社長なんて・・元ヤクザですよw

現役の組員と一緒に仕事をしたこともありますしww



他人に使われるのが嫌なら独立するしかありませんし、

それが不可能なのであれば我慢して働く以外にないでしょう。

・・現在、職にも就いておらず、起業もしていない私が言うのも何ですが。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2016-11-13

闘魂らぁめん 11月場所







読者の皆さん、遅ようございます。

昨夜は先輩が店主を務める「闘魂らぁめん」にて先日行われたアクアラインマラソンの、

打ち上げを兼ねた飲み会を開催する運びとなり私は1人朝まで飲んだくれていた次第です。

今朝の5時に帰宅し、正午過ぎに店主からの電話で目が覚めグダグダの日曜日となりました。

















毎回店主が用意してくれる豪華な舟盛りですが、

同じ画像を使い回していると思われてもシャクですから、

今回は2分割のアップで撮影してやりましたよ。

ご覧の通り、新鮮で絶品でございます。

















昨夜も飲んで食って飲みまくりました。











坊主頭の店主が何故かカツラを被って登場。

当然ながら参加したメンバーがリレー方式で被り回した訳ですが、

昨夜はどうしても良い画像が取れず、店主の笑顔だけでご勘弁下さい。











〆に差し出されるミニラーメンを拒否し、1人普通サイズのラーメンを頂きました。

このラーメンを食べるために、日頃から糖質を制限していると言っても過言ではありません。

そして、店主から『来週、団体の予約が入っているからバイトに来ない?』とお誘いがあり、

バイト代に加え「タダ酒」を飲ませてくれるということなので即答で引き受けた次第です。

バイトをしている私を見たい方は、来週の土曜日に「闘魂らぁめん」までお越し下さい。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2016-11-09

トランプ氏、米国大統領へ







本日のタイトルは、皆さんもご存知の通りですから詳細はニュースをご覧下さい。

「クリントン候補有利」との思惑から反発に転じたマーケットも午後には大暴落し、

日経平均株価も前日比で一時はマイナス1.000円を超える場面も見受けられました。



トランプ氏の勝利がほぼ間違いない状況になってもヒラリー氏の敗北を認めたくない、

一部の評論家やメディアが情報操作をしていたからなのか開票結果にもたつきがあり、

『いい加減に負けを認めさせろよっ!』と午後に入り苛立ちがピークに達していた私は、

マーケットの終了後は早々に買い物に出掛け、ウォーキングをする予定でおりましたが、

本日は「木枯らし1号」が吹いたそうで、あまりの寒さにくじけ予定を取りやめた次第です。



今回の対決は、はっきりと申し上げれば「嫌われ者同士の対決」でしたから、

米国はオバマ大統領が勝利した時のような高揚感に包まれた訳ではありませんが、

過激な言動ばかりが報じられたトランプ氏が勝利したことが国民の声なのでしょう。

英国の「EU離脱」同様、現状に不満を抱く市民達の答えが今回の選挙結果だと言え、

『チェンジ!』を公約に掲げていたオバマ大統領は外交下手で結局何も変えられず、

貧困層を主軸とした米国市民の苛立ちは頂点に達していたというのが実情です。



確かにトランプ氏に政治の経験はありませんから不安がないとは言い切れませんが、

「不動産王」の異名を持つ彼が「優秀なビジネスマン」であることは周知の事実です。

ですから彼の「豊富なビジネススキル」を国政に結びつけるような政策を生み出し、

政治経験の豊富な議員達がトランプ氏の側近としてサポートして行けるのかどうか?

それが今後の課題となって行くのでしょうし、私はお手並み拝見と言ったところです。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2016-11-06

おしゃれ泥棒 2016







上に添付した画像は私の洋服クローゼットです。

この他にも3つある収納ボックスの中にはTシャツから長袖や皮パンに至るまで、

各種類ごとにまとまった状態で殆ど隙間もない程の衣類が揃えられております。



以外に思われるかもしれませんが、洋服の縫製業に携わっていた関係もありまして、

20代の頃から知り合った女性からは『おしゃれだよね!』と褒めて頂けることが多く、

決してブランド志向ではありませんが、洋服やアクセサリーにはお金をかけてきました。

気取っているつもりはなく、自分で様々な洋服や色を組み合わせることが好きな訳です。



しかし、前回のギターではありませんが、ハンガーにズラリと並べてあるシャツや防寒着は、

黒いダウンジャケットと薄手の黒いコートを除いて2年以上も袖を通していないものばかりです。

あれ程おしゃれには気を使っていた私の最近の服装と言えば、夏は迷彩柄のパンツにTシャツ、

冬は迷彩柄のパンツにトレーナー、防寒着は上記した黒のダウンジャケットというパターンです。



ブーツも3種類持っておりますが、最近はどこへ出掛けるにもアディダスの黒いシューズばかりで、

すっかりおしゃれとは程遠いスタイルに落ち着いてしまいましたが実用性重視となったようです。

ジーンズよりも迷彩柄のパンツのほうが断然動きやすいですし、ブーツでは速く走れませんから、

ケンカを売ってきた野郎をぶっ飛ばした後で、警察を呼ばれる前に走って逃げるのに不向きで、

そういった意味で『極めて実用的である』といえる現在のスタイルに収まったという経緯です。



『・・お前、まだケンカするつもりでいるのか?』と読者の皆さんは呆れていることでしょう。

しかし、人間はいつどこで「望まぬトラブル」に巻き込まれるかは誰にも解りませんし、

外出する以上は常に「不測の事態」に備えて行動していくという気持ちが大切です。

と、ここまで私の自論を展開して参りましたが正直な気持ちを申し上げるならば、

『時間をかけて洋服をコーディネートするのが面倒くさくなった』が本音ですw



勿論、正装を求められるようなパーティなどに招待された場合はきちんと致しますが、

最近はそういった場所に出向くこともなくなったことからワンパターン化したようで、

たくさん所有しているシルバーアクセサリーの中で指輪などはしなくなりましたが、

昔からの名残でネックレスだけは現在でも唯一首にぶら下げて外出しております。



風水の本には『3年以上袖を通していない服は思い切って処分しなさい』と、

不要なものを手放すことで運気をアップさせることを推奨しているようですが、

私は『このジーンズのヒゲ、かっこいいんだよな・・』と眺めているだけで楽しく、

20代の頃に、『穴が開いたり破れた洋服は運気を下げる』という風水の本に感化され、

お気に入りだった「EDWIN・503」のダメージジーンズを思い切って捨てたのですが、

その後で死ぬほど後悔したという過去があるため、ジーンズだけは絶対に捨てませんww



勿論、下着や靴下に穴が開いた場合は『お世話になりました』と言ってすぐに捨てます。

穴が開いてしまった靴下は、何だかそこから金運が逃げて行くようで気持ちが悪いんです。

とは言え、何年も袖を通していない上着は、やはり少しずつでも処分するべきでしょうね。

また、最近ではすっかり「オブジェ化」してしまった画像にあるお気に入りのシャツですが、

『おいっ!眺めてねェで着ろよっ!!』と怒られそうですから今後は再び着るかもしれませんw



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2016-11-02

置き去りのギター







この画像は、我が家にあるアコースティック・ギターです。

エレキ・ギターもありますが物置の奥にしまっているため取り出す気にもなれず、

扇風機をしまう際、一旦取り出す必要があったアコギのみを画像に収めてみました。

『ギターなんて弾くんだ?』と思われた方、既に10年以上の長きに渡り弾いておりません。



購入したのはプロボクサーになった23歳の頃でした。

試合前の減量中は食べたいものも食べられずストレスが溜まることから、

ギターでも弾いて気分を紛らわそうという考えに加え唄うことが大好きな私は、

自分で弾き語りができたほうが、より楽しいだろうと当時は毎晩練習したものです。



試合が決まれば食事は満足に取れず、お酒を飲むことも止めておりましたから、

ひたすら譜面に向き合い自分が弾けそうで好きな楽曲を毎晩練習する訳ですから、

当然ながらボクシングの上達に比例する形でギターを弾く技術も向上して行きました。

コード進行がシンプルで弾きやすいエレファントカシマシの「今宵の月のように」など、

譜面を見なくても弾けるようになった楽曲は数ヶ月の練習で十数曲にまで増えました。



では、いつ頃から弾くのを止めてしまったのか?

やはりプロボクサーを引退した頃から飲み歩くようになり、

腐りきった生活をする中で少しずつギターから離れて行った訳です。

あれ程大好きだった弾き語りが、既にコードも覚えていないという有様です。



当然チューニングも狂っておりますし大量に購入した譜面もダンボールの中です。

何度か練習し直そうと考えたこともありましたがプロボクサーを引退した時期は、

以前にも少しだけ触れましたが、人生を左右するほどの辛い出来事が立て続き、

ギターを楽しむことができなくなっていったことを今でも思い出しますが、

いつの日か、またギターを弾きたいと思える日が来るのでしょうか?

今はまだ・・思い出と共に、そっと物置の中にしまっておきます。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground