FC2ブログ
2016-02-25

企業買収の末路

業績不振で経営再建中だった「シャープ」ですが本日25日の臨時取締役会で、

遂に台湾の「鴻海(ホンハイ)精密工業」の支援を受け入れることになったと、

ニュースで大きく報じられておりますが、事実上「買収される」ということです。



買収には昔から「友好的買収」「敵対的買収」という言葉が用いられますが、

「一部の例外」はあるものの『資金力が上の企業に経営権が移行する』ことは、

『当然の力関係である』と言え、現在のところ社名や従業員の存続などに関し、

シャープの意向を尊重するような発言もホンハイ側からは出ているようですが、

はっきりと申し上げますが『買収するまではアメを与える!』のが常識です。



「スキルの高い技術者」などは逆に高待遇で受け入れられると思いますが、

製造技術などの知識が全く無い「本社の役員」などはリストラされるでしょう。

『お前達が無能だから会社の経営が行き詰まったんだろうがっ!』というのが、

「買収する側の本音」であり、シャープに尽くしてきた従業員はお気の毒ですが、

「外資に身売りをした経営陣」に同情の余地は無く上記した通りになるでしょう。



前回の記事にあるフィットネスクラブ「忠実屋」という東証一部上場企業の、

「子会社」という立場でしたがダイエーに買収された後は社名も当然消滅し、

ダイエー側の「陰湿なリストラ」により沢山の忠実屋グループの社員達が、

「屈辱的なレベルの降格を受け入れるか退職するしかなかった」訳です。



私が敬愛する投資家「ウォーレン・バフェット氏」のような慈善家であれば、

『買収後も社名や経営権の全てを存続させる』という待遇で迎え入れますが、

彼が全ての買収先から尊敬されているのは、このような器の大きさによるもので、

勿論「優良企業」以外は買収対象ではないものの極めて稀なケースだと言えます。



「日本を代表する家電産業の1つ」台湾企業の傘下に入る可能性が高まったことは、

皆さんもご存知の通り「歴史がある大企業」ですから日本人として喜ぶことはできず、

「日本の高い技術力」が海外の企業に渡ってしまうことが非常に残念でなりません。



本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   
2016-02-22

レガシー飲み会 2016

前回の記事でも少し触れましたが、昨夜は「飲み会」が開催されました。

「フィットネスクラブのインストラクター」が私の人生で最初の職業となった訳ですが、

私が配属された「フィットネスクラブ・レガシー」木更津支店同窓会という集いです。

会社自体はダイエーに買収され社名が変わった後に「ダイエーごと消滅」致しましたが、

スタッフ個人間での繋がりが縁となって昨年「およそ20年ぶりの再会」を果たし、

前回来られなかったメンバー数名も参加してくれ大いに盛り上がった次第です。











今回は「女性スタッフ7名」に私を含めた「男性スタッフ3名」となりましたが、

フロント・スイミング・ジムなど担当はそれぞれながら「同じ時代」を共に過ごし、

私が退職して以来1度も会っていないメンバーとも再会でき大変嬉しく思いましたし、

会話は当然ながら「当時の話し」で盛り上がり最後まで笑いの絶えない楽しい夜でした。



私は当時「スイミングスクール」「フィットネスジム」を担当していた訳ですが、

スタッフのお子さん数名「スクール生」としてスイミングを習っておりましたから、

当時は幼稚園児小学生だった「自分の教え子」の近況などにも話題が及びました。

当時は小さくて可愛かった「ある女性スタッフのお子さん」の写真を拝見したところ、

「普通のおっさん」に豹変していたのは衝撃でしたし大変失礼ながら大爆笑でしたw











私が「在宅ワーク」を始めてから3年間「人と接しない生活」を送っていたはずが、

青春の全てとも言える「フィットネス」「ボクシング」で知り合った仲間達だけは、

「切っても切れない縁」で結ばれていたようで「自然と引き寄せられた」のでしょう。

今後も「大切な仲間達との縁」を大切にし、互いに素晴らしい人生を歩みたいものです。

「レガシー・スタッフ」の皆さん、次回も大いに盛り上がりましょう。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2016-02-20

健康診断 2016

昨日、3年半ぶりに「健康診断」を受診致しました。

前回の受診は「2012年までお世話になっていた会社」で、

「毎年7月頃」に全従業員が対象となっていた診断が最後でした。

「腰痛持ち」であることを除けば会社を辞めてから1度も病気にならず

肉体的な不調も特になかったことから診察等には出向かなかった訳ですが、

諸事情により「自己負担金ゼロ」で受診できる機会を得られたという経緯です。



「指定された病院」へ入ると昨年再会した「フィットネスクラブ時代の仲間」である、

女性スタッフMさんと偶然にも遭遇し『ここで働いているの!』という驚愕の事実に、

「縁」を感じつつも明日は再び「元インストラクター仲間で飲み会」が開催される為、

院内で『じゃあ、また日曜日にね!』と不思議な会話がなされる展開となりましたw



話しが逸れてしまいましたが今回の健康診断「最も一般的な検査」である、

「尿・血圧・血液・身体測定・心電図・視力・聴力・X線・問診」などでしたが、

『全ての診断結果が即日公表される』というスピーディな対応に大変驚いた次第です。

「診断結果の数値は全て異常なし」と記載され、最後に問診を受けた医師の方からは、

『あなた、タバコは吸わない人だね?肺がすごく綺麗だから・・』と褒められた程で、

以前『禁煙から5年で肺は元の健康な状態に戻る』と聞きましたが本当だったようです。



ところで皆さん、私は自身のプロフィール「身長178cm」と記載してありますが、

高校2年の「176.8cm」で身長が止まった(はずでしたが)プロボクサー時代には、

身体測定を受けた際「177.6cm」と出たことやトレーナー時代には「177.8cm」など、

『どう考えても1cmの誤差なんてねェよな?』10年後に改めて考えさせられた訳です。

『ハンマー投げで骨が詰まっていたのか?それとも身長は止まっていなかったのか?』と、

未だに不思議に思う訳ですが、今回「私を更に困惑させる出来事」が発覚致しました。



診断書に記載されていた「私の身長」は、178.3cmという驚くべきものでw

勿論「指示された通りに測っただけ」ですからインチキなどはしておりませんし、

『0.5cmの誤差もあり得ないだろう?』と私は考えますし1つ思い出したことは、

数年前スナックに立ち寄った際『ガッキー、ボクシング辞めてから背伸びた?』と、

ママに言われ『30代で身長伸びる訳ねェだろっ!』と突っ込んだ過去の出来事です。

謎は深まるばかりですが「あと1.7cmで180cmに到達する」という事実を知った今、

何としてでも「180cm台」に成り上がってやろうと本気で考えている今日この頃です。



皆さん、素敵な週末を。



 END

   
2016-02-16

マイナス金利の導入開始

日銀が導入を決定した「マイナス金利」が本日2月16日より適用されました。

個人間でも「定期預金」の金利が引き下げられることは先日も書きましたが、

私も口座を持っている「三井住友銀行」「普通預金」も引き下げるそうです。

具体的な数値「各銀行」により異なりますから気になる方は調べて下さい。



「金利の引き下げ」個人の預金者にとっては勿論「嬉しくはない話し」ではありますが、

『従来の利息自体が賽銭代よりも少ねェんだから一緒だよっ!』というのが私の本音であり、

本当の意味で「国内の景気刺激策」になり得るのであれば我慢してあげようと結論付けました。

「日本では初の試み」なだけに賛否両論となるのは当然ですしメリットばかりではないものの、

「住宅ローン金利の引き下げ」が上手く機能すれば今後「マイホームの購入者」も増えますし、

政府日銀「更に強気の政策」に打って出れば「民間銀行」も動かざるを得なくなると言え、

これまで散々「貸し渋ってきた中小企業への融資」も今後は積極的に行われる可能性も高まり、

勿論「正しく機能した場合」という条件は付きますが「日本経済にはプラス」に働きます。



「正しく機能した場合」と条件付けるのは、やはり「日本では初の試み」であることから、

「最強の金融政策」となる可能性を秘めつつも「予測不能の事態」も起こり得る訳です。

私も「日本経済の復興と発展」を願っておりますから成功して欲しいのは勿論のこと、

「世の中にお金が回りだすこと」は本来であれば「景気回復に繋がる行い」ですから、

依然として疑心的ではありますが「マイナス金利導入」の成功を心から祈っております。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2016-02-14

腰が・・ 2016

4年近くも記事を書き続けておりますと「季節的に重複する内容」が出てくるのは、

「書いている本人の所感」が変わらない限りは止むを得ない部分であると考えますが、

「毎年繰り返される出来事」に対しては『一体何を学んできたんだ?』と呆れ返る訳です。

定期的にご観覧下さる読者の方であれば本日のタイトルを目にしただけでお解かりでしょう。

・・・そうです。私は、またしても「腰」を痛めてしまいました。



毎年『季節の変わり目は腰を痛めやすいので気をつけましょう!』と自らも記し、

「腰を冷やさない工夫」「中腰で作業をしない」など十分注意をしている私ですが、

先週から引き続く「急激な寒暖差」に見舞われた場合などは何を注意しても無駄であり、

「毎年の挨拶代わり」とでも言いたげな腰痛の襲来になす術もないというのが現状です。



パソコンに座り続けるのも苦痛で現在も3分に1度は立ち上がっている状態であり、

『俺はカップラーメンかよっ!?』と誰もいない部屋で1人ツッコミを入れながらも、

腰には塗り薬シップを貼り、嫁に買ってもらったブランケットを巻きつけて保温し、

とにかく「腰に負担を掛けないように」気をつけながら安静にして過ごす予定です。



最後に私から申し上げたいのは「腰痛持ちである殆どの方」に共通する意見は、

『これでもなぁ、本当に気をつけているんだよっ!』という「切実な訴え」であり、

「腰を痛めるクセ」が付いてしまった方にしか解らない悩みであるとも言えます。

「太ったダイエットのコーチ」と同様に『全く説得力がない!』のを承知の上で、

今年も『季節の変わり目は腰を痛めやすいので気をつけましょう!』と宣言をし、

昨日の記事にもあります通り、本日は見事に「春一番」が宣言された模様です。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2016-02-13

春0.8番 2016

私の聞き間違えでなければ『明日にも春一番が観測される模様・・』などと、

天気予報で報じられておりましたが2月も中旬を迎えたばかりだというのに、

『春一番って、こんなに早く観測されるものだっけ?』と私は思う訳です。

加えて「本日の気温」は記事を書いている現在「私の地元周辺部」では、

既に「18℃」を記録し、朝から非常に強い南風が吹き荒れております。



私などは『今日の南風、暴風レベルだし・・これで春一番じゃ駄目なの?』と、

全くの素人考えで思う訳ですが観測上でも「春一番の定義」はあるのでしょうし、

昨年の「木枯らし一号」と同様に毎年同じような手記を書いている気も致しますが、

今回も「宣言するタイミングを窺っている間に終息するパターン」を期待しております。



また、本日は「ロードワークの日」ですから強風大雨は大変迷惑であり、

確実に走る予定ではありますが『あ~、砂ぼこりが目に入るじゃねェか!』と、

経験上想定される「強風の弊害」を思い出しつつも「怒りのエネルギー」へと変え、

最後は「フィットネスクラブ・公園」懸垂を行い華麗なる週末の夜を迎える予定です。



年初からロードワーク時の上半身は「厚手のトレーナー」を着るというスタイルでしたが、

本日の気温を考えれば「薄手のロングTシャツ」で十分と思われ久しぶりの軽装となります。

いずれにせよ『一歩づつ春へと近づいている』ことを実感できる日が増えて来るのでしょうし、

「代表暖める役」「着膨れ番長」を兼任してきた私にも「卒業式」が近づいて来たようです。



皆さん、素敵な週末を。



 END

   
2016-02-11

虫歯の完全無痛治療

「日本テレビ」毎週水曜日の19時から放送されている、

「真実解明バラエティー!トリックハンター」の昨夜放送分を、

たまたま観ていたところ、先日「活動休止」を発表したベッキーさんが、

おそらく「最後の収録分」と思われますが出演していたこともありまして、

そのまま視聴していたことから「歯医者の最新事情」を知ったという経緯です。



本日のタイトルにも書きました通り「昨夜の放送」をご覧になった方など、

既にご存知の方も多いとは思いますが「全国の歯科」試験的に導入されている、

「ある物」により『全く痛みを感じることなく虫歯の治療が出来てしまう!』という、

「歯医者での治療や痛みが苦手」な方にとっては「革命的な出来事」であると言えます。



始めに「タイトルだけ」が表示されたことから私が感じたイメージと致しましては、

『麻酔の打ち方(効かせ方)が神憑り的に上手い歯医者さん?』というものでした。

しかし「虫歯治療のモデル」に起用された女性が診療台に乗った後の施術シーンでは、

「注射器で麻酔を打つ映像」が無かった上、皆さんが「最も苦手」であると思われる、

ドリル(?)を使用した『キュイーン!キュイーン!』という「歯を削る映像」も無く、

私などは『ん?これも他のコーナーと同様にトリックってことか?』と疑い始めました。



私達の「見慣れた光景」は一切映らないまま歯科医の方が「治療の終了」を宣言し、

モデルになった女性に感想を伺うと『全然痛くありませんでした』というものでした。

その後「カラクリ」を解説するために「治療中の口内映像」が映し出されましたが、

歯科医の方が治療箇所に「粘着性の強そうな透明の液体」を塗り込み始めた訳です。

この液体こそが「カリソルブ」と呼ばれる「虫歯を溶かす薬品」であると紹介され、

後は「専用のピックで溶けた虫歯をかき出すだけ」という驚くべきものでした。



勿論『無痛なら当然こっちの方がいいよ!』と皆さんも思われたはずですが、

上記しました通り「試験的に導入されている段階」ですから残念ながら現在は、

「保険適応外」となっていることから「治療費は高額」になってしまうようです。

それでも『完全に実用化されれば無痛治療の時代がやって来る!』という夢もあり、

歯科に限らず「医療技術の進歩」により「人類の寿命」も延びて行くことでしょう。

話題の「人工知能」により「ロボットが治療をする時代」が訪れるのかも知れません。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2016-02-07

闘魂新年会 2016







昨夜は「マラソン大会のお疲れ会を兼ねた新年会」「闘魂らぁめん」にて開催され、

その中で「参加予定だった2名」が偶然にも高熱でダウンし急遽不参加となったらしく、

私が参加し始めてからは最も少人数となる5名「ボクシングジムOB会」となりました。











この画像は決して「使い回し」ではなく、先輩でもある店主が飲み会の度に用意してくれる、

豪華な舟盛りや食べきれない程の沢山のご馳走に「飲み放題」がセットという大サービスで、

昨夜もフードファイターのように料理へと喰らいつき大酒を浴びて大変満足しております。











途中で何故か「全員で腹を見せ合うゲーム」が始まり上着をめくり上げた訳ですが、

私と闘う柔整師くん以外は店主も含めた全員が「ぷよっ腹&力士腹」となっておりました。

また、かろうじで「腹筋が割れていた私」の腹を観ていた「空手4段のポッチンさん」が、

突然、何の断りもなく私のボディへと「正拳突き」狂ったように連打し始めたことから、

私の素肌は瞬く間に赤くなり、近々「傷害罪」で訴えようとしているところです(けけけ)。











他のメンバーがミニラーメンを食べる中、私1人だけが「通常サイズの味噌ラーメン」を頂き、

先程まで割れていた私の腹筋が見る影もなくぷよっ腹へと変貌したことは言うまでもありません。











Y沢の彼女さんが終盤に参加してくれましたが最後は私を含めた3人だけとなり、

仕事を終え「行きつけのBAR」で食事をしていた嫁の迎えを待って帰宅致しました。

私のボディを殴り続けた後「意気揚々」と夜の街へ消えて行ったポッチンさんですが、

「お気に入りのミヨちゃん」が席に着いてくれたのかどうかは誰にも伝わっておらず、

「私を殴った報い」から、同伴客にミヨちゃんを盗られていないことを願うばかりです。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2016-02-06

プロデビューから20年







本日「2月6日」は私がプロボクサーとして「デビュー戦」に臨んだ日です。

画像はこの1枚しか残っておりませんが本日で丸20年を迎えたことになります。

他のジムからの移籍者を除けば会員NO.1番である私がプロデビュー第1号ですが、

結果は過去の記事でも何度か触れました通り「3RKO負け」という惨めなものでした。



アマチュア経験もなく入門から6ヶ月という最短でプロになった私にとって、

『デビュー戦の相手がサウスポーである』ことは当然ながら不利な試合であり、

勿論「私が未熟だったのが敗因」ですが当時のジムにはマッチメイクの力もなく、

「東日本新人王トーナメント」を勝ち上がることでしか成り上がれなかった訳です。



この試合で私は「左右の眼下底」「鼻骨」「3箇所を骨折」致しましたから、

あまりの痛みで発熱し「一晩中吐き気が止まらなかった」のを今でも思い出します。

試合まで「毎朝5時に起床」し他のジムから移籍してきた先輩と共に朝日が昇る前から、

「ロードワーク」「ダッシュ」などを行い仕事を終えた後は「東京の五反田」へ直行し、

「ワタナベジム」「サウスポーの選手とスパーリング」をさせて頂くという日々でした。



『あんなに頑張ったのに、何もできなかった・・』と涙と鼻水と吐き気が止まらず、

病院が開く朝方まで「本当に惨めな気持ち」で過ごしていたことを覚えております。

『デビュー戦の相手が全プロキャリアの中で最も強打者であった』という結果論や、

『自身も強打者として覚醒し、後に2人のプロボクサーのアゴや鼻骨を砕いた』こと、

『プロ8戦目で東日本新人王の決勝戦に進む』という未来は当然見えない訳ですし、

『努力したって報われない・・』と諦めずに良かったと現在では誇りに思えます



記事に書いたことがあるかも知れませんが俳優の武田鉄也さんがあるTV番組で、

『努力が報われないと諦めたり腐りかけた時に思い出して欲しい』という主旨で、

『いつだって自分のことを救えるのは過去の自分だけだぜ!』と語っていました。



この言葉の意味を理解できない方は失敗を他人や環境のせいにする人だと言えます。

仮に「良い結果を残せなかった」としても『自分がどれ程の努力をしたのか?』は、

他ならぬ自分自身がよく理解できている訳ですし、逆に「結果が良かった」としても、

『今回、練習さぼり気味だったよな・・』という事実も自分自身は知っている訳です。

「他人には結果しか見えない」のは当然ですし報われない努力も確かにありますが、

私は『最後まで諦めない奴に運命は味方する!』と強く信じて生きて行く所存です。



皆さん、素敵な週末を。



 END

   
2016-02-03

黒田豆鉄砲で鬼暴落

本日の「日経平均株価」「600円を超える下げ幅」を記録し、

先週末に日銀が発表した「マイナス金利の導入」を受けての上昇分を、

本日の午前中で全て吐き出してしまった形となり短命で終了致しました。



この数日間で日本人が理解した「マイナス金利が及ぼす影響」については、

『定期預金の金利が普通預金と同じになっただけだね!』ということであり、

僅か3日天下に終わった日銀の失策『黒田は辞任しろ!』との声も聞かれ、

「国内の銀行株」は再び売り込まれる展開となり最悪の地合いに戻りました。



記事を書いている今現在も「午後の取引き」が続いている訳ですが、

株式市場とは距離を置く必要性を感じ少し早めにブログを更新致します。

結局のところ日銀の政策「預金者に迷惑を掛けただけ」と言うことになり、

前回の記事でも触れましたが「金庫を購入する動き」がリアルに起きているとか。

読者の皆さんも私が『日銀のその場しのぎ』と書いた言葉に納得頂けたと思います。



「万策尽きた感」が漂い始めた日本の株式市場ですが現在の水準辺りで、

下落を食い止めることが出来なければ再び「下降トレンドは継続中」となり、

売りが売りを呼ぶ「負のスパイラル」から抜け出すのは困難になるでしょう。

『安倍内閣は株高内閣!』と呼ばせてきた以上は「株安=内閣不支持」という、

政府と日銀が人為的に造り上げてきた「好景気内閣」のイメージに対しましても、

最後は『それ自体が仇となって自滅する』というシナリオも否定できない状況です。



ニュースでは「銀行による住宅ローンの金利引き下げ」を報道しておりますが、

私には「デメリットを隠すために意図的に流している」ように感じられる訳です。

「タカ派」である日銀の黒田総裁は依然として強気な姿勢を崩しておりませんが、

私に言わせれば『強気な態度を取り続けなければ市場がパニックに陥る』という、

「最悪の展開」を避ける為『マイナス金利は失敗だった』などとは言えない訳です。



これまでの「口先介入」だけで株価の下落を食い止めるのは既に不可能であると言え、

「衆参W選挙」の思惑も浮上する中、政府と日銀は難しい判断を迫られている状況です。

黒田総裁・・・次に舵取りを間違えたら、本当にアウトですよ





本日もお疲れさまでした。



 END

   
Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground