FC2ブログ
2015-07-31

企業業績と株価の関係性

日本の株式市場は本日で7月の取引きを終え月末を迎えました。

ニュースでは『大手企業のボーナスがリーマンショック前に迫る水準だ』と、

明るい話題も出ているようですが「上場企業の決算発表」も月末でピークを迎え、

私が日々監視を続けている「売買銘柄」も来月に2銘柄を残すばかりとなりました。



専業1年目だった2013年サラリーマン時代のクセが抜け切っておらず、

「好決算を期待した先回り買い」で大きく取ったり期待外れで取られたりと、

今振り返れば「ただのギャンブル」を相変わらず続けていた訳で反省点でした。

現在の私に『好業績企業だから買う』という様な概念は一切ないことから、

決算書を読むことはありませんし上昇した保有銘柄は発表前に利確致します。

他に収入源のない私達「専業トレーダー」が集中しなければならないのは、

手掛けている銘柄が「まだ上がる(下がる)傾向にある」かどうかを見極め、

「場帖」「折れ線グラフ」と照らし合わせながら売買を繰り返すことです。



誤解を恐れずに申し上げるならば『企業業績と株価は関係ない』ということです。

勿論「長期的なスパン」で観れば好業績企業の株価は必ず上昇に転じますが、

「数週間単位の株価の上げ下げ」の波に乗るスタイルには関係のないことです。

私が平均取得額280円で買った銘柄が1年後に1500円まで大化けすることなど、

2012年当時は誰にも予測できなかった訳ですし他に収入がなくてはできない手法です。



黒字を計上した好業績銘柄が『発表前の予想に届かなかった』という理由だけで、

「機関投資家」の思惑によって「理論から外れた大暴落」の被害に見舞われる中、

多くの投資家からお金を巻き上げ「大暴落したT電力」株価は大暴騰するなど、

「好業績企業を一生懸命調べて株を買うこと」には何の意味もない訳です。

「応援したい企業の株を保有している方」には大変失礼な言葉で恐縮ですが、

上記した内容が「相場の真実」であり「日々の売買」とはそういうものです。



先人の大相場師達が口を揃えて『株は銘柄に惚れたら終わり』と教えているのは、

上記したような理由によるもので『専業ならば値動きだけを追え』ということです。

ですから現在の私も応援したかった企業とは決別し「売買しやすい銘柄」だけを、

個人的感情愛着などを一切持つことなく客観的な売買を続けている次第です。



『3年前から気づいていれば今頃はもっと・・』という女々しさも正直ありますが、

『1000回のトレードと500回の失敗が無ければ体得できない』という内容を、

「ある専業トレーダー」の方が書いており現在では私もその通りだと思います。

何事にも修行は必要であり『失敗なくして成功はあり得ない』と言うことです。



本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   
2015-07-30

真夏の肉体労働

『この夏に引き締まった細マッチョボディを手に入れたい!』と考えている方は、

重い物を持ち上げたりする「肉体労働」などのアルバイトをするのがお勧めです。

『え?ライザップなんかで専門的な筋トレをするほうがいいんじゃないの?』と、

疑問を持たれた方にお伝えしたいのは以下に記載する「2つのメリット」です。



① 仕事であることから半強制的に「やらざるを得ない」ため嫌でも筋力は付く。

② 「筋トレ」になった上に「給料」までもらえるなんて一石二鳥である。

特に「自主的に行っても甘えが出るタイプ」には最適です。



私もボクシングジムの後輩と「解体屋」の仕事をしていた頃は、

ユンボからこぼれたガラ(コンクリートなどを壊した残骸)などを、

両手で持ち上げダンプに放り投げるという動作を毎日行っていた為、

数週間後にはプロボクサー時代以来となる細マッチョボディを手に入れました。



この会社は3ヶ月間「賃金の未払い」が続き辞めたことは以前書いた通りですが、

「自分以外の人間と力仕事をする」という行為は疲れてしまったからといって、

自分1人が勝手に休憩する訳にもいかない為「強制的に筋トレができる」という、

私のようなストイックなタイプにも上記したような甘えが出るタイプにもお勧めです。



私も身近な場所に「筋トレ」が・・・いえいえ、「肉体労働」ができる環境があれば、

働いてみたいとも思う訳ですがなかなか自分の考えている通りには行かない訳ですし、

『筋トレになって賃金も出るのは嬉しい』という発想はやはり変でしょうか?

「真逆の生活」2年半も続けていると不思議と上記したような欲求が生まれ、

現在の私にとっては『最も効率的な時間の使い方である』と言える訳です。



働いていた頃は「それが当たり前」でしたから気がつきませんでしたが、

私のように「筋トレが大好きな人間」力仕事をするのが性格的には向いており、

フィットネスクラブでインストラクターをしていた頃も「配置のローテーション」が、

午前中から「マシーン・エクササイズのジム」の担当となった曜日などには、

平日では利用者も少なく私も会員さんと一緒にトレーニングをしていた程で、

『金もらって筋トレもできるなんて最高だなっ!』という不謹慎な動機も含め、

ダイエーに企業買収されるまでは毎日張り切っていたことを懐かしく思い出します。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2015-07-28

家電も熱中症に・・

相変わらず扇風機1台で日中の在宅ワークに励んでいる私ですが、

さすがに連日の猛暑日に影響されパソコンの動きが重く感じられるようになり、

昨年の「株価フリーズ事件」のトラウマがよみがえる金狼状態でございます。



仮に私が平気だったとしても「家電への負担」を考えた場合、

「猛暑日」には室温を下げ家電の放熱に務める必要がある訳です。

パソコンブルーレイレコーダーも手に触れると相当な熱を持っており、

最近ではあまり意地を張りすぎると故障の原因になると懸念しております。



スマホなどのモバイル端末にしても夏は過負荷となり易いようで、

充電が完了したらすぐに取り外したほうが良いと言われております。

室温の高い部屋で過充電となった場合は故障するリスクもあるそうで、

コンパクトで高機能である分「回路も複雑」ですから当然のことでしょう。



「異音」がしたり「警告ランプ」が点灯するなど何らかのサインがあるならば、

事前対応も可能だと思いますが「家電の突然死」も十分に起こり得ることで、

「家電の熱中症対策」も含め過負荷にならない工夫が必要であると言えます。

皆さんもお使いの家電が過負荷で寿命を縮めることのない様お気をつけ下さい。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2015-07-27

Wで休載







昨夜までフジテレビが「27時間テレビ」を放送していたことにより、

毎週日曜日の楽しみであるアニメ板「ワンピース」の放送は中止となり、

本日は週間少年ジャンプの発売日でしたが漫画版「ワンピース」も休載でした。





・・・Wで休載かよっ!!





おそらく私と同じ意見が全国の子供達からも寄せられていると思われ、

大好きなおもちゃを取り上げられた子供のように残念な気持ちでおります。

『普通、どっちかはやるよな・・ファンに対する配慮が足りねェんだよ』と、

文句の1つも言いたくなりますが気持ちは他のファンも一緒だと思いますので、





来週は頼むよっ!!





と作者の尾田栄一郎さんにエールを送り執筆を終えたいと思います。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2015-07-26

自分を検索してみると・・

皆さんは「自分の名前」をインターネットで検索したことはありますか?

私は初めてパソコンを購入した5年前に1度検索をしてみたことがあります。

その当時の情報は『稲垣勇輝を1RKOに下し東日本新人王を獲得・・』という、

対戦相手のプロフィール「トップ検索」として表示される不名誉ぶりでしたw

勿論その後、日本と東洋のベルトを巻き世界タイトルにまで挑戦した男ですから、

今となっては光栄なことですし「初のタイトル」を競い合った懐かしい思い出です。



あれから5年の歳月が流れ「私の名前」を検索すればどうなるのか?

ふと気になったものですから久しぶりに「稲垣勇輝」と入力し検索してみた訳です。

すると、上記したプロボクサー時代の情報は消え「先頭に表示」されていたのは、

「ツイッターに掲載している私のプロフィール」であることを本日初めて知りました。

2年と7ヶ月間「実名で」情報発信を行ってきたこともあり「私自身の情報」が満載です。



また「検索結果の4行目」には1994年生まれで私と同姓同名の男性がおり、

彼もツイッターをやっているらしく私同様「プロフィール」が掲載されておりました。

「漢字まで全て同じ人」を見つけると妙な親近感が湧き上がるから不思議です。



中には「私のツイート」『良い呟きを見つけました』と自身のブログに掲載し、

『呟いたのはこの方 ↓』と私のアカウントや名前を添付している女性も見受けられ、

自分の知らないところで「自分の発信した情報」が動いていたことには驚きましたし、

『無責任なことは絶対に書けないな・・』と改めて考えさせられた瞬間でもありました。



1つだけ納得できなかったのは「ブログに掲載された私の記事」の中で、

トップに掲載されていた「ある記事」を先頭から8行目で発見した時です。

これまで「私なりに」良い記事もたくさん書いてきたと自負しておりますが、

『よりによって・・どうしてこんな記事がトップに掲載されるんだよ?』と、

読んだ私が目を疑いたくなるような「ふざけた記事」が堂々のトップでした。



え?内容ですか?アホ過ぎて書けません。

2013年の8月に書いた「夏休みの思ひ出」という記事です。

客観的に読んだ私が『コイツ、頭おかしいんじゃねェか?』と、

同姓同名の他人が書いたのだろうと本気で思っていた程ですからw



『アクセス数が多いほどトップに表示される』とアフィリエイターに聞きましたが、

あのような「ふざけた記事」にアクセスが集中していたということなのでしょうか?

読者の皆さんも「生き恥」をさらすような情報は発信せぬようお気をつけ下さい。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2015-07-25

真夏のボディ・メイク

最近はロードワークの終盤辺りでスタミナが切れ歩いてしまうことも多く、

発汗により大量に吹き出した「水分」「塩分」「アルコール分?」は、

私の身体からエネルギーを奪い去っているようで補給は欠かせません。



起床前に「足の裏がつってしまう」こともあり塩分が不足しているようです。

私は1人で過ごす時間帯にエアコンを使用しないことから1日の発汗量も多くなり、

水分塩分はこまめに補給しているつもりがやはり摂取量不足だったようです。

我が家で使用する味噌醤油は昔ながらの「濃い口」減塩タイプと比較した場合、

旨みが増す分「塩分も多くなる」訳ですが夏場の発汗量には敵わなかったようです。



もっともロードワークに関しましては「炎天下」で強行する必要などなく、

最近は体脂肪率15%前後で安定していることから走る日数は減りました。

私の場合「今後の課題」として挙げられるのは「筋肉量の増加のみ」であり、

「脂肪分だけ」をこれ以上減少させることは「免疫力の低下」に繋がるため、

今後は「摂取カロリーの調整」だけで十分にコントロールは可能です。



そもそも「ボディ・ビルの大会」に出場する訳でも「試合の計量」がある訳でもなく、

いくら私がストイックだからとは言え今更「鳥のささみ」ばかりを食らう生活などは、

『ボクサー時代に嫌になる程やったから勘弁してよ~!』と枝豆でビールを一杯w



私のような「トレーニング・バカ」は殆どが自己満足の為に続けている訳ですし、

私自身も鏡に映る引き締まった身体を見て『43歳の身体じゃねェなっ!』と、

1人でファイティング・ポーズを取るも厚みの無くなった後背筋はやはり寂しく、

今後は「筋肉量の増加」により体重を増やして行くのが課題となりそうです。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2015-07-24

夏の日の 2015

本日のタイトルに似た「夏の名曲」があったような気がすると、

昨年も同じような文脈で記事を書いていたような記憶もありますが、

何しろ「同じ思考回路の人間」が執筆している訳ですから仕方がありません。

『クーラーの使用を拒み続けて頭がやられたんだろう』と笑い飛ばして下さい。



今週末から来月にかけては全国各地で「花火大会」のシーズンが到来し、

毎年この時期が訪れる度に「花火の名所巡り」をされる方も居ることでしょう。

私は遠出をするほどの花火好きではありませんが「夏を実感できるイベント」は、

やはり「海」「花火大会」が一番最初にイメージとして脳裏に浮かんできます。



私が現在住んでいる地元は「潮干狩り」「花火大会」が有名ですし、

港の付近を車で通る度にビーチサンダルを履いた家族連れの観光客が、

『これから潮干狩りかな?』と連想させるような格好で海へと向かいます。

その風景を横目で観ながら車で通り抜ける瞬間に私も夏を実感する訳です。



本来であれば「キンキンに冷えたビール」も夏の風物詩に加えるところですが、

これは「私にとっては1年中続くイベント」であることから除外させて頂きました。

また、本日のタイトルが上記した「夏の名曲」とは何の関係性も持たないことや、

『・・それに、結局海には行かねェんだろ?』という結論を補足させて頂きます。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2015-07-22

消え行く避暑地

私が学生時代まで暮らしていた「秋田県にある実家」にはエアコンがありません。

はやかんのお湯が沸かせる「石油ストーブ」を使用し「扇風機」だけでした。

東北地方北海道「平均的に湿度が低い」ことから日陰に入れば十分に涼しく、

勿論「クーラーを設置している家庭」もありましたが所謂『避暑地だった』訳です。



『避暑地だった』という過去形を用いる背景には理由があります。

現在千葉県に在住する私が連日報じられている天気予報を観て驚くのは、

「東北地方の一部では関東圏よりも最高気温が高い」という計測報道です。

私の母が亡くなった2012年は葬儀や納骨などで何度も実家に足を運んだ訳ですが、

連日35℃を超える猛暑日が続き「湿度も高く」日中を実家で過ごすのは困難でした。



親父も猛暑日には「休憩設備のあるディスカウントストア」へ緊急避難し、

クーラーの効いた店内で飲食などをして熱中症予防に努めていたようで、

私も久しぶりに実家へ帰省した当日は『関東より暑い!』と驚愕した程です。



私が小学生だった頃は「早朝のラジオ体操」へ出掛ける時間帯などは肌寒く、

アスファルトの水溜りには霜(しも)が降りていたほど気温の高低差が大きく、

屋根にできた「蜂の巣の駆除」は蜂が動けない早朝を利用して行ったものです。

それが現在では「関東圏よりも私の実家の最高気温のほうが高い」という、

逆転現象に見舞われていることから『もはや東北は避暑地ではない』と言えます。



先日Twitter「秋田県民からのツイート」が投稿されておりましたが、

内容は『今日の秋田は37度、ナマハゲ死んでしまうべ!』というものでした。

楽しく笑えているうちは結構なことですが猛暑日が当たり前の状態になっては、

クーラーを設置する必要のなかった避暑地でも熱中症患者は増えると思われ、

『親父にも十分注意して欲しい』と先週私のほうからも連絡をしたところです。



「地球の平均気温」は私達の少年時代よりも高くなってしまいましたし、

どれだけ空調設備が進化しようとも「自然が相手」では太刀打ちできず、

私達は「文明の進化」の代償に地球の寿命を縮めているのかもしれませんね。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2015-07-20

残心

日本の「武道」には残心(ざんしん)という概念があります。

これは「仕掛けた技」が決まった後でも決して油断することなく、

「その流派の構え」を維持させるなどして相手の反撃に備えよという教えです。



これは勿論「精神論的な要素」も含まれている訳ですが、

武家社会が長い歴史を作ってきた「礼儀を重んじる日本」ならではの、

「生きていく上での心構え」とも呼べる大変素晴らしい考え方だと思います。



武道として確立されるまでの長い歴史を考えた場合「試合(しあい)」とは、

本来「真剣で戦う死合(しあい)」であり相手の息の根を完全に止めるまでは、

勝負は決していないことから最後まで気を抜くなというのが「残心の定義」でしょう。



剣道の試合では「一本」が決まり審判の白旗が正式に上がったとしても、

その直後にガッツポーズなどをした場合は「一本の取り消し」もあるそうです。

「心・技・体」が揃わなければ一本が認められないのはよく知られておりますが、

「一本」が決まった後でも残心を放棄するような無礼は武道では許されない訳です。



プロボクサーだった頃は私に限らず「KO勝ちを決めた瞬間」などに思わず、

ガッツポーズをする選手が殆どでしたし武道とは異なり反則でもありませんから、

いかに日本の文化や風習が「礼儀を最も重んじる」ものであるかがお解かりでしょう。



私が万引きの犯人を捕まえる「保安員」の仕事をしていた頃、

私を採用した「元・警視庁」の幹部をはじめ上層部の人間の殆どは、

柔道か空手の有段者でしたが西洋の格闘技出身者を嫌う傾向があると聞き、

現場のリーダーには『あまり上の人間には首突っ込むなよ』と言われたものです。



これは昭和史に残る漫画を見ても解るように柔道家や空手家が主人公の場合、

敵役は決まって西洋人のボクサーだったりする訳で敗戦から立ち直った日本人の、

「外国人に対する反骨精神」がそのような態度を生み出すのだろうと感じました。



『日本人はストイックだな!』と改めて感心させられたのと同時に、

やはり日本の「武道」や「文芸道」から学ぶべき要素はたくさんあると言え、

上記した「残心」の概念も受け継いで行くべき素晴らしい考え方だと思います。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2015-07-19

ドラゴンボール 超(スーパー)

「ドラゴンボール」と言えば鳥山明さん原作の大ヒット漫画であり、

アニメ版「ドラゴンボールZ」も高視聴率アニメとして絶大な人気を誇り、

数年前からリマスター版である「ドラゴンボール改」が再放映されてきました。



続けて放映されるのが「ワンピース」であることから2本ともHDD録画し、

嫁が仕事から帰宅するのを待って立て続けに観るというのが毎週日曜日の日課でした。 

鳥山さんの原作で週間少年ジャンプに連載されてきた漫画の「最終シリーズ」と言えば、

「魔人ブウ編」であることはドラゴンボール世代の我々にとっては周知の事実ですが、

その「魔人ブウ編」も6月の最終週に完結したことで「ドラゴンボール改」も終了となり、

再放映とは言え「毎週の楽しみ」が1つ減るのは残念な気持ちでしたが朗報が・・。










翌週の7月5日より「何事もなかった」かの如くスタートしたのが、

この「ドラゴンボール超(スーパー)」であり原作が反映されていた、

「ドラゴンボールZ」の続編として制作されたアニメ「ドラゴンボールGT」以来、

実に「18年ぶり」となるオリジナルストーリーが再び高画質で観られる訳です。











劇場版を2作も手掛けた時点で『鳥山さん、また創作意欲が出てきたのかな?』と、

予感を感じさせるような出来事もありましたから私としては大歓迎といったところです。

時代は変わりましたが、これで再び「ワンピースとの視聴率争い」が幕を開けた訳です。

主題歌:「超絶ダイナミック!」を唄うのは元・イエローモンキー吉井和哉さんで、

「前回までのあらすじ」を毎週読み上げる人は「ドラゴンボールZ」と同じ人です。



また、劇場版をご覧になった方にはお馴染みの「破壊神ビルス」も勿論登場致します。

今回のストーリー設定としては「劇場版よりも少し前の出来事」から描かれており、

当然ながら私が尊敬するべジータ先輩の元へも界王からの連絡は届いておらず、

「劇場版」に到達するまでの「その後」から描くという粋な計らいとなりました。



今週が「新作第3話」となり、まだ観てはおりませんが今夜も楽しみです。

サイヤ人は相変わらずの戦闘民族で「修行バカ」ぶりは今回も健在ですが、

すっかり「パパ」になってしまったべジータのキャラがどんどん崩壊して行き、

『俺は誇り高きサイヤ人の王子だぞっ!』というセリフは前作から定番でしたが、

トランクスとの約束を守るため仕方なく「遊園地の観覧車」に乗せられ、

『こうしている間にもカカロットの奴は修行を・・』と笑い所が満載ですw











ドラゴンボール世代の皆さん、鳥山さん本人が手掛けるドラゴンボールの続編

「ドラゴンボール超(スーパー)」今月5日第1話がスタートしたばかりですし、

週間少年ジャンプの「カリスマ漫画家2人」による新旧対決も楽しませて頂きましょう。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2015-07-18

Twitter 歴3年

私がこの「ブログ」を開設したのは「2012年5月」のことでした。

そして書き慣れてきた1月後の6月にSNSの1つである「Twitter」も始めた訳です。

当時はまだ会社勤めをしておりましたから休憩時間などを利用してツイートを行い、

会社から帰宅した後でパソコンを利用してブログを執筆するというスタイルでした。



「読書」であれ「物書き」であれ自分の好きなことでしたから毎日が楽しく、

頭の中は常に発信したい情報で溢れかえっていたのを懐かしく感じる程です。

それが2013年に入ると1日のツイート数は数回に減り2014年は週に数回程度と、

キャリアを重ねるごとに「呟きの回数」は減少して行き6月で3周年を迎えた訳です。



読者の皆さん、現在の私が『1日に1度だけ呟いていること』をご存知ですか?

私のツイート内容は下記の通りです。

         ↓

『ブログを更新しました』+最新記事のURLを添付



・・・ツイッターをやっている意味がありませんww

昨日は「安保法案の強行採決」「国立競技場の白紙発言」を受け、

久しぶりに「自民党を批判するツイート」を投稿致しましたがそれを加えても、

現在の私は「週に2度呟けば多いほう」でありツイッターは殆ど利用しておりません。



新しく学びたいことに時間を費やしていたことが「ツイッター離れ」の原因でしたが、

せっかくアカウントを取得しているのですから情報交換などで有意義に利用したく、

再び「熱いツイート」で活動を再開しようと目論んでいるとか企画倒れになるとか(?)



私の「Twitter アカウント」はこのブログの右サイドバーにある「リンク欄」に、

「Twitter (私のアカウント)」と書いて添付してあります(PC版表示の場合)

読者の皆さんの中で「ツイッターを利用されている方」がいらっしゃいましたら、

私をフォローした後に素性を明かして下さればフォローはお返し致します。



Twitterはフォロワー同士であればDM(ダイレクト・メッセージ)を利用できますから、

他のユーザーには知られることなく「秘密の情報」も送受信できますから便利ですよね。

そこで「個人情報」をこっそりと交換して友人(もしくはビジネスパートナー)になり、

「新しいネットワーク」を築き上げている人達も多く存在する「最強のツール」ですし、

私は実名ですが「個人情報を明かしたくない方」にとっても安全なツールだと言えます。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2015-07-17

週末だけの殺し屋

『週末だけの殺し屋だから 平日はヒマだよ・・』

これはチバ・ユウスケさんがヴォーカルを務めていたROSSOというバンドの、

「Sweet Jimi」という楽曲に登場する1フレーズですが面白い世界観だと思います。



『平日はサラリーマンなのだろうか?』などと曲を聴いた方は発想するのでしょうか?

勿論「本人の世界観」で書かれた歌詞の続きに「答えが」載っていない以上は、

「聴いた人間の世界観」でイメージする以外になく答えを探すのも無意味です。



また、上記したROSSOと同じく「既に解散」してしまったロック・バンドですが、

私が大好きだったBLANKEY JET CITYヴォーカル&ギターを担当していた、

通称:ベンジーこと浅井健一さんが「作詞・作曲」を手掛けた数多い名曲の中でも、

私が最もテンションの上がる「ガソリンの揺れかた」というタイトルの楽曲があります。



これは「バイク乗りが主人公の唄」な訳ですがタンクに入っているガソリンが、

バイクを走らせる度に揺れる様を「自分の命」に置き換えているという世界観です。

『ガソリンがどう揺れるのか?』など普通に考えればどうだっていいことですが、

そこに着眼するベンジー「誰とも混じり合わない強烈な個性」が光りますし、

同じ世界観を共有できる私にとっては「タイトルだけで鳥肌が立つ曲」であり、

「弱気になっている時」「戦闘モードに入りたい時」などに聴いていた曲です。



* 以下、歌詞の一部を引用

『切なさだとか はかなさだとか 運命だとか 言うけれど

そんな言葉に興味はないぜ ただ鉄の塊にまたがって

揺らしてるだけ 自分の命 揺らしてるだけ・・』




この曲が世に送り出されてから既に18年の歳月が流れましたが、

私の中では今でも色褪せない「最高にカッコイイ楽曲」の1つです。

久しく聴いておりませんが明日は「この曲」で車を走らせたいと思います。

最後になりますが「私の血液型」は当然のことながら「ガソリンの揺れ型」です。


本日もお疲れさまでした。



 END

   
2015-07-16

蚊に刺されやすい血液型

皆さん、今年も「蚊に刺される季節」が到来致しましたが如何お過ごしでしょう?

「虫除けグッズ」置き型からスプレータイプまで幅広く販売されてはおりますが、

やはり屋外へ出掛けた場合などはどんな対策を講じようとも刺されやすいものです。



え?私ですか?

私の血液は「ケダモノの血」ですから私を狙う蚊に対しては、

『吸ってもいいけど・・毒が混ざってるから死ぬぞ!』と脅してありますから、

上半身は裸で過ごしながらも今年は未だ1度も刺されずに快適な暮らしぶりです。



ところで本日のタイトルについてですが「医学的な根拠」はともかくとして、

「最も蚊に刺されやすい血液型」統計上のデータにきちんとあるそうです。

これは私も子供の頃に聞いたことがある程ですからご存知の方も多いことでしょう。



「最も蚊に刺されやすい血液型」は、



ズバリ、「O型」の方です!



更にはO型の中でも「お酒を飲まれる方」「汗をかきやすい方」などは、

「特に刺されやすい傾向にある」というデータまで実際に存在するそうです。

『どうしてO型が蚊に刺されやすいのか?』に関しましては未だ解明に至らず、

しかしながら『匂いを嗅ぎ分けて血液を吸うらしい』という見解はあるようです。



O型の方にとっては「極めてありがた迷惑な情報」だとは思いますが、

ポジティブに考えるならば『O型の血液が最も美味しい』ということでしょう。

「1000円のテーブルワイン」よりも「高級な赤ワイン」のほうが美味しい訳ですし、

そう考えるならば『蚊に選ばれるなんて光栄なことだ!』と思えるかも知れませんね。



・・・駄目だ、思えねェっ!



皆さん、蚊には刺されても「デング熱」には感染せぬよう十分にご注意下さい。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2015-07-14

窓際の相棒たち

表では強い熱風が吹き荒れる中、本日も朝からジリジリと気温は上昇し続け、

2日間に渡って気温が30℃を上回るという「異常事態」に見舞われております。

『子供や高齢者が熱中症で搬送された』とニュースでも多く報じられており、

読者の皆さんにおかれましても「十分な熱中症対策」を心掛けて下さい。



と、一般論を白々しく講じた私ですが嫁が出勤した後は当然ながらエアコンを止め、

部屋と台所に設置されてある換気扇を回し自宅内の扉は全て開け扇風機を回しました。

「いつも通り」に上半身は裸のままでパソコンと向かい合うスタイルは本日も健在です。

記事を書いている現在は気温も少し和らぎ特別な暑さを感じることなく過ごしております。

人間には「環境適応能力」も備わっていることから私は既に慣れてきた自覚があります。



しかし、放ってはおけないのが窓際に居る「私の相棒たち」です。











逆光で見え難いためカーテンを閉めて部屋の照明で撮影致しましたが、

以前の記事にも書いた通り南の窓際に置いてある「1対の観葉植物」です。

左のは12年右のは16年の付き合いでご覧の通りコンディションは絶好調。



「紫外線カットのレース越し」とは言え連日の高温に私の相棒たちも、

『おーい!水くれ~水っ!!』と朝から叫んでおりましたので給水致しました。

「水のやり過ぎ」は根を腐らせる原因になりますが私は付き合いが長いため、

四季を問わず水やりのタイミング「土や葉の状態」で判断できる訳です。

今年も3人(?)で「真夏の猛暑日」を見事に乗り切りたいと思います。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2015-07-12

ボクサー達の宴 7月編







昨夜はプロボクサー時代の先輩が店主を務める「闘魂らぁめん」にて飲み会。

毎回幹事を引き受けてくれる闘う柔整師くんのブログに掲載されているとも知らず、

私も別な角度から看板を撮影し久しぶりに集ったメンバーで宴が開催されました。











『たまには撮ってやるよ!』というカメラマンで空手家のポッチン歯科医さんに、

自身のブログに今年初登場となった私と豪華な「舟盛り」のショットを一枚。











そして、何故か「臨時アルバイト」に来ていた私の後輩の元・日本ミドル級チャンピオン

『トシ~、お前何やってんだよ!?』と撮影した1枚は後輩の生きかた同様にブレましたw

結局この後はバイトも早々に切り上げ私の隣で浴びるほど酒を飲んでおりましたがww











そして毎回恒例となった(?)我がジム最重量級180㎝オーバー組の背比べ

まだ身長が伸びている奴も居るとか?居ないとか?





 





店主からの「差し入れラーメン」もしっかりと頂きました。











私の元・教え子である清水兄弟です。

右が兄貴の秀人で「元・S・フェザー級全日本新人王」

そして左が弟の優人で現在「日本・S・ウェルター級2位」

来月に「日本ランカー同士の対決」を控えているにも関わらず顔を出してくれました。

試合真近の現役選手ですから「酒は1滴も飲んでいない」のは言うまでもないことです。











今回の「試合用ポスター」も撮影。

結局私は閉店となった朝方まで飲み続け先輩である店主に自宅まで送って頂き、

久しぶりに「大きな声で話した」ため起床した午後には声が枯れておりましたww

皆さん、次回も楽しく飲みましょう。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2015-07-11

ガリガリ君と扇風機

本日のタイトルが『私の真夏の過ごし方』であることは言うまでもありません(?)

平日の日中は既に上半身裸となり「株式の売買」に取り組んでいる私ですが、

梅雨の一服もあり再び蒸し暑さが復活した本日を「扇風機卸しの日」に。



皆さんもご存知のように東日本大震災後に発生した「福島原発問題」で、

『メルトダウンの発生』が伝えられると反発に転じていた株価は再び暴落し、

東京電力とは全く無関係の銘柄まで叩き売られるという異常事態となりました。

私が保有していた銘柄も「ストップ安」まで売られ東電に殺意を抱いたものですw

当時は株式投資を始めて僅か1年のキャリアだった私に「大暴落の経験」はなく、

身銭を切って思い知らされた苦い経験でしたが本当に「貴重な教訓」となりました。



上記したような過去の恨みもありw私は「電気代を節約する生活」を心掛けており、

真夏の暑さにも負けず嫁が買い置きしてくれるアイスの「ガリガリ君」を食べながら、

「扇風機で涼を取る」というスタイルで熱中症になることもなく毎年過ごしております。

もうすぐ「梅雨明け」と共に「暑い夏」が到来する訳ですが心の準備は万端です。



もっとも私の頭をよぎるのは昨年の夏に発生した「トレード中のフリーズ事件」であり、

「リアルタイムで株価が確認できない」というトラブルは死活問題となりますから、

パソコンには熱による負荷をかけ過ぎないよう室内の温度には注意が必要です。



「窓を全開にする」というのも良い対策ではありますが近所の方に見られると、

『あそこの旦那は奥さんを働かせて毎日遊んでいるらしい』とあらぬ噂を立てられ、

『ふざけるんじゃねェ!家賃も光熱費も駐車場代も国民保険も全部俺の金だよ!』と、

思わず怒鳴ってしまいそうですから「人知れずモジモジと」をモットーに生活しております。



勿論「お客さん相手の商売」をされている方は快適な環境作りは不可欠ですし、

上記したような「原始的な手法」は私のようなケダモノにしか耐えられませんから、

良い子は絶対にマネをせず「まともな熱中症対策」をした上で夏を過ごして下さい。

私も嫁からの「帰るコール」が入った瞬間に全力で部屋のクーラーを回しております。

このような「馬鹿げた真夏のイベント」に配偶者まで巻き込む訳には参りませんから。


本日もお疲れさまでした。



 END

   
2015-07-10

URL が消えます

ブログにコメントを投稿する際「URLを入力する項目」があります。

運営会社が異なるブログ同士でも「PC版」「モバイル版」を問わず、

投稿者もブログなどを開設している場合はURLを添付して送信できる訳です。



勿論これは必須入力事項ではありませんから空欄のままでも良いのですが、

先日ポッチンさんがHPを開設した件で文中にURLを添付してくれたことを受け、

随分と前に『URLを添付したが表示されていない』と言われたことを思い出しました。



私も友人や知人以外でコメントを下さる方々がブログなどを開設している場合は、

覗いてみたいと思う訳ですが確かに管理画面で確認すると全て消えているようです。

PC版の本文には「3文字程度のアルファベット」が途中で切れているものもあり、

おそらく『URLを添付してくれていたのでは?』という足跡も見受けられるのですが、

「管理画面の設定欄」を何度操作してもURLを反映させることができない訳です。



私が「パソコンを使いこなせていない」のが一番の問題ですが、

今後「私にURLを教えて下さる方」コメントの文中に添付をして頂ければ、

前回のポッチンさん同様「確実に反映される」ようですから宜しくお願い致します。

私も明日は休みですから「FC2ブログ」のトラブルシューティングでも覗いてみます。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2015-07-08

中国株は下げ止まらず

先日の記事にも書いた通り日経平均株価は遂に2万円台を割り込んで取引きを終了。

前回も『今年最大の下げ幅を記録致しました』と書いたはずですが、

本日は「それ」を更に上回る600円超の下げ幅を記録致しました。











添付した画像は「日経225先物」の5分足チャートです。

ナイトセッション(夜間取引き)で引けにかけて僅かに戻した後、

本日午前の取引き開始から一方的に売り込まれて終了しています。



2日前の記事にも書きましたが「中国株」に下げ止まりの気配が見えない訳です。

中国政府はA株(国内在住の投資家が売買できる株)の一部に規制を設け、

「株式の売買禁止」という反則技にまで打って出る非常事態となりました。

上記した措置は本来「企業同士の合併」などによる市場の混乱を避けるため、

「特別措置」として行われるものですが「バブル崩壊」と報じられ始めたことで、

『株価の下落を食い止める為なら何だってやる!』という政府の意地でしょうし、

「民主主義の日本」では当然のことながら「決して許されない禁断の措置」です。



中国メディアによるとこれまでに「全上場企業の約3分の1」にあたる、

1000社を超える企業の株取引が停止する異例の事態になっているようです。

日本では「ギリシャ問題」ばかりが連日大きく取り上げられておりますが、

日本のマーケットに直接大打撃を与えるのは中国であることをお忘れなく。



私は「短期売買」に徹しておりますから特に被害はありませんでしたし、

本日は当然のことながら「カラ売り」で参戦し「下げ」だけを取りました。

今夜の米国株と今後の「中国株の動向」が注目されるところです。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2015-07-07

世界タイトル剥奪

「世紀の一戦」と呼ばれたプロボクシング統一世界ウェルター級タイトルマッチで、

共に他団体のチャンピオンであるフロイド・メイウェザーマニー・パッキャオが、

5月にお互いのタイトルをかけラスベガスで試合を行ったのは記憶に新しいところ。

結果は「3-0」の判定でメイウェザーが勝利したことは私も記事に書いた通りです。



そのメイウェザーが『ウェルター級のタイトルを剥奪された』と報じられており、

対象となっているタイトルの運営団体である世界ボクシング機構(以下 WBO)は、

メイウェザーが期日までにパッキャオ戦の認定料20万ドル(約2450万円)を支払わず、

更には保有する「ジュニア・ミドル級」の王座を明け渡さなかったからだと説明しました。



私が現役だった頃は「WBC」「WBA」以外の世界タイトルは日本では非公認であり、

海外に拠点を移さない限り「非公認団体」のベルトを保有することはルール違反でした。

しかし近年では日本でも「WBO」が公認となり世界チャンピオンも数人誕生致しましたが、

上記した問題以外にも『WBOはやたらと規約にうるさい』という印象が強く残ります。



WBOでは『同団体の世界タイトルを複数階級で保有してはならない』と定め、

5月のパッキャオ戦で新たにウェルター級のベルトを手にしたメイウェザーに対し、

ウェルター級ジュニア・ミドル級のどちらかを明け渡せ!』というものですが、

私は『誰も勝てねェんだからいいじゃねェか!ケチくせえなっ!』と思う訳です。

メイウェザーには「不服申し立て」をする期日が設けられているそうですが、

「認定料の支払い」はともかくとしてWBOは何だかつまらない団体に思えます。



WBCWBAのような「元祖メジャー団体」と比較すれば総合力で劣ることは、

「後参入者の弱み」ではありますが選手に嫌がられるような対応を繰り返せば、

『だったらWBOなんかで試合はやらないよ!』という選手が増えるかも知れません。

せっかく手掛けた「ビッグ・マッチ」も最後は後味の悪いものになってしまったようです。



『次の試合で引退する!』と既に表明している「48戦全勝」メイウェザーですが、

今回の騒動に対しての見解は現在のところ伝わっておらず「彼の心境」は不明ですが、

「ボクシングの才能」とは裏腹に批判の絶えないボクシング・キャリアだったと思います。

『黒人の成功者は常に叩かれる!』、彼らは人種差別とも戦い続けている訳です。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2015-07-06

笑うヘッジファンド

「ギリシャ問題」とダブルパンチで市場を混乱に陥れているのが中国の株式市場

私は「外国株の取引き」も許可されておりますが国内株以外は手掛けたことがなく、

正確な数値までは把握しておりませんが「中国株の大暴落」が止まらない訳です。



ギリシャ問題と同様に『中国バブルの崩壊か?』とニュースで報じられておりますが、

私に言わせれば『・・え?とっくに崩壊しているけど知らなかったの?』となります。

以前の記事でも触れましたが『バブル崩壊は過去形になるまで判らないもの』であり、

「実体経済とはタイムラグがある」ことからチャート上に現れた時は既に手遅れです。



中国政府は株価下落対策に加え「売り崩しの犯人探し」に躍起になっている模様。

仕掛けたのは勿論「海外のヘッジファンド勢」であることに間違いありませんが、

中国人が高値更新に浮かれている間に売りポジションを増やして行ったのでしょう。

勿論「きっかけ」を作ったのはヘッジファンドですが彼らは中国市場全体で見た場合、

市場参加者の1%にも満たないと言われており取り締まるのは不可能だと言えます。



中国政府には『それ、殆どおたくの国民の投げ売りだから』と言いたいですし、

高値圏で仕掛け終わっているヘッジファンドは笑いが止まらないのが実情です。

中国政府の必死の株価操作により何度か反発を見せる場面も当然ありましたが、

全ては「戻り売りの急所」にしかならず「負のスパイラル」は現在も継続中です。



勿論いつかは必ず「下げ止まる」訳ですが私にそれを予測することはできません。

日本も上記したダブルパンチに足を引っ張られ本日は大きく値を下げておりましたが、

全ての理由付けは「後解釈」であり何度も記事にしてきましたが結局のところは、

『日本株も売りが出やすい水準まで上がった』という結論に達する訳です。



私も『先週の売りポジションを持ち越していればなぁ・・』と素直に思いましたが、

『1円も損をしていないだけマシだな』と気持ちを切り替え再び短期売買に徹します。

『まずは生き残れ!儲けるのはそれからだ ~ ジョージ・ソロス』



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2015-07-05

鏡の中の自分

私は「問題の重要度」が高ければ高いほど他人に相談することはありません。

これは「失敗を他人のアドバイスのせいにしたくないから」というのは勿論ですが、

過去に何度か書きました通り『自分を救えるのは過去の自分しかいない!』と、

これまで数多くの失敗から立ち上がってきた「自分を信じたいから」に他なりません。



勿論『評判の良い税理士さんを知っていますか?』などという会話であれば、

社会人として「より良い人間関係」を築く上での大切なコミュニケーションですし、

私が『相談しない』と断言しているのはあくまでも「自分自身の問題」ということです。

乗り越えて行かなければならない問題が発生した際には「鏡の中の自分」と向き合い、

『自分の決断に間違いはないか?迷いはないか?』とじっくり対話をしていく訳です。



ところで、私が「鏡の中の自分」をリアルに見つめる度に最近感じることは、

『・・・痩せたよなぁ』という体育会系出身者としては何とも寂しい感想です。

私が「専業トレーダー」となった2013年の体重はPC版のプロフィールにある通り、

「67㎏前後」でありプロボクサーを引退してから十数年間変わらなかった体重です。



プロボクサー時代「減量前で72㎏程度」でしたから単純に筋肉が落ちた訳で、

それでも外仕事だったことや週2回の筋トレである程度の筋肉量を維持していた訳です。

現在でも「ロードワークと筋トレ」を定期的に行っていることは記事にある通りですが、

平日は「株のトレードからブログの執筆」が終了するまではパソコンと向き合ったまま、

一切動くことはありませんからお腹も空かず食事の量もこの2年間で減った訳です

運動不足解消には努めているものの、これが「在宅ワークの弊害」であると言えます。



勿論「腹筋」は今でも割れています「大胸筋」にも適度な厚みはありますが、

「打撃系格闘技の命」とも呼べる筋肉は何と言っても「後背筋周辺部」であり、

「パワー型」の選手であるほど背中は「分厚い筋肉」で覆われているものです。

現在の私が鏡の前で横向きになると「後背筋の膨らみ」は殆どない状態であり、

現役時代の「分厚いヒッティングマッスル」を思い出すと哀しい気分になります。



私はS(スーパー)ライト級という階級で試合をしておりましたから前日の計量では、

「63.5㎏」のリミットでパスする必要があり贅肉の少ない身体を更に絞っていた訳ですが、

私が本日の起床後いつも通りに体重を計ったところ「63.8㎏」と表示されておりました。

『・・減量なしで計量パスだなっ!』と哀しいジョークが浴室の脱衣所に響くのでした。

「178㎝ / 63.8㎏」ではあまりにも貧弱であり今後は後背筋のビルドアップが課題です。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2015-07-04

リコール対象車でした







昨日まで断続的に降り続いていた雨ですが今朝ベランダから覗いてみたところ、

車に水滴を残しつつも日中にかけては晴れ間が見え隠れする陽気となりました。

快適だった昨日とは異なり蒸し暑さも復活し「梅雨の中休み」とも思えましたが、

残念ながら「記事を執筆している現在」雲行きが怪しくなって来た模様です。



本日はネッツ・トヨタにて「車の定期メンテナンス」の予定が入っておりましたから、

『来週まで毎日雨だって言われてるのに俺って晴れ男じゃねェか!』と自己満足の私。

メンテナンスに関しましては先週担当者の女性から連絡を頂いて予約を入れた訳ですが、

『いつも通り土曜日の日中で』と約束の時間も確認し終えた私が電話を切ったところ、

再び担当の女性から連絡が入り『大事な話しを忘れていました』との意味深発言が。



私が画像にある車を新車で購入した時の担当者は後に副店長となりましたが、

数年後に定年退職となり私の担当者はその後3度も入れ替わるという異例の事態に。

そこで『・・あれ?もしかしてあなたも転勤ですか?』と私が質問しようとしたところ、

以前よりニュースなどで話題となっていた「タカタ社製エアバッグのリコール問題」で、

実は私の車も対象車であることを通告されメンテナンスに加え追加作業となりました。



メンテナンスに30分/エアバッグの確認に1時間と合計で1時間30分の作業でしたが、

出掛けるには中途半端な時間ですから大人しく店内に残り読書をしておりました。

私も声を掛けられるまでは「エアバッグのリコール」などまるで他人事でしたが、

読者の皆さんも安全の為に1度ディーラーなどへの問い合わせをお勧め致します。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2015-07-03

アウトサイダー

アウトサイダー【outsider】 意味・解説

1 集団・組織の外部の人。部外者。⇔インサイダー

2 社会常識の枠にはまらない独自の思想の持ち主






・・・俺のことじゃねェかっ!!





これに類似した用語に「アウトロー」と呼ばれる言葉がありますが、

こちらの意味は『社会からのはみ出し者・無法者』という解釈となり、

いわゆる「その筋の人達」を指す言葉になりますから注意が必要です。



『アウトサイダー』、とても良い響きです。

日本では『一匹狼』という表現が限りなく近いでしょうか?

どんな目標に取り組んでいようとも「とことん孤独になれる奴」が最強であり、

そこから生み出される情熱エネルギーが結果へ結び付いて行くと私は思う訳です。



私はこれからも「アウトサイダー道」を貫いていく所存です。

たとえ今後の人生において「組織に属する日」が再び訪れようとも、

『心はずっとこのまま』、他人の言動に流されることなく生きて行きます。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2015-07-02

梅雨のコンビネーション

昨日は暴風を伴いながらの断続的な雨に不快な思いをした訳ですが、

本日は午前中で雨足も弱まり「梅雨の一服」を感じさせるような天気でしたが、

明日も本降りとなるばかりか来週の月曜日まで毎日雨が降ると報じられております。



私風の言い方をするならば「連続性のある降雨」であるということですが、

休日に外出を予定されている方は傘の手放せない空模様となりそうです。

7月に入ったことで「梅雨明け」を意識される方も増えてきたと思われますが、

まさに最後の雨爆弾をイメージさせる「梅雨のコンビネーション」だと言えます。



仕事でもスポーツでも「一連の動作に連続性を持たせる」ということが、

「上級者へと脱皮する為に身に付けなくてはいけないファクター」ですが、

こと「雨に関しては」連続で降られるほど迷惑極まりない現象はありません。

とは言え「梅雨明け」は必ず訪れる訳ですし「それ」夏の到来を意味するもの。



今年は「冷夏」になりそうだとのニュースも一時期流れておりましたが、

今回の梅雨は「雨量を伴った梅雨らしい梅雨」でしたし正しいステップを踏めば、

『これならば夏らしい暑い夏が到来するのでは?』と予感させられる今日この頃です。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2015-07-01

出国税の導入

大変興味深い記事を発見致しました。



* 以下 「Sankei Biz」より記事引用

『富裕層の資産フライトに待った-。国外に居住地を移す富裕層に対し、

株式などの含み益に課税する「出国税」が1日導入される。

対象は1億円以上の金融資産を持つ富裕層で、ほとんどの人には無縁。

だが、アベノミクス効果による金融市場の活況で利益を手にし、

海外移住を考えるお金持ちの心境には変化が生じるかもしれない。』


* 以上引用終わり



本来、株式売買での課税とは「売却益に対して20%」と定められており、

売却していない株式にはどれ程「含み益」があろうとも利益は確定していない為、

保有している限り課税されることはありませんが上記した条件を満たす海外移住者は、

「売却したもの」とみなされ国税分の15%が別途課税されることが決定したそうです。



私が敬愛する米国投資家のウォーレン・バフェット氏は自らも大富豪でありながら、

『一般人の生活水準を上げる為に政府は富裕層により多くの課税をするべきだ』と、

以前より訴え続け富裕層からは非難を浴びておりましたが本当に尊敬できる方です。

私もこの考えには賛成ですし「富裕層への課税」ならば一般人から文句は出ないでしょうw



事実、日本並みに治安が良く「法人税の10年間免除」の特例があるマレーシアは、

日本の企業にも大人気で「法人登記」を向こうで行う企業も増えているようです。

更に物価も安いことから20万円の月給で「プチ・リッチな生活」が十分に送れ、

それでも『月に10万円は貯金ができる』と現地で働く日本人OLをTVで視聴致しました。



ですから今後も「日本の課税システム」が引き上げ続けられる限り、

「海外移住」「税金の安い国で法人登記」を行う企業は増えるでしょう。

勿論上記したニュースは「富裕層に対しての課税」ですから一般人には関係なく、

『税金逃れは許さないぞ!』とする政府と富裕層のイタチゴッコであるとも言えます。



もっとも「発泡酒」「第3のビール」と同じく「合法的な税金逃れ」が新たに生まれ、

再び「富裕層だけが美味しい思いをする」という可能性も十分にあり得ることですし、

「お金がある=幸せ」とは言えませんが『何かと有利である』ことだけは確かです。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground