FC2ブログ
2014-08-31

『ありがとう』の三回忌






私は現在、母親の三回忌で実家がある秋田に帰省しておりますが、

本日墓前に出向いて掃除をし、花と線香を手向け挨拶を済ませてきました。

遠方故なかなか気軽に訪問することもできず親父や親戚の方には申し訳ない気持ちですが、

とにかく今回はきちんと挨拶をすることができましたから一安心といったところです。



2年程前に記事を書きましたが写真にあるのが母親の眠るお墓です。

墓石というものは材質も含め「色が黒くなる程」高額になるそうですが、

私の親父は迷うことなく割安な墓石を購入し姓名ではなく「ありがとう」と刻みました。



何かしらの「肩書き」を持つ方であれば世間体や家族への配慮もあるでしょうから、

ある程度しっかりとしたお墓を建てる必要もあるのだという理解はもちろんあります。

しかし親父はそういう見栄を張らない男ですから安いので十分だと即決したそうです。

もっとも『安い』と言いましても墓石自体が既に「高額な買い物」である訳ですが。



今年の秋田は冷夏だったそうで2年前の「酷暑」がウソのような快適さでしたが、

私はノンビリと連休を満喫するような立場ではありませんから明日には帰宅する予定です。

もちろん、短い期間ではありましたが良い休養が取れたことには感謝しております。



皆さん素敵な休日を。



END

スポンサーサイト



   
2014-08-30

JR盛岡駅にて・・・





現在、盛岡駅のバスターミナルにて記事を書いております。

『お前、秋田に帰省するのに何故途中下車したんだ?』と思われた方、

それは「移動距離及び時間の短縮」という合理的な理由によるものです。



私の実家は青森との県境に面した県内最北部に位置しているためJR秋田駅まで乗車した場合、

真逆の県南部からローカル線で移動することになりますから更に3時間も掛かる訳です。

東京から盛岡まで各駅の新幹線で移動した場合もおよそ3時間半ですから、

このルートでは腰痛持ちの私が耐えられるはずもなく盛岡からは高速バスでの移動となります。



ここからは東北自動車道で秋田の実家がある地元駅まで直行してくれますから、

およそ1時間30分とローカル線に比べて半分の移動時間で済み身体への負担も軽減されます。

・・・1時間に1本しかバスが来ないあたりはリアルに「オラ東京さ行ぐだ」ですがww



皆さん素敵な週末を。



END

   
2014-08-29

東北道中膝栗毛 2014







明日、私は旅に出ます。

あなたの知らない人と二人で・・・。



・・・ん?何やらこのフレーズに似た名曲があったような??





・・・ないなっ!!

ないないっww
 (一人旅だし)




という訳で(?)明日、実家がある秋田に帰省致します。

一週間遅れましたが母親の三回忌となりますので挨拶に出向く所存です。

写真にあるアディダスのかばんに着替えと読みかけの本と見果てぬ夢を詰め込んで・・・。



そして嫁からは『気をつけて』の一言もないどころか、

『お土産買ってこいよ・・・毎回手ぶらで戻って来やがって』とチクリ。

『こんな小せえカバンにみやげなんて入る訳ねェだろっ!!』と、

相変わらずサービス精神のかけらもない夫婦漫才は幕を閉じるのでした。



それでは行って参ります。

本日もお疲れさまでした。



 END

   
2014-08-28

ゴミ出しで近隣トラブルが発生

本日、不動産業者へ再び苦情の電話を入れました。

今年に入り、これで一体何度目になるのでしょう?

いい加減にこちらもウンザリしております。



私の住む地区は火曜日と土曜日が「可燃ゴミ」の回収日となっておりますが、

不動産業者より「ゴミ出しのルールを守る」という趣旨の注意書きがポストにあり、

その他には嫁が破り捨てずにゴミに出した宛名入りのハガキが戻されてありました。

いかにも『お前のところのゴミだぞ』と脅迫するような行為に即刻電話をした訳です。

『私の出したゴミがどのような迷惑をかけたのかは存じませんが、

他人の捨てたゴミを漁るのはモラルを超えて完全な犯罪行為ですよ』と、

私は通報者と不動産業者の対応も含め真意を確認することに致しました。



業者が通報者を明かすことはできないというのは「プライバシーの侵害」を守るため。

しかし私が出したゴミを漁った通報者は私達夫婦の「プライバシーを侵害した」ということ。

通報者は『ネコが食いちぎった袋から飛び出していた』と不動産業者に話したそうですが、

ネコに荒らされたわりにはハガキの状態はきれいなままでしたから疑わしいものです。

いずれにせよ私への嫌がらせの意味も込めてポストに入れたのでしょうね。





確かにその日は少し早い時間にゴミを出しましたが私は何も「ルール違反」はしておらず、

ゴミカレンダーにも『回収日の8時30分までにゴミを出して下さい』と書いてあるのみです。

皆さんはこれをどう考えますか?

前日の夜に出したのであれば勿論「ルール違反」に間違いありませんが、

用事があって早朝の5時に出掛ける場合などは4時台にゴミを出すことになる訳で、

このような「止むを得ない事情」は決して「モラルに欠ける行為」ではないはずです。

確かに生ゴミを置いている時間が長ければ野良猫などに荒らされるリスクは高まりますが、

私はきちんと防護用のネットも被せましたし「取るべき措置」は全て行った上でのことです。



ただ一通りの事情を聞いたことで「事の真相」は解明されましたから、

散らかったゴミを掃除させたことは申し訳なかったと不動産業者を介して謝罪した上で、

今回のような「嫌がらせ行為」は犯罪ですから次回は警察に通報致しますと伝えました。

「共用スペース」は地域の皆さんのモラルで成り立ちますから、

私もきちんとルールは守りますが同時に近隣トラブルの危険も伴う訳です。

今回はこちらに非があったことで「それ自体」は反省しておりますが、

通報者の「度を超えた嫌がらせ」には大変不快な気持ちになりました。

文句がある場合は「法律を守った上」で正々堂々と意見を主張するべきでしょう。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2014-08-27

体内年齢は20代でも・・・

私は起床するのと同時に体脂肪などを測定する体重計に乗るのが毎朝の日課です。

体脂肪や内臓脂肪、筋肉量などの数値から「体内年齢」まで表示されますが、

42歳を迎えた現在でも「27~29歳」辺りの体内年齢をキープしております。



これは日々のトレーニングにより肉体レベルを保っているからであり、

数字だけで判断すれば嬉しいことではありますが40歳を迎えた辺りから、

ただ「現状維持」ができているだけで成長はしていないことに気がつきました。



30代前半までの腹筋はヘソの下まで正面から6つに割れていたものが、

現在は上部の4つが割れているのみでヘソの下は薄っすらと皮下脂肪が付きましたw

プロボクサーを引退しても絶対に太りたくない私は一般人から観れば痩せておりますが、

筋肉量の低下により分厚い背中の筋肉が無くなったことに寂しさを覚える日々です。

もちろん現役時代のようなハードトレーニングをしていない訳ですから当然のことですが、

やはり一度は手にした「ヒッティングマッスル」を失うことは何とも悲しい気分になります。



『・・・やはりサンドバッグを買うべきか?』そのような気持ちも湧き上がりますが、

狭い我が家では置き場もなく相変わらず公園でモジモジとトレーニングしております。

10Kmのロードワークに週3回の筋トレ、時々シャドーボクシングをする程度ですから、

今後も現状維持はできるものの大幅なビルドアップなどは到底望めそうにありません。

また無理をして腰を痛めてもいけませんから「自分なりに」コツコツとやるつもりです。



それでも「恐ろしく強いじいさん」が私の最終目標ですから、

晩年ヤンキーにケンカを売られても返り討ちにできる程の余力を維持するべく、

「必要最低限の鍛錬」は今後も継続して行くことを強く決意する次第であります。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2014-08-26

店員が何処にも居ません

地元近郊の国道16号沿いに「かっぱ寿司」がありましたが、

数年前に閉店し跡地には「東京豚骨」というラーメン屋が参入致しました。

そのお店も今年閉店し居酒屋のような看板が設置されていると以前書きましたが、

最近オープンしたようで鶏俊(とりしゅん)という名の焼き鳥屋であることが判明。

開店当初はすし屋でも儲けなしの良材を入れることが多く昨日は夫婦でお邪魔することに。








店内はすでに7割ほど埋まっており活気に満ち溢れているように観えました。

お店のアピールも兼ねているのか「焼き鳥の調理場」は単独で店頭に設置し、

他の料理は奥の厨房で作るというようなスタイルで前のラーメン屋の座席配置などは継承。

お店の入り口でお兄さんが一人で焼き鳥を焼いていましたが店内に店員は一人もおらず、

お店のスタイルがよく理解できなかった私はそのお兄さんに詰め寄りました。

『ねえ・・・何これ?勝手に空いてる席に座れってこと?』



ようやく顔を上げ私達の存在に気が付いた彼は、

『あ!?あちらの席にどうぞ・・・2名様ご来店で~す!!』と叫び、

奥の厨房からは一斉に『いらっしゃいませ~』の声が。

私達夫婦はようやく理解できました。

お客さんの注文に対して料理が全く間に合っておらず、

ホールで接客をしているスタッフが全員厨房に引き払っていた訳です。

新規オープンでこのクオリティ?

今更引き返す訳にもいかずお腹も減っていましたから席に着きました。



焼き鳥の写真はありませんが「ごく普通に」美味しかったですし、

私はこのお店に恨みなどありませんが正直にありのままを書きます。

同じく飲食業の嫁は「時間が掛かりそうな料理」を最初に全て頼んだ後、

『うーん・・・年内いっぱい持つかしら?』と渋~い表情を見せました。

他のテーブルからも注文の声がたくさん上がる中、店員が厨房から戻って来ない店内。

私も現状の問題を改善できない限りどんなに美味しくても経営は厳しいと思います。








帰り際「お持ち帰り」の下に「準備中」と書かれた紙が貼ってある看板を発見。

店内のお客さんも回せていないのに「お持ち帰り」を始めるのは不可能でしょうね。

あえて厳しい言葉を残しましたが良い方向に改善されることを願っております。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2014-08-25

BARに響くある男女の会話






私は夜に外食した際、最後はBARで飲んでから帰るというのがお決まりのパターンですが、

カウンターに座れば顔なじみの常連さんや新規で連れ立って来店する方など様々。

初対面で隣に座った者同士の会話がはずむことも度々あることですし、

BARでの出会いをきっかけに交際がスタートし結婚に至ったカップルも存在します。



このように様々な人間模様や会話をカウンター席で目の当たりにしながら、

私は入れてあるボトルをストレートで味わう訳ですが時々珍客にも遭遇致します。

基本的にカウンターで飲む常連さんはお酒や雑学を問わず「知的な人」が多く、

どのようなお客さんが隣に座っても会話の糸口は何かしら見つかるものですが、

稀に『この子は酔っ払っているだけなのか?頭が悪いのか?』という具合に、

どうしても会話が成立しないような女性が常連らしき男性と飲んでいることも。



これは私が実際にカウンターで聞いたある男女の会話です。

カップルなのか飲み仲間なのかは解りませんでしたが、

男性のほうが『最近運動不足で腹が出てきた』という話しをしていた訳です。

『ダイエットすればいいんじゃない?』と軽いトークを繰り出す20代前半に見える女性。

『・・・ソイジョイでも始めようかな~』と男性客は呟きました。

私にはすぐに「CMでやっている低カロリー食材」のことだと解りましたが、

その女性からは耳を疑うような驚くべき返答が大声で飛び出しました。

『ええ~っ!?M字開脚とか?何で~?』と。



・・・それ「ジョイトイ」だよっ!!!(アホかww)



私は思わずツッコミを入れてしまい、カウンターは爆笑の渦に。

皆さん、何のことだかすぐに解りましたね。

この女性は男性客が呟いたセリフをM字開脚で一世を風靡した、

「インリン・オブ・ジョイトイ」のことだと勘違いしていた訳です。

結局その女性は私が帰るまで「ソイジョイ」が何なのかを理解していませんでしたが、

カウンターで知ったかぶりをすると大恥をさらすことにもなり兼ねませんから、

お酒が入っている時ほど「不用意な発言」には十分気をつけたいものです。

・・・おもしろかったけどww



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2014-08-24

ネタ帳はリサイクルで






画像にある「メモ用紙」が私のネタ帳です。

いつもテーブルの隅に置いてありインスピレーションを得た時などにサッと走り書きし、

複数のキーワードを繋げていくことでブログに記事を掲載する際のアイディアとなる訳です。

このネタ帳は使用済みのカレンダーや方眼紙などをハサミで適当なサイズにカットし、

白紙部分もしっかりとリサイクルしてやろうという私の貧乏根性から生まれたものですww









裏返すとこのようになります。

現在も在庫として2013年の使用済みカレンダーが残っておりますが、

昨年分まではサラリーマン時代に会社から毎年頂いていたものですから、

大変ありがたいことに「メモ用紙にかかったコストはゼロ」ということになります。

もちろん在庫を使い果たせば自分で購入したカレンダーなどを使用することになりますが、

それでも「ただ捨てるのではなくネタ帳として再利用する」ということに意味がある訳です。



わずか30分で数万円前後の損益が発生する株のトレードを繰り返している男が、

エアコン代やメモ用紙に掛かる軽微なコストはケチるのか?と思われるでしょう。

これはもう「価値観の違い」でしかなく私にとって用紙代などは無駄なコストであり、

『メモを取ることさえできればどんな紙でも構わない』という発想からくるものです。

逆に仲間との飲み会やBARに置いてあるウイスキーのボトル代などは惜しみません。

「どこにお金をかけ、どこで経費削減の努力をするか」は頭の中にはっきりとある訳です。

他のトレーダーさんも会社の社長さんも皆私と同じような考え方をしていると思いますよ。

それを「ケチだと思うか」「節約上手だと思うか」は受け止める側の価値観の問題です。



最後に一つだけ、私の経験も含めて間違いなく言えることは、

自己投資や設備投資を問わず「お金を生み出す可能性のある全てのこと」に対して、

「絶対にお金をケチってはならないし成功のためのチャンスを潰すな」ということです。

そこに掛かった経費はいつか必ずお金になってあなたの元へ返ってくる訳ですから。



皆さん、素敵な休日を。



 END

   
2014-08-23

落雷時の緊急避難先






本日の午前に歯の掃除をしてもらうためポッチンさんが営む歯科医院を訪れました。

天気予報では「曇り時々晴れ」となっていたはずが医院に向かう途中で雨となり、

診療後に昼食の約束をしていたポッチンさんと私の車に乗り込んだところで雷が・・・。

上空で光っただけで雷鳴は聞こえてきませんでしたが話題は先日の痛ましい事件に。



落雷の被害を受け命を落とした野球少年の事故は本当に不運と呼ぶ他ありません。

しかも複数の避雷針が設置され天候の回復を待ってからの試合再開だったと聞きます。

今回の悲しい事件は「天候が回復しても落雷は起こり得る」という厳しい教訓を与えました。



もちろん雷の音が聞こえる時は無理に外出しないことが一番の安全策ですが、

既に外出してしまった方にできる最善の方法とは一体どのような行動でしょう?

車で出掛けたのであれば車に避難すれば良いと思いますが徒歩だった場合には、

公衆トイレやコンビニなど「コンクリート造りの建物」に避難するのが良いとされています。



私もロードワークの最中に雷鳴を聞いたことが2回ほどありましたが、

「本当に避難する場所がない」という場合の緊急避難先が1つだけあります。

それは「電線の真下」でなるべく複数で太い線の立ち並ぶ場所がベストでしょう。

『表で避難なんて危ないよ』と思われた方、私もそう思いましたがテレビの実験では、

電線の真下に人形を置き上空から落雷させたところ雷は電線に全て吸収されました。

送電設備である電線にとって雷の電流は大好物ですから下に逃がすことなく奪われる為、

私もロードワーク時に雷鳴を聞いた際はできるだけ電線の下を走るよう心掛けております。



そういえばポッチンさん、反対車線に歯科医院があることを気遣い帰りの車は途中下車し、

傘をさしながら残りの数十メートルを移動しておりましたが無事に辿り着いたのでしょうか?

『この短い距離で雷に打たれたら負の宝くじに当たったようなもんだ、はっはっは』と、

まるで幕末の風雲児「坂本竜馬」のような風貌で意気揚々と歩いて行かれましたが、

『ほら・・・あんなこと言うから』と墓前に手を合わせることのないようお祈り申し上げます。



それでは皆様、素敵な週末をお過ごし下さい。



 END

   
2014-08-22

残暑先輩、意地の粘り腰

『残暑センパ~イ・・・いい加減に何処か行っちゃって下さいよォ!?』

と、舎弟のヤスもブツブツと文句を言ってしまう程の厳しい残暑は継続中。

今週は午前の気温が30℃に届かない日も度々観測されるようになり、

『いよいよ秋の気配も漂ってくるのだろうか?』そう人々に思わせた矢先、

『涼しくなると思ったのかい?ケケケ』と意地悪な残暑先輩が戻ってきた訳です。



まるで土俵際の力士が押し出されまいと粘っているかのような状況に、

客席からは『オイッ!さっさと落ちちまえっ!!』などと大ブーイングに晒され、

「意地の粘り腰」を見せる残暑先輩は残念ながら誰からも歓迎されてはいないようです。



私もトレードの休憩時間には夏場限定で「アイスタイム」があると以前書きましたが、

来週からは必要ないだろうという楽観論から一昨日までに全てを食べ尽くしました。

しかし天気予報を調べると来週以降も元気に30℃オーバーの日々が続くようですから、

『やはり来週用のアイスも確保するべきか?』とトレードそっちのけで思案しておりました。

『よし・・・ラスト・ガリガリ君だな』私は悩み抜いた末このように決意した次第であります。



読者の皆様も「自分なりの涼み方」を工夫されてきた事と存じますが、

「春先のぎっくり腰」が多いように「秋口の熱中症」も十分に考えられますから、

少し気温が下がったからと油断せず引き続き「水分と塩分の適量摂取」に努め、

ジメジメとした残暑先輩の意地悪から身を守り8月を乗り切りたいものです。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2014-08-21

社員より仕事ができるアルバイト

本日のタイトルは偶然にも「五・七・五」のサラリーマン川柳となりましたが、

仕事のカテゴリを問わず様々な企業の現実問題として取り上げられています。



2012年に脱サラした私にとって「転職歴13回」というのが唯一の自慢ですが(?)、

平社員として職人から接客業まで経験しましたから正に「現場叩き上げ」と言えます。

職場では「仕事が遅い先輩」や「不真面目だが仕事はできる後輩」など人間模様は様々。

それでも営利目的で事業を行う会社の経営陣にとって「仕事ができる従業員」という存在は、

会社に利益をもたらしてくれる「大切にすべき人材」であることに間違いありません。



私ですら個人的感情を抜きにして「経営者目線」で考えてみた場合、

現場の経験がない大卒の正社員がすぐに昇級・昇格するという世の中が気に食わず、

むしろアルバイトでも現場での貢献度が高い者を積極的に社員にするべきだと考えます。

もちろん日本はまだまだ「年功序列時代」の流れを引き継いでいますから、

上記したような企業は数少なく私が再就職を考えられない一要因でもある訳です。



うちの嫁が「石釜焼きの手作りピザ屋」でピザを焼いていることは以前書きましたが、

現在勤務しているお店は田舎に面した小さい店舗でお盆休み以降の落ち着きもあり、

最近は出店前に働いていたイタリアンの系列店にヘルプとして借り出されている毎日です。

不機嫌な嫁に『何か問題でもあるのか?』と聞いてみたところ呆れるような職場事情が・・・。



「ヘルプ」とはイベントなどで来客数が通常よりも多く見込まれる場合などの一時的な措置で、

「1ヶ月中に20日のヘルプ要請」などもはやヘルプとは呼べない異常な事態と言えます。

本当に来客数が多いのであれば理解できますしアルバイトを募集すれば良いのですが、

店長や料理長のシフトの組み方が悪く本来なら上手く回せる現場が機能していないとの事。

しかも「お店全体の流れ」を把握している従業員にはシフトの組み方を相談しようともせず、

「ツイッターに店名を入れて上司の悪口をつぶやく」という呆れたアルバイトもいるそうで、

仕事ができる社員やアルバイトがケンカをしてどんどん辞めてしまうという悪循環だそうです。



社員に昇格したかつての同僚は『代わりに店長やれば?』などと嫁に言ってきたそうで、

支持されない店長と文句を言う従業員の狭間に立たされ大変なストレスを抱えている模様。

うちの嫁はアルバイトですが経営陣に仕事ぶりを評価され現在のお店に栄転した訳ですが、

『あんな最悪の職場環境じゃ良い従業員なんて育つ訳がない』と現状を憂いている次第です。

夫である私がこんな記事を書いたのでは『ただの嫁自慢かよ?』と笑われてしまいますが、

それなりに評価されているうちの嫁が何故社員にならないのかはお解かり頂けるでしょう。



総料理長などの経営陣に苦情は言ってあるようですが中々改善されないのが現状であり、

人手不足から店長を変えることもできないという「負のスパイラル」に陥っている訳です。

嫁が本来所属しているお店は殆ど店長と嫁の2人で調理と接客をしているようですが、

アルバイト数名との人間関係なども良好であり早く帰りたいと日々嘆いております。

ヘルプ要請は店長か嫁のどちらかになるため最近顔を合わせたのは1ヶ月前だとかw

以上のことからも「仕事ができる人間ほど辞めていく」というのはよく理解できますし、

せっかく栄転させて頂いたうちの嫁が再び辞めるとブチ切れないことを願うばかりです。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2014-08-20

思い出のマーニー






相当出遅れてしまいましたが本日「思い出のマーニー」を観賞してきました。

本作品はジブリスタッフから「マロ」の愛称で呼ばれる米林宏昌監督によるもので、

初監督を務めた「借りぐらしのアリエッティ」に続く2作目の映画となりました。



少年の頃からジブリアニメの大ファンだった米林監督はスタジオジブリに入社後、

早くからアニメーターとしての才能を発揮し宮崎監督の右腕にまで上り詰めた男です。

宮崎監督が言うには『マロが手掛けた女の子はどれも官能的な表情になる』そうで、

自分が描いたマーニーはこうなるとイラストをスタッフに見せて悔しがっていたそうですw

私もそのイラストはテレビで拝見しましたが「宮崎監督らしい可愛い女の子」でしたが、

確かに米林監督のような「独特の色気」は感じられず改めて彼の才能に感心しました。



日本で一番ヒットしたジブリ作品は「千と千尋の神隠し」ですが(だったはずです)、

海外で一番評価が高いのは他ならぬ米林監督の「借りぐらしのアリエッティ」だそうです。

当時この作品の監督を誰にするか鈴木プロデューサーに相談した宮崎監督は、

『マロがいいんじゃない』という鈴木Pの回答に愕然とした表情を見せたそうです。

既に宮崎監督の右腕になっていた米林監督をデビューさせるということは、

映画のヒットと共にアニメ監督としてスタジオジブリを去る可能性もあるため、

彼の才能を心から認めていた宮崎監督はどうしても大切な仲間を失いたくなかったとか。

しかし映画の大ヒット後も米林監督は今まで通りジブリスタッフとして事務所に残り、

本来の仕事をこなしながら今回2度目の監督として本作品に抜擢されたという経緯です。



物語につぃては触れずにおきましょう。

ただ前作のアリエッティよりも「物悲しさ」や「人恋しさ」が美しく描写されていますし、

久しぶりに「情動を刺激されるアニメ」を観られ映画館に足を運んで良かったと思います。

本日の記事を読んで興味を持たれた方は一度ご覧になってみてはいかがでしょう?



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2014-08-19

「トレーダー殺し」の値動きが継続中

日経平均株価は前日比127円19銭高の1万5449円79銭と7日続伸しました。

7日続伸は昨年の12月に9日続伸して以来となるそうで日本市場の堅調さを表しています。

しかしお盆明けで市場に戻ってきたのは日本人だけで海外勢は以前夏休みが継続中であり、

売買代金の大幅な低下により本日は高値圏でほぼ横ばい状態のままで取引を終了しました。



安値を仕込んだサラリーマンの方であれば「安定した値動き」は喜ばしいものですが、

我々「専業トレーダー」にとっては「株価がいくらか?」は全く意味のないことであり、

上昇であっても下落であっても「大きく値が動く」ことでトレードが活発に行える訳です。

私は先週持ち越した売りポジションを昨日の午前中に買い戻したのを最後に、

本日も朝から指値は入れてありましたが私のエントリーポイントには届くことなく終了。



無理やり入ることはもちろんできる訳ですがあまりにも値幅が小さすぎることから、

『こんな高い(安い)値段じゃ買いたくない(売りたくない)』という中途半端な水準にあり、

明日は映画を観に行くこともあり『絶対にポジションは持ち越したくない』と諦めた次第です。

このようなパターンは昨年何度も経験してきましたし失敗するパターンもよく理解しています。



私も「月の利益ノルマ」などを設定していた頃はかなり強引なトレードが多く、

本日のような日は逆にマイナスになってしまったり同値で撤退したりという具合に、

「動かない値動き」に対し自分の希望的観測だけで仕掛けていた時期がありました。

2年ほど前に『風のない日に波乗りはできない』という記事を書いたことがありますが、

これは「値動きが小さい日は無理に仕掛けるな」というトレードの心得を述べたものです。

それでもギャンブルに走りたい方は「午前の開始30分間」の値動きが荒い時間にどうぞ。



開始からの30分間は多くのトレーダーが「当日の値動きを探り合う時間帯」ですから、

当然日中の値動きとしては「最も上下に振れやすい時間帯」でありプロのトレーダーには、

『最も賢いトレーダーと最も愚かなトレーダーが売買をする時間帯である』とも言われます。

いずれにせよ「自分の得意なスタイル」を捨ててまで仕掛ける必要はないと思いますし、

何度も言いますが『自分なりに取れそうなところだけを取る』というスタイルこそが、

最も「期待値が高く」最も「失敗しにくいトレード」になることは私の経験上間違いありません。



株式相場には「上昇」「下降」「横ばい」という3つのトレンド以外は存在しません。

また1つの値動きが永遠に続くこともありませんから待てば株価は再び動き始めます。

1年中トレードを繰り返していれば当然こういう日もある訳ですから決して無理はせず、

「動き出した日」に備えた戦略を練るというのも立派なトレードであると私は考えます。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2014-08-18

スローカーブは高等技術です

元フジテレビのアナウンサー・岩佐徹氏(75)が18日、自身のブログを更新。

14日、甲子園で東海大四(南北海道)の西嶋亮太投手(3年)が、

計測不能の超スローカーブを投げたことに対しツイッター上で、

「世の中をなめた少年になっていきそうな気がする」などと発言したことを謝罪した。

【Yahooニュースより一部を引用】



本日はこのニュースに対し私なりに見解を述べさせて頂きます。

私にピッチャーの経験はありませんがインストラクター時代に学んだスポーツ理論により、

通常のスピードで投げることより遥かに難しい技術であることだけはすぐに理解できます。

つまり「世の中をなめた」というような精神論は元より西嶋投手は至って真面目であり、

言い換えるならこの高等技術を身に付けるまでの彼の壮絶な努力を背景に感じるほどで、

このアナウンサーも投手経験者ではないのでしょうがあまりにも感情論に走りすぎです。



私はインストラクター時代に水泳のコーチをしておりました。

そこでご入会頂いた主婦の方からよく言われたセリフは、

『私はゆっくり優雅に泳げるようにして欲しいの』というものでしたが、

それに対して私は必ず同じ説明をし納得して頂いてからレッスンに入りました。

それは「ゆっくり泳ぐというのは基礎泳法がきちんと身に付いてこそできるもの」であり、

『通常の泳ぎ方をマスターできなければスピードの調整はできないんですよ』というもの。



そのスポーツの「実践家」ではなくとも「スポーツ理論」をきちんと理解していれば、

「他の球技」もしくは「他のスポーツ」に関しても全く同様の結論に達すると言えます。

文頭のニュースも「投手が相手バッターを侮辱するような態度を取った」のであれば、、

スポーツマンシップに訴えて批判しても良いとは思いますがそうではなかったはずです。

つまり批判したアナウンサーには彼の投球が「生意気に観えた」ということでしょう。

解説者や理論家はそもそも個人的感情に訴えて情報を発してはならない訳で、

何度も記事にしてきましたが著名人ほど「自分の発言」には責任を持つべきです。



私がプロボクサーだった頃もトレーナーで選手の指導をしていた頃も、

ノーガードで相手を挑発するような選手はどこのジムでも時々見かけましたが、

その行為のほとんどは「ボクシングや相手をなめ切っている」のではなく、

観客に対してのパフォーマンスであったり「真剣な駆け引き」というものでした。

「失敗すれば打たれる」というリスクはボクサーもピッチャーも全く同じであり、

故に「スローカーブは勝負度胸と努力による高等技術である」と言える訳です。

以上をもちまして今回の一件に関する私の見解を終了致します。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2014-08-17

夏の日の2014

ま~る~で鉄人のォ~♬  プロ~ポーション♪

あ~あ~♪ 水際の~ボクサー♫

【作詞 : 稲村河内勇輝】



ん?本日のタイトルに似た大ヒット曲が「1993年」にリリースされたような気がしますが?



・・・ないなっ!!

ないない!!
(盗作疑惑浮上)



楽しかったお盆休みも本日を残すのみと相成りました。

休みボケで仕事にミスなどが生じぬよう気持ちをしっかりと切り替えたいものです。

私は花火大会を観賞した以外は普段と何ら変わりない日常を送ってきましたから、

先週金曜日の午後3時終了時刻まで目一杯「株のトレード」に打ち込みましたし、

中2日を挟んで明日から再び8月相場後半戦に挑むためのコンディションは万全です。



とは言うものの、お盆休み中は大忙しだった嫁も今週はお休みが3日取れることや、

先月から約束し前売りチケットを購入していた「思い出のマーニー」を観に行くことに加え、

月末には私が母親の三回忌のため秋田に帰省するなど私達のイベントはこれからです。

私がお盆休み返上でトレードを続けたのも上記したような理由があったからこそ。

接客業に土日休みはあり得ませんから私が嫁に合わせる以外タイミングは計れません。

それでも予め決められているイベントに関しては私が上手くスケジュール調整を行い、

前日までに株式のポジションを全て解消することでストレスなく出掛けることができます。



本日も夕刻の涼しくなるタイミングを見計らい10kmのロードワークをこなし、

「私なりの」お盆休みにはこれで一区切りをつけようと思います。

それでは皆様、明日からは元気に仕事を頑張りましょう。

お盆休みお疲れさまでした。



 END

   
2014-08-16

花火よりビール

本日のタイトルは「花より団子」と同義語で間違いありませんw

昨日の記事に書いた通り嫁が滑り込みセーフで花火前に仕事から帰宅し、

花火会場がある港に隣接する行きつけの居酒屋にお邪魔させて頂くことに。

混雑する屋台をかき分けてお店に到着する頃に花火が打ち上がり始めました。









せっかくだからと一枚撮影しましたが周りはビルばかりで一部が隠れてしまいます。

しかし店内に入り一杯目のピールを一口飲んだところでこのビルのオーナーが現れ、

『屋上をこっそり解放しているから花火観てきなよ』と私達夫婦に声をかけてくれました。

お言葉に甘えて屋上に上がると十数人の身内らしき家族や友人同士が自由に座り、

屋台の熱気などない涼しく静かな空間で最高の景色を堪能していました。









ビルや電線に遮られない夜空に打ち上げられる花火は綺麗なものでしたが、

「一番美味しい最初のビール」を一口飲んだだけの私は完全にガス欠状態w

オーナーの心遣いには感謝しつつも「予想外の展開に出鼻をくじかれた感」は否めず、

早くお酒が飲みたい私は大きな花火の打ち上がりを待てずにこの一枚にて下山ww

まさに「花火よりビール」という言葉がピッタリな夜となりました。









その後は混雑を避けるべく花火の終了を待たずして会場の最寄駅の反対口に移動し、

いつものBARでバーボンを楽しみ久しぶりに夏休み気分を満喫することができました。

2年ぶりに花火を観賞致しましたが店内に響き渡る花火の地鳴りも中々風流なものです。

ということで(?)結局はお酒がメインになってしまった花火大会の夜をお伝え致しました。



それでは皆様、残りわずかとなりましたが引き続き夏休みをお楽しみ下さい。



 END

   
2014-08-15

トレーダーもようやく夏休み






お盆休み返上で打ち込んだトレードも週末を迎え、

株式相場の休場日を待ってようやく私も夏休みです。

自己都合で休みを取る以外トレーダーの休養日は土日祝日のみで、

言い換えるなら夏休みと言うよりも「通常通りの休み」ということになりますw



それでも周りを見渡せば夏祭りや花火大会など、

夏を感じさせるイベントも多く「夏休み気分」は満喫できます。

手作りピザを焼いているうちの嫁は週初から大忙しで仕事に出掛け、

唯一お休みを頂いた本日も人手不足から休日出勤を頼まれてしまう有様。

もっとも「他店へのヘルプ」という立場ですから店側も強くは出れず、

昨年は観られなかった花火大会までには帰宅させてもらう計画だとか。

とは言えお客さん相手の商売ですからどうなるのかは判りませんが、

都合が合えば2年ぶりに夫婦で花火を観覧しに行く予定です。



それでは皆様、引き続き夏休みをお楽しみ下さい。

本日もお疲れさまでした。



 END

   
2014-08-14

真夏のコーヒーとストイックな日々






相変わらずドリップしたレギュラーコーヒーを自宅で味わっている私ですが、

冬場は一日に四杯も飲んでいたものが先月辺りから二杯程度に減少しました。

やはり夏場は発汗量も多いことから冷たい飲み物や塩分を欲するようで、

スポーツドリンクやアイスといった夏らしいものを自然と摂取したくなるようです。



私は「基本的に」ドリップしたコーヒーはホットで頂きたいタイプですが、

夏場は氷を適量に詰め込みアイスコーヒーを楽しむのも季節の醍醐味と言えます。

私のブログを毎日ご観覧下さる方々にとっては何度か書いたことのある内容ですが、

私は一年を通じ「一人で過ごす時間帯」は極力エアコンを使わずに生活しております。

「夏は発汗して身体を冷やし」「冬は着込んで身体を温める」という生活を心掛けますと、

自然と身体が欲しがっている食材や飲み物が解るようになってくることに気づかされます。

太古の人々はこのようにして「食事のバランスや栄養学」を身に付けて行ったのでしょう。



インターネットの普及と共に大変便利な世の中を私達は生きている訳ですが、

近代文明に頼らない生活を意識的に心掛けることで「自己治癒力」が高まったり、

周りの情報に左右されない「独創的な発想でIQを高めたり」することができるはずです。

ボクサー時代の減量で「五感が研ぎ澄まされる」という経験をしたこともありますから、

人間の脳や身体は「怠けさせないこと」で更に進化するものだという結論に達する訳です。

いつの日か「スーパーサイヤ人」になれることを信じて・・・。

・・・近々、精神科に行って参りますww



皆様におかれましては引き続き「夏休み」をお楽しみ下さい。

本日もお疲れさまでした。



 END

   
2014-08-13

賃貸物件のデメリット

皆さん、夏休みを満喫していますか?

私はいつも通りに「株式のトレード」を淡々と行っておりますが、

午前中に利益を確定させ、少し早めに記事を書き始めたところです。



以前「賃貸物件のメリット」というニュアンスで記事を書いたことがあります。

「気に入った物件への容易な引越し」や「近隣住民とのトラブル回避」や、

「固定資産税等の税金が課せられない点」などを例に挙げた記事でした。



しかし先日書いた通り「台風の影響による地デジの屋外アンテナの不具合」を受け、

台風明けの昨日は朝一番で不動産業者に連絡を入れ今回の経緯を説明致しました。

『担当の者が外回りに出ておりますので午前中には連絡させます』という対応を受け、

何とか来週の「ワンピース」と「HERO」は録画できるだろうと一安心していたところ、

すぐに連絡をくれた「担当者」からは次のような発言が「さわやかに」飛び出しました。

『修理を依頼している業者さんが夏休みに入っちゃったんで来週になりま~す』と。




『この野郎ーっ!!!』




『これが水道管の破裂だったらどうするつもりだよ?

やっぱり夏休みだって終わらせる気か?え?おいっ!!』

と、もう少しで悪質なクレーマーになるところをグッと堪え、

『ああ・・・本当に今回はタイミングが悪すぎる』と諦めることに。

電気や水道であれば生死にも関わりますから別問題ですし、

これが賃貸でなければ勝手に修理を依頼できるところですが、

賃貸は自己負担がない代わりに不動産業者に一任しなければならず、

思わぬところで「賃貸物件のデメリット」を痛感した次第であります。



いえ、私は別にテレビがなくても生きて行けますから問題ありませんが、

嫁は幼少の頃より「サスペンスドラマが大好きなお母さん」の影響を受け、

「生粋のドラマっ子」として生きてきた為「ドラマが観れない人生」は耐えられないはずw

とは言え調子が悪いのはフジテレビだけで風がない日はノイズ交じりですが観られます。

後は上記した2作品が無事に受信されることを願うばかりです。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2014-08-12

恐怖の診療台

連日続いた猛暑も少しずつ落ち着きをみせ始め、

ようやく秋めいた空気が漂い始めた今日この頃、いかがお過ごしでしょう?

本日は「より一層の涼しさ」を得るためにこちらの画像をご用意致しました。
 










キュイーンッ!!キュイーンッ!!

ガリガリガリガリッ!!! ((((;゚Д゚)))))))






どうでしょう?背筋に冷ややかな感覚を得られたのではないでしょうか。

この画像は先日ポッチンさんが院長を務める歯科医院にて撮影したものです。

もちろん『撮って何に使うんだよ!?』と拳をバキバキと鳴らしながら睨まれ、

凍りついた院内は「空手家vsケンカボクサー」という一触即発状態でしたが、

これから診療を受ける手前もあり私のほうが大人しく身を引いた次第であります。



診療前に悪態をつこうものなら助手の女の子に向かって、

『オイッ、ちょっとペンチ持って来い!!』と何度も脅されましたから(実話100%)

ポッチンさん、その節は大変お世話になりましたw

後は奥様に歯のお掃除をしてもらうだけですね(喜)



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2014-08-11

フジテレビだけが映らない事件

台風は過ぎ去ったものの依然として強風が吹き荒れる空模様に、

自宅の換気扇はパタパタと音を発しながら勝手に開閉を繰り返しております。

「大雨と強風のコラボ」でしたから車の砂ぼこりくらいは仕方がないでしょう。

洗車をすれば綺麗になる訳ですし原状回復できるものならば何ら問題ありません。

しかし、私達夫婦は昨日の強風の被害により「日曜日の楽しみ」を奪われてしまったのです。



日曜日の午前9時30分、フジテレビで毎週放送されている人気アニメ「ワンピース」。

作者の尾田栄一郎さんが「原作で描ききれなかったシーン」を追加することも多く、

私も「マンガを読み、アニメで復習する」というのが唯一毎週の楽しみでした。

昨日も「いつも通りに」HDD録画がスタンバイしているのを偶然目にした後、

買い物に出掛けるべく準備を始めたのが9時35分頃だったと思います。

「本当に偶然」靴下を履いて顔を起こしたところ「HDD録画」のマークが消えました。



慌てて「エラー情報」を確認したところ『電波を感知できません、アンテナの確認を』、

などというメッセージが表示されていましたが「フジテレビ」以外は全て映っていた訳です。

ネットで調べてみたところ「アンテナの設置」に不具合があった場合など、

「一部のチャンネルだけが映らない」というトラブルは実際に多いことが解りました。

表に出てみれば結構な勢いでアンテナはガタガタと揺れ続け明らかに影響ありと判断。

この物件に越してきて以来初めて「ワンピースが録画できなかった」という悲劇が起き、

仕事に出る前にこの事実を聞かされた嫁は『いーよ・・・単行本読むから』と落胆w

確かに本棚には全巻揃っておりますが、嫁はアニメ派であることから不憫に思い、

午後にユーチューブを検索したところ昨日の放送分をアップしてくれた方を発見。

録画こそできませんでしたが何とか今週も見逃さずに済んだことに感謝しております。



それにしても強風だからとチャンネルが映らなくなるのは非常に迷惑な話しです。

繰り返しになりますが『なぜ日曜日にフジテレビだけが』ということが何とも不愉快。

嫁は仕事から帰宅するなり『くそっ、フジテレビに文句言ってやる』と言い出し、

私は『いやいや、アンテナの設置方法の問題だろ?』と本当に言いそうな嫁を制止w

先日の「2階の法人契約者の無断駐車事件」以来、不動産業者にはクレームばかり。

いずれにせよ、この強風が収束するまで様子を見ていく他に打つ手はなさそうですが、

このような苦情が度重なり『あの契約者はクレーマーだ』と思われるのも迷惑な話しです。



皆さん、人は大人になっても「大好きなアニメが観られない」と不機嫌になるようですww

強風でノイズが発生するようなチャンネルは映らなくなる可能性が高いようですから、

そのような現象を目撃した場合はアンテナの設置状況などを事前にチェックしましょう。

もちろん自己判断できない部分は専門業者などに依頼することをお勧め致します。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2014-08-10

裏方という偉大なる存在

裏方(うらかた)の存在無くして表舞台の華やかさは実現されません。

何をもって「裏方」とするのかはビジネスでもスポーツでもあらゆるカテゴリによりますが、

照明をセットしたり、看板を設置したり、あるいは表舞台に立つ者の身の周りのケアなど、

これらは全て「裏方」と呼ばれる人達の「目には映らない努力による成果」だと言えます。



私で言えば「ボクシング」において「これら全ての経験」をすることができました。

プロボクサーとしてリングに上がるという華やかな表舞台にも立たせて頂きましたし、

トレーナーとして選手を育てセコンドとして試合中の選手のケアなども経験致しました。



もちろん選手が試合で勝利するためには「選手自身の努力」が必要不可欠な訳ですが、

実力が拮抗した者同士が試合をし「どちらに勝敗が転がってもおかしくない展開」の場合、

「セコンド陣営が優秀だった側に勝利が呼び込まれるという結末」実はよくあることなんです。

今後私の出身ジムが不利になっても困るため「具体的なセコンディング」は明かせませんが、

とにかく試合中リングの下でも両陣営による「見えないかけひき」が行われているということ。



例えが適切ではないかも知れませんが戦(いくさ)であれば「セコンドは軍師」だと言えます。

選手の両脇にサブのセコンドが就き、うがいやマウスピースの洗浄など身の周りをケアし、

チーフのセコンドが選手と正面から向き合い「試合中の戦略やアドバイス」をする訳です。

事実、試合中の流れを観たセコンドが機転を利かし選手への指示を変えたことにより、

「痛快な逆転劇につながった」という試合は日本海外を問わず数多く存在しています。

『セコンドはただの裏方ではない』と私が断言できる理由は上記したような内容からです。



今現在、私の出身ジムにはかつての教え子が一人だけ現役選手として活躍しています。

一度ブログで紹介したこともありますから毎日読まれている方ならご存知でしょう。

私はトレーナーを引退してからも彼のことは心から応援しておりますが、

自分が担当ではなくなった今、試合を観るために会場へ足を運ぼうとは思いません。

誤解のないように申し上げますが「かつての教え子がかわいい」のは誰でも同じです。

だからこそ私は「お客の目線」で試合を楽しむことなど到底できないということであり、

試合中はセコンド陣の指示が適切か?選手をしっかり休ませているか?が気になります。



うちのジムではありませんが、あまりにもセコンディングが下手なジムも多く、

特に「選手がコーナーに戻っているにも関わらずイスがまだ出ていない」などを観ると、

『一秒でも長く選手を休ませるのがセコンドの務めなのに何やってんだ!」と思う訳です。

もちろん元教え子のセコンドを務めてくれるのはジム在籍時の仲間ですし信頼できますが、

私自身がセコンド目線で観てしまう以上やはり『観ないほうが良い』という結論に達します。

「選手を応援する気持ち」は会場へ足を運ばなくとも変わることはありませんから。

なかなか理解されにくいかもしれませんが『これが私のイズムである』と言うことです。

格闘技の世界から身は引いても、私が一生涯「勝負師」であることに変わりはありません。



皆さん素敵な休日を。



 END

   
2014-08-09

脳機能学的に観るモンキー・D・ルフィ

先日、ブログ開設当初に書いた「コンフォートゾーン」についての記事を再掲載致しましたが、

まだサラリーマンだった3年前の記事を読み返してみると我ながら感慨深いものがあります。

あの頃の記事はメールにてブログ開設のお知らせをした友人数名以外には殆ど知られておらず、

本日は再び編集した3年前の記事を掲載致しますのでご拝読頂ければ幸いです。



120528_183152.jpg




本日のテーマに取り上げるのは漫画「ワンピース」の主人公「モンキー・D・ルフィ」です。

私のブログを何度か覗いた事のある方なら既にご存知だとは思いますが、

「脳機能学的」に観た場合、ルフィの「コンフォートゾーン」は間違いなく「海賊王」です。


* 「コンフォートゾーン」については8月4日の記事にて再解説してあります。 



この「海賊王になる!」というセリフは物語の中で何度も発せられますが、

連載当初から一貫している「ルフィのブレない最終ゴール」であり、

もちろん「ひとつなぎの秘宝(ワンピース)を見つけること」も含まれています。

ルフィが今まで戦ってきた「海賊」たちは、その時点では皆ルフィよりも格上でした。

しかしルフィはその全てを激戦の末勝利し「夢の実現に向けて」突き進んで行きます。

 
何故、ルフィはこれ程までに強いのでしょうか?

「脳機能学的」にはすぐに答えが出ます。

今現在ルフィは「億超えの懸賞金」が付いた「大物ルーキーの一人」に間違いない訳ですが、 

ルフィの頭の中は常に現状に満足する事なく、

自身が最もリアリティを感じられる世界が「海賊王」だということです。




人間の脳は常に「自分が最もリアリティを感じられる世界」を一つしか選択出来ない為、 

ルフィが本気で描いている「海賊王になる」という夢だけが、

彼にとっての 「現実」として「認識」されている訳です。

彼にとってはそれが「現実」ですから実現させる方法さえ分からないとしても、

海賊王になる為のプロセスを「脳が勝手に探し始める」というメカニズムです。

ですから私達も実現させたい夢に本気でリアリティを感じ続けていれば、

「自分が見落としている情報は脳が勝手に探し始める」という機能が働きます。

この現象を「スコトーマが外れる」と言い「脳内革命」が起きたことを意味します。




最後にもう一場面。今となっては初期の頃の激戦となりましたが、

「アラバスタ編」では「王下七武海」の称号を持つ最強の海賊クロコダイルに、

ルフィは散々な「ドリームキラー発言(夢を妨害する行為)」を浴びせられました。


「お前の様なルーキーは、この海にゃあいくらでもいる!」 「小物が!」 

「お前に国は救えない!」 など・・・。
 

しかしルフィはこれら全ての罵倒に対して「反論」し勝利を収めます。




120528_183606.jpg




自身の夢を叶えたい全ての人へ

ドリームキラーの言うことを聞いてはいけません。

また、それに対して反論できないような夢ならば(心の中だけでも良いので)、

あなたにとって「本当に実現させたい夢ではない」ということです。



あなたが本当に叶えたい夢はなんですか?

そして、その世界に「リアリティ」を感じる事ができますか?
  



 END

   
2014-08-08

株式相場、崩落のセレナーデ

6月3日に2ヶ月ぶりの1万5000円台を回復した日経平均株価はその後堅調に推移し、

7月31日には「戻り高値」として1万5759円まで上値を伸ばし7月最後の取引を終了。

結果論となりますがその日を最後に株価は右肩下がりの売り圧力に押され、

本日は遂に1万5000円台を割れ値を戻すことなく取引を終了するという展開に。

2ヶ月をかけてジリジリと値を上げてきたものがわずか7営業日で帳消しとなった訳です。



「オバマ大統領による空爆容認」や「ウクライナ情勢」などの懸念材料は勿論ありますが、

明日から夏休みに入るトレーダーも多いため、どちらにせよ反落したと私は思います。

何度か記事を書きましたが多少のタイムラグはあったとしても「周期的な上げ下げ」は、

材料の有無に関わらず起こり得ることであり紛争問題も今に始まったことではありません。

結局のところ『ポジションを解消して休暇を取りなさい』という結論に達する訳です。

『どんなに強いトレンドでもいつかは必ず終わる』と言う意味がお解かり頂けるでしょう。



家族と旅行に出掛ける方などは保有株の値動きが気になって落ち着かないはずですし、

そのような旅行は全く楽しくありませんから来週のトレードは私のような専業にお任せを。

もちろん私も「田舎に帰省する前日までには」全ポジションを解消するつもりですが、

来週も金曜日まで株式市場は開いていますから当然いつも通りにトレードを行います。



もっとも来週は市場参加者が限定されるため全体的には軟調な展開となるでしょうし、

本日の嫌な終わりかたも尾を引くような雰囲気ですから短期売買に徹するのが無難。

おそらく相場が本格的に動き出すのは来週以降になると私は考えておりますが、

「株価の値動き」が私の言うことを聞くはずなどありませんから予測などは当てにせず、

「当日の動きそうな流れ」に上手く乗ることだけを考えて相場に挑むのが良いでしょう。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2014-08-07

名ばかりの立秋(りっしゅう)

本日は「立秋」です。

暦の上では秋になりましたが表の気温は30℃を超えているようで、

とても『残暑お見舞い申し上げます』などと軽々しく口にはできない状況ですが、

『残暑は・・・暑いざんしょ?』などのオヤジギャグならば飛び交っているかもしれません。



これでは熱中症で搬送される方が年々増加傾向にあるというのも頷けますし、

私達が少年時代を過ごした頃とは比べ物にならないほど平均気温は上昇しています。

事実、私の田舎は東北の秋田ですが夏は扇風機1つで過ごせるほどの避暑地でした。

ところが2年前に帰省した際には「関東圏と全く変わらない」あまりの暑さに驚かされ、

親父にも『30℃を超えた時は家の中に居られない』と言われクーラーのある場所に移動。

実家にエアコンは設置されていないため買い物先や外食先で涼を取ったものです。



親父も私もクーラーで身体が冷えすぎるのが好きではないため無くても困りはしませんが、

やはり30℃を大きく超えた日に関しては秋田でさえ既に避暑地では無くなってしまいます。

今年は母親の三回忌のため帰省することは先日も記事に書いた通りですが、

親父もこの猛暑では気の毒に思いますし早く涼しくなることを願うばかりです。



もちろん私達も年齢に関わらず熱中症を引き起こす危険性は十分にありますから、

こまめな水分・塩分補給に加えエアコンのクーラーを上手に活用するべきでしょう。

私も睡眠時は2~3時間のタイマーをセットし扇風機だけは回したままの状態です。

もっとも身体が暑さに慣れてきたのも事実であり本日は再びパンツ一丁に扇風機w

長年このスタイルで生きてきた「原始的な種族」である私の涼み方に変化は見られず、

「猛暑日の対処法」は人それぞれですが体調管理だけはしっかりと行いたいものです。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2014-08-06

株式相場は夏枯れ中

米国株は大幅調整安となり当面は下げ止まりを確認するような展開が継続中。

一方の日本株は「以外に底堅い」とつい先日ブログに書いたばかりでしたが、

昨日辺りから先物に投機的な売り仕掛けが出ており結局は大きく値を下げることに。



『日本は独歩高を演じ今年の夏枯れはないのでしょうか?』などと私が書いたことで、

この記事を読んだ機関投資家達が『ふ~ん、稲垣が下がらないってほざいてやがる』と、

一致団結して売り崩しを目論んだことは「99%の確率」で間違いないでしょう(根拠なし)。

7~8月に株価が下がりやすいという現象は季節的な要因が強くオカルトではありません。

「夏枯れ相場」とは言い換えれば『ポジションを解消して夏休みを取りなさい』ということ。

市場参加者が減少している月に大幅高を期待するほうが無理のある願望であり、

きちんとリフレッシュした後にトレードを再開するほうがより効率的であるとも言えます。



とは言え一部の好決算銘柄に買いが集中していることも毎年恒例の事実であり、

お盆休み中もトレードを継続する人達の短期資金はそちらに向かうことになります。

私も今年の夏は「母親の三回忌」のため田舎に帰省する予定があることから、

出発前までにはポジションを全て解消しきちんとリフレッシュしてくるつもりです。



そして本日、私が否定的な記事を書いたことをしっかりと確認した機関投資家達が、

『ふ~ん、稲垣が夏枯れだから株価は上がらないんだと』と再び一致団結し、

今週末に向けて株価を押し上げてくることも「99%の確率」で間違いないでしょうw

ですから私の記事を読んだトレーダーの方は真逆のことをすれば利益が得られるはずww

本日はダラダラと値を下げる展開に久しぶりの「カリスマ監視員」を務めておりましたが、

これから残り1時間の相場を再び粘り強く監視すべく(?)マーケットに戻りたいと思います。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2014-08-05

「コンフォートゾーン」について

本日の記事はブログを立ち上げた「2012年5月」に私が書いたものですが、

ブログの名称も新たに「原点に返る」という意味で一部を編集して再掲載致します。



* 「コンフォートゾーン」という用語をご存知ですか? 

これについて書かれている(本の一部で触れている)書籍は複数冊存在します。

私も何冊か自宅に保管してありますがその著者の中でも10冊以上購読しており、 

「カーネギーメロン大学」の博士で日本唯一の「認知科学者」としても知られている、

苫米地英人(とまべちひでと)博士の本です。(オウム真理教の信者の洗脳を解いた人)。

2014年現在、私と苫米地博士はTwitterで相互フォローの関係にあります。



「コンフォートゾーン」とは、脳機能学的には「現状」を意味します。

つまり「自分が一番居心地の良い空間」でリラックスできる状態にあり、

否定的な言い方をすれば「居心地が良いと思い込んでいる世界」のことです。

「脳」は常に自分が最も「リアリティを感じられる世界」を一つしか選択できません。

これは「ゲシュタルト」と呼ばれるものです。



例えば「僕は数学のテストの平均点は大体60点位の人間だ」と思っている学生がいて、 

「その生徒が次のテストで、たまたま80点を取ってしまった」そうすると何が起きるか?

彼は数学のテストの結果が「自分のコンフォートゾーン」に対して20点も多かった訳で、

「コンフォートゾーンが平均80点の人間」という「ゲシュタルト」を脳が選択しない限り、

その空間は居心地が悪いため必ず元の「平均60点の自分」に戻ろうとします。

つまり自分が「居心地が良いと思い込んでる世界」より20点も多く取ってしまった為、

どこかで必ず40点を取って、はみ出してしまった分を無意識下で調整しようとする訳です。



今回の話しも一度では説明しきれない為かなり詰めてしまいましたが、

「年収500万円」の人が「年収2000万円」になる為には、

年収2000万円の「コンフォートゾーン」へ移動する必要がある訳です。

その為には「スコトーマ」と呼ばれる心理的盲点を外さなければなりません。

私も苫米地博士の本に衝撃を受け「コンフォートゾーン」を動かすトレーニングを行い、

そこから4年後の2012年12月に脱サラを達成し現在に至るという経緯です。



尚、私は信仰している宗教等は一切ございませんし本日の記事に関しては、

「如何わしいサイト等に誘導する類のものではない」事を改めてお断りしておきます。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2014-08-04

「Y's BAR 」終了のお知らせ

3年間に渡り「Y's BAR 」をご訪問下さった皆様、本当にありがとうございました。

誰かのお役に立てる情報を配信できればと「私なりに」精一杯連載を続けてきたつもりです。

しかし・・・残念ながら、『体力の限界くっ・・・気力も無くなり閉店することになりました』。



ん?このセリフ、誰かの引退会見に似ているような・・・。



・・・ないなっ!!

ないないっ!!
(ブログ界のウルフ宣言)



と、言うことで(?)ブログの名称を「Y's Works」に変更致しました。

昨日の記事にある飲み会で為替トレーダーのH野さんと話しをしていた際、

私のブログが「Y's BAR 」と言う名称だと以前ポッチンさんに教えてもらったそうで、

検索してみたところ「Y's BAR 」という名称の飲食店が物凄い数で実在しているらしく、

ブログのURLを知らないH野さんはなかなか私のブログに到達できなかったそうですww



『う~ん・・・それはまずいな』と今回の決断に至った次第であります。

いえ、はっきり申し上げますと『俺、BARなんて経営してねえし』ということですw

もちろん『BARが好きだから』という理由でこの名称に決めたという経緯はありますが、

飲食店を検索したい方が私のブログ名称を観て勘違いされることもあるでしょうから、

ここは本業で「Y's BAR 」を経営されている方々に配慮し潔く撤退することに致します。



もっとも名称変更以外ブログのコンセプトは全く変わることはございませんので、

訪問者の皆様に置かれましては引き続き当ブログをご観覧頂ければ幸いです。

今後共「Y's Works」を宜しくお願い申し上げます。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2014-08-03

おでこマイク先輩

昨日はポッチンさんが院長を務める歯科医院で診療を受ける予約を入れてありました。

いえ・・・ポッチンさんが「土曜日を選択させた」と言ったほうがより真実に近いでしょう。

私が来る前には以前ポッチンさんを介して知り合った「H野さん」も来院していたとか。

私は「株式の専業トレーダー」ですがH野さんは現在「為替の専業トレーダー」をしており、

単に飲みに出掛けたかったポッチンさんの策略通り3人で会合を開くことになりましたww



私以外は夕食を取っていなかった為、私の行きつけの居酒屋でやきとりなどを楽しんだ後、

帰り際にはママから『これから夜のパトロールですか?』と声を掛けられつつ店を後にし、

300m程度の短い夜道をパトロールしながらポッチンさん行きつけのスナックに到着。

すると、居たんです・・・久しぶりに「あの人」が。

以前このブログでも紹介しましたが「おでこにマイクを付けてカラオケを歌うお客さん」です。







前回は後ろから写真を撮るだけでしたが私は今回積極的に声を掛けました。

私:『え~と、すみません・・・おでこにマイクくっ付けて歌う先輩ですよね?』

おでこマイク先輩:『はいっ?あ、そうですそうです!!』とすっかり打ち解け(?)、

もちろんこの日も得意のナンバーをおでこ節で見事に披露してくれました。

おでこにマイクを固定したままですが「本当に」声が良く通るんですww







最後になりますが、おでこマイク先輩・・・あんた誰だよ?www

皆さん素敵な休日を。



 END

   
2014-08-02

子供達の天才的発想力

「脳機能学」で考えた場合、生まれてきた赤ん坊は全て「天才である」と言えます。

不幸にも「脳に障害を持って生まれた場合」はその定義に収まらない例もありますが、

健常者で生まれた沢山の赤ん坊が「天才で無くなる」のは生後の環境に問題があります。



幼い子供ほど「発想が柔軟」で「固定観念に縛られていない」ことは皆さんもご存知でしょう。

それは単に「知識の量が少ないせい」であり教育によって身に付けていくものだからです。

それを『お友達がマネすると怒られるから止めなさい』や『人間にはできないんだよ』などと、

「固定観念に縛られた」我々大人の誤った教育方針が「柔軟な発想」を阻害する要因となり、

「教育者本人の常識」の中に少しずつ洗脳されて行き天才では無くなるというのが定義です。



また「クリティカルエイジ」と呼ばれる遺伝的に決められている身体の各器官の機能も、

発達年齢がある程度定められており「言語」であれば8~13歳くらいだと言われています。

幼少期をアメリカなどで過ごした子供であればほぼ間違いなくバイリンガルになりますが、

大人になってから英語を学んでもネイティブと全く同じ発音で話せないのはそのためです。

ですから留学は無理でも子供を英語のネイティブスピーカーにしたいと考えている方は、

「絶対に」ネイティブの方が話している英語を幼い頃から耳で聴かせるようにして下さい。

もしもあなたがバイリンガルであるのならば完璧です。

「家では英語だけで会話をし外では日本語で生活する」ことで言語の区別も身に付きますから。



また「子供達の天才的発想力」の良い例が今や国民的人気マンガ(アニメ)の1つであり、

私も小学生の頃から読んでいた鳥山明さん原作の「ドラゴンボール」で表現されています。

「天下一武道会」などで連載当初から人気はありましたが更に人気を拡大させたのは、

「べジータの登場」や「宇宙最強のフリーザ」や「伝説のスーパーサイヤ人」のシリーズです。

あれ以降のシリーズは加速度を増して人気があり、今でも再放送されているほどですから。



では子供達がどのように関与していたのかと申しますと鳥山さん(もしくは事務所)サイドの、

『今後、ドラゴンボールでどんなことが起きたら楽しいと思いますか?』という問いかけに、

ファンの子供達からたくさんのアイディアが寄せられその後のシリーズに使われたそうです。

2人の戦士が同じポーズを取って合体する「フュージョン」などはまさにその1例であり、

ネーミングは鳥山さんかもしれませんが「変身するという概念」は子供達の発想でした。

子供が考えた「ワクワクする発想」ですから子供に人気があるのは当然のことだと思います。



このように子供達の奇抜なアイディアは時として大人をも凌駕するレベルであると言えます。

起業家の方や営業マンの方も『子供だから』と見下したりせずに行き詰った時などは、

思い切って子供のアイディアに耳を傾けてみるのも「立派な1つの手段」になり得ます。

「次世代のヒット商品」を生み出すような斬新なアイディアが飛び出すかも知れませんよ。

いずれにせよ「天才を天才のままで育て上げる」ということは我々大人の責務であり、

小さいお子さんが居る方は「脳機能学」に基づいた正しい教育法を学ぶべきだと考えます。



皆さん素敵な週末を。



 END

   
Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground