FC2ブログ
2013-01-31

カリスマ修行僧、一ヶ月目が終了

 カリスマ修行僧とはおそらく、
「スーパー洗湯」などの打たせ湯で、
滝に打たれる擬似体験で修行する輩のことであろう。
・・・はい、テキトーなこと言ってます。 (ー_ー)!!

 暗くなる前にロードワークと筋トレを済ませ、
先程「投資&トレード」のノートをまとめました。

本日、最初の「月間トレード収支」が出ました。

一日で得られる利益は、大きい時もあれば小さい時もありますが、
これを公表し始めると 無意識下で「数字を良く見せたい」というから
やらなくてもいい余計なトレードをしてしまう可能性があるため、
具体的な金額は基本的に書かないことにします。

まあ、昔ボクサーだった絡みもありますので、
「株式市場 VS 私」として「戦績」をご報告致します。

<2013年1月 月間トレード戦績>18戦14勝2敗2引き分け 

と、なりました。
「引き分け」とは、プラス/マイナス 差し引き0円の日です。

もちろん、「サラリーマン時代の収入を越えている」ということだけは、
心配している友人達のためにキチンと公言させて頂きます。

明日は、月始めでありながら週末です。

私も、更にトレードの精度を高めるべく
ワクワクしながらも油断することなく真剣に
「株式市場」という名のリングに向き合いたいと思います。

 ~END~

スポンサーサイト



   
2013-01-30

帰ってきた、カリスマ監視員

 世に「カリスマトレーダー」と呼ばれし者、幾人かありけり。

じゃっどん、「カリスマ監視員」と呼ばれる者は稀有なり。

・・・私のことですが、何か問題でも? (ーー゛)

 本日のトレードですが、
昨日の大引け(取引終わり)間際に買い越した「海運銘柄」158円の玉を、
寄り(始まり)で161円スタートのタイミングですぐに利確。

その後、163円(本日の最高値)からすぐに下げてきた所を
再び161円で買い、162円で利確。

と、30分で2回売り抜け順調なスタートだったんです。

しかし、ここから前場(午前)が終わるまで
161円~162円の間を永遠と行ったり来たり。
昨日より値動きが悪く、本日も1円抜きに徹していましたが
私の注文までは届かず終了。
午後も大引けで大きく動いた以外は終日同じ流れでした。

結局、後場(午後)もなんとか2回売り抜けて、
合計4回の利確でした。
前日の半分にも満たない回数でした。

その日に出来高が盛り上がっている銘柄に飛び乗れば
すぐに売買は可能ですが、ファンドのカモになるのがオチです。
私はもう「飛びつき買い」はしないと決めているんです。

それに私は、今トレードしている海運株で負けたことが一度もないので、
浮気はせずに値動きが悪いなりの戦い方ができれば良いと思っています。

その日のお祭り銘柄で派手な勝負をし
160万勝った、200万負けたというトレードブログのほうが
確かに人気はありますが、私はマネしようとは思いません。

自分と相性の良い銘柄と出会えたなら、
その銘柄でしつこく売買を繰り返すことで相場の呼吸を覚え、
後はひたすら負けないトレードの精度を高めるだけです。

まだ、専業トレーダーを始めて一ヶ月目ですし、
私の挑戦は始まったばかりです。

 かなりタイトルからかけ離れてしまいましたが(笑)、
利確できた4回のトレード以外はひたすら監視員をやってました。
誰がどんなヘマをやらかしているか、
上手く売り抜けているトレーダーの仕掛けるタイミングなど、
研究もトレードの一つだと位置付けています。

 最後になりますが、
以前この「カリスマ監視員」ネタを書くという話しをした時に、
うちの嫁に突っ込まれてしまいました。

嫁 : 「自分で言ってる奴なんか、カリスマでも何でもないよ。」

私も負けじとカウンターで切り返しました。

私 : 「おめーよ、ただのネタに決まってんだろうが!」
「だいたいな・・・監視員な時点で、カリスマなんて呼ばれねえんだよ。」


二人 : 「・・・。」


 一・触・即・発っ (゚Д゚)ノ  ぴょん♪


皆さん、素敵な夜を (ー_ー)

 ~END~

   
2013-01-29

秘技!1円抜き

 まあ、別に秘技でも何でもないんですけど(笑)。

株のトレードをしている人がよくやる手法の一つですが、
買い(売り)を建てた値段から1円動いたところで
利益を確定させる
というものです。

300円で10万株の買いを入れ、301円で売れば
10万円の利益という具合です。

もちろん逆に動いて耐えられなければ10万のマイナスです。

ですから私は、一度に大きなポジションを取ってしまう事で、
冷静な判断ができなくなることが嫌なので、2~3万株くらいで入ります。
動きそうなタイミングで新しいポジションを取りにいくのが私のスタイルです。
これを時間の許す限り何度も繰り返すわけです。

一気に買うやり方よりも手数料はかかりますが、
余力のほうがはるかに多いため、真逆に動いても冷静でいられます

本日は海運株でトレードをしました。

朝方安く寄りついた後、先物に連動して上昇しましたが
そこからは大きな値動きはなく、
良く言えば株高に支えられて堅調推移でした。

 投資家としての私が現物保有中の銘柄は大きく上昇し、
すでに「3ケタ」の含み益となっています。
こちらは、下げトレンドに入らない限り保有します。

しかし、デイトレに関しては、上でも下でも動いてくれないことには
仕掛けようがありません。


結局、157~161円の間で安定的に動いていたので、
158~160円の値幅でひたすら円抜きを繰り返してました

下で買い~上で利確、上でカラ売り~下で買い戻し

よく失敗したトレードの話し
売りと買いの注文を間違えたっていうのがありますが
今日、その意味が解りました。
同じ銘柄で、「売り玉」 と 「買い玉」 両方に指値を入れていると、
「うっかり間違い」が起こる可能性は十分にありますね。

今日は間違わずにトレードをやりきりましたが、
気をつけないといけません。

 ~END~

   
2013-01-28

正しいと信じていることにBESTを尽くそう!

 ここで言う「正しい」とは、
あなたが本心から「正しい」と信じていること全てです

それが私にとって正しいことなのかは判りませんが、
人それぞれの人生観ですから他人の評価は関係ありません。
そういう認識で読んでいただければ幸いです。

仕事でも趣味でも、あるいは人間関係だったとしても
自らの正しい行いが、必ずしも良い結果に結びつくとは限らない
大なり小なり、皆さんそんな経験をしたことはあると思います。

逆に、正しくないと思いながらも
結果的に上手くいったこと
もあるでしょう。

しかし、後者のように「自分が納得できてないメンタリティ」
たまたま上手くいったとしても、それでは次に繋がりません。

たとえ周りに評価されようとも、
自分だけはベストを尽くせなかった真実を知っています。

「正しいと信じている」ことにベストを尽くしましょう。

良い結果が出ないことは、決して失敗ではありません

重要なのは「ベストを尽くした結果」なのか、
そうではないのか、ただそれだけです。

そして、「正しいことを良い結果に結びつける」というライフスタイルで、
それを積み重ねていくことが大切だと考えます。

始めた時、「良い結果に結びつく」という保証がないのは、
全員に等しい条件です。それが不正でないのなら。

だからこそ、結果を恐れず
自分が「正しい」と信じることに対してベストを尽くしましょう

「今日」と言う日は、二度と帰って来ないのだから

 ~END~

   
2013-01-27

ヘッジファンドがカラ売りを検討する基準

 * ヘッジファンド(英語: hedge fund)は、代替投資の一つ。
通常は、機関投資家富裕層などから私的に大規模な資金を集め
金融派生商品などを活用した様々な手法で運用するファンドのこと。

 本日のタイトルに関しての記事を書く上で、
どうしても引用したい本文がありますので紹介します。

 ジャック・D・シュワッガー 著
~「続マーケットの魔術師」
より一部引用~

「人は売りたいからではなく、売る以外に手がないから、全てを売るんだ。
 *(中略)
買える株よりも空売りできる株を見つけるほうが楽なんだよ。
優れた会社よりも破綻しそうな会社のほうが、簡単に見つけられる。
良い経営よりも、悪い経営のほうが見つけやすい。」
 (ヘッジファンド・マネージャー : トム・クローガス)


これとは逆に、ファンダメンタルズが良い「優良企業」は、
下がると予測できても空売りはかけたくないと、
別のポートフォリオ・マネージャーが語っていました。

 上記の2点で何が解るのか。

結局、まっとうな事をしていない「国」や「企業」が狙われるんです

市場に大ダメージを与えた、「ギリシャ」「オリンパス」のように。

「優良企業をカラ売りしたくない」というのは、
別な解釈の仕方も存在しますが、
やはりヘッジファンドのマネージャーやCEOだって人の子です
愛する奥さんや子供がいる人間です。

そこにおいて、
「世の中のため、本当に正しいこと」をしようと、
コストを抑えながら努力している国や企業が、
一時的な景気の低迷の煽りで株価を下げているとした時に
はたして「売り潰してやろう」と考えるでしょうか?

彼らの企業分析力は本当にすごくて、
数字をごまかしている企業などを完璧に割り出します。
ですから、成績優秀なヘッジファンドに目を付けられたら
近い将来間違いなくその銘柄は大暴落します。

個人投資家が気づいていない段階から、
株価が天井をつけるまで大量の「売り玉」を仕込みます。

狙われた企業が、
本当にまっとうなことをしていないのだとしたら、
同情の余地はないし、ある意味「経済制裁」と同じですよね。

日本だって例外ではありません。
「安倍内閣」の取り組みが本気の改革でなかった場合、
ヘッジファンドは再び攻撃してくるでしょう

今現在、日本の株式市場は期待先行型で上向いています
安倍内閣が予想外に頑張り、これが偽りでなく完全に実需を伴い
本物の「長期上昇相場」になることを願うばかりです。

 ~END~

   
2013-01-26

天才は道化師を演じる

 国民的タレントで映画監督でもある、
「ビートたけし」こと北野武さん。

現在の彼が往年のギャグをテレビで披露したり
下ネタを言って周りを笑わせたりしているのを観た時に、
彼の芸能界での実績をを知っている人であれば、
「この人は頭が悪いな」
とは思わないでしょう。

なぜなら、日本屈指のお笑い芸人としての知名度、
そして映画監督として海外からの評価も高いという
ネームバリューがあるからです。

私もリスペクトしています。

政治・経済に関してもそうです。
周りの意見に対して中立的な立場を取りながらも、
的を得た鋭いコメントが際立ちます。

彼がまだ「駆け出しの芸人」だった頃に、
現在のような将来性を見抜いていた人
一体どれくらいいたんでしょうか?

 以前の記事でも紹介しましたが、
美輪明宏さんは新人だった頃のたけしさんを見て
「この子は将来大物になる」と見抜いていた
そうです。

また、それを聞いて笑っていたタレントに対しては
「バカに天才は見抜けない」
とも思っていたそうです。

 私には行きつけのBARが5軒ありますが、
席が空いている限りカウンターで飲みます

何故カウンターなのかというと、
一人でBARのカウンターに座るような人は「個性的」な人が多く、
相当お酒に関しての知識が深いか、
誰とでも渡り合えるくらいのボキャブラリーの持ち主、
という場合が多いからです。

いずれにせよ、
「頭が切れて自分に自信がある人」、が多いです。

中には、明らかに「間違った知識」を大きな声で
隣の女性に、得意げで話しているお客さんもいますが・・・。

お酒が入っていても、道化師のようにふざけていても、
頭の切れる人間「言葉の使い方」「周りの人を惹きつける話し」を、
嫌味のないレベルで上手に投げ込んできます。

そして、一見ふざけているだけの話しの中にも
言葉の端々に知性が見え隠れします

私も、真剣な会話笑いのエッセンスがある会話
相手のテーマに応じてどちらでも柔軟に対応できますが、
やはり知性のある人との会話はとても楽しいです

自分も与え、相手から得るものがありますから

私など、ガラが悪いほうなので
そんな風貌で政治・経済の話しをするもんだから
初対面の人にはそのギャップに驚かれます(笑)。

見た目が重要なのは解っていますが、
それだけで相手の器を図るのは早計です。

隣の席に座った「独創的な話し」をするヤンキー風のお兄さんが、
将来「偉業を達成する人」かもしれないんですから。

あなたも、そして私も。

 ~END~

   
2013-01-25

妄想劇場

 物理空間夢を実現させるための概念を
いつも一人で熱く語っている私ですが、
本日はそんな物理空間の時空を超え
現代科学では実現不可能なレベルで夢を語りましょう。

いわゆる、妄想(もうそう)ってやつです(笑)。

まず、私がなりたいのは
「地球上最強の生物」と呼ばれる存在です。

はい、あのマンガに登場する範馬勇次郎と同じ存在です。

そして恐竜が生息していた頃の地球
ドラえもんのタイムマシンで連れていってもらいます。

え?

何するの? ですか?

決まってるじゃないですか。

私は地球上最強なんですよ (=_=)おほほほ。


ぶっ倒して食う!!

どどん (ーー゛)!!



肉食の私は、一度「恐竜の丸焼き」が食べてみたいんです。

美味しそうですよね~。
やはりと同じで、草食の恐竜のほうが美味しい肉なんでしょうか?

そして、宴(うたげ)の席に酒は付き物・・・。
「ボルドー産の赤ワイン」を樽で買い付け、
一緒に持っていくとしましょう。

 そんな我が家の夕食は、
分厚いポークソテーアボカドのサラダ
バルサミコ酢でなんちゃら~だそうです。

妄想しすぎてお腹が減ってきましたので、
この辺で失礼することにしましょう(笑)。

皆さん、良い週末を・・・ 肉っ(・∀・)!
 
 ~END~

   
2013-01-24

FC2ブログから受けたストレス

 FC2ブログを利用して記事を書いている方なら、
本日のタイトルが意味するところはお分かりでしょう。

本日の正午前くらいに発生した、
「ブログの管理画面」に長時間ログインできないというトラブル

インターネットで接続できないなんてのはよくあることですから、
最初は気にせず少し時間を置いてから再度ログイン・・・。

4回目も全くページが表示せず、
おかしいなと感じつつ原因を診断すると

「サーバーが見つかりません」と。

同じ経験のある方やプログラミングに詳しい方なら、
すぐに原因を理解できたのかもしれませんが、
私はてっきり「他人に不正ログインされた」と
本気で疑ってしまいました。


悪用されるくらいならブログを凍結してもらおうと、
FC2ブログの問い合わせ画面で調べていると、
「現在メンテナンス中」だと見つけにくいページに報告が・・・。

ログインする画面に
そのメッセージ表示させるとか
できないの?


私がブログを始めてから8ヶ月経ちましたが、
数十分程度のトラブルなら度々ありました。

しかし本日のはひどすぎます。
午後の取引が始まってからは確認している暇はないため
結局、取引終了を待って3時過ぎにようやく利用可能に

午前と午後の2回更新している方もいらっしゃいますから、
本当に大ひんしゅくでしたね(ーー゛)。

長時間に及ぶ「アクシデント関連」の報告は、
もっと明確で簡単に確認できるようにして欲しいです。
FC2ブログ以外でも、このようなトラブルはあるのでしょうか?
今度聞いてみたいですね。

本日はそんな、予想外のストレスに見舞われた一日でした。

 ~END~

   
2013-01-23

実社会は無差別級の戦いである

 私はプロボクサーだった頃を今振り返ると、
「なんて平等で公正な競技なんだろう」
と思ってしまいます。
階級別になっている他の競技もそうです。

例外的なミスマッチも時にはありますが、
同じリミットの体重戦績(実力)もそれほどかけ離れてない
両陣営が納得した上でマッチメイクされる訳ですから
実力が拮抗した名勝負が起こりえるのは当然です。

 しかし、実社会ではめったにありません

ちょっと野蛮な例えで申し訳ありませんが、
殴り合い(取っ組み合い)のケンカをしたことのある方なら、
すぐに納得してくれると思います。

体感的には長く感じるものですが、
実際に決着がつくまでは1分くらいしかかかりません。

それはなぜか?

簡単です。
どちらか一方の実力が圧倒的に上だからです。

ケンカに限らず、実社会はこのような実力差社会なのが現実です。

 株のトレードだってそうです。

数千万円の資金で、300億動かしているプロのトレーダー
株式市場という同じ土俵でポジションを取り合うわけですから、
真っ向勝負では生き残れるはずがありません。

ですが、実力差があるからとあきらめるのか
実力差を認めた上で、「頭を使い」相手を出し抜こうとするのかで
人生は劇的に変化すると私は思います。

 私は、わずか2千の兵力だった「織田信長」軍が、
推定 3~5万の総兵力と言われた今川義元の軍
兵力が分散していたタイミングで奇襲し、逆転勝利する話が大好きです。

「実力で劣っている」というのは確かに不利ですが、
「絶対に勝てない」という理由にはなりません!


人間は「優れた知能」という地球上生命体の中で、
もっとも強力な武器を持ち合わせています。
これを生かさないのは絶対に損ですよね。

だからこそ、「自分の頭に投資する」ことは大切なんです。

 ~END~

   
2013-01-22

一貫性のあるトレード

年明けから株式市場が開いている日は、
毎日トレードをしています。

とにかく今は「自分のスタイルを確立させる」ために、
毎日貪欲にガツガツと売買を続けています。

納得できたトレードもあれば、
深読みしすぎて乗り遅れ利益が少しになってしまったもの、
直感で「買い方」から「売り方」にシフトし、
買いで出した損失を全て取り返した日もありました。

投資家
としてサラリーマン時代から保有している株も
しっかりと管理しながら、トレードの精度を高めています

私の知識と経験、全てをぶつけて取り組んでいますので
本日22日現在で「1日のトータル収支」がマイナスだった日
2回だけです。

慎重になりすぎて、大きな値幅を取り損ねた時が一番悔しいトレードです。
いえ、金額の問題ではなく
「自分の予測が結果的中していたのに、すぐ入れなかった」
という、一瞬の心の迷いが収入の大きさを変えてしまうという点です。

これは、他の仕事やスポーツにも共通していることです

逆に言えば、慎重だから損失も少ないんですが。
とにかく今は、負けないトレードを磨き続けて生き残り
月間トータルのプラス収支を積み上げていきます。

そのためにも「一貫性のあるトレード」をしていきます。

よく、買い(売り)値より 〇〇円下がった(上がった)ら ロスカット(損切り)
というルールを設けているトレーダーはたくさんいますが、
大きな損失に繋がるのはそれを守れなかった時です。

「この前はここから戻したから少し粘ろう」や、
「今夜は先物が上げそうだから買い越そう」などです。

すでに自分が設定したロスカットラインを割っているのにも関わらずです。
たとえその後、株価が戻りたまたま利益になったとしても
これは「悪いトレード」と言わざるを得ません。

私は、これでは生き残れないと思います。

私はロスカットラインなど銘柄によっては設けませんが、
「この銘柄は、新安値を付けない限り買い下がる」
と決めれば根拠が崩れない限り買い続けます。

逆に「自分が入った根拠」が崩れたら、たとえ1円下がっただけでも降ります。
その後、急反発したとしても関係ありません。

それは結果論であり、自分の立てた「シナリオ」が覆された時点で
真逆の方向に株価が動く確率のほうが高かった訳ですから。

自分はなぜその値段で買い(売り)を入れるのか?
その根拠をキチンと説明できなければ、ただの班長博打(はんちょうばくち)です。

これからも自分の売買根拠を明確にし、
一貫性のあるトレードをしていきます。

 ~END~

   
2013-01-21

体内年齢が29歳でした

 私達夫婦が結婚する時に、嫁の友人一同から
「結婚祝いに何が欲しい?」と聞かれたらしく、
嫁は「体脂肪測定器の高いやつ」と答えたそうで
挙式の後、確かに高そうな体脂肪計が我が家にやってきました(笑)。

何故、こんな話しが出たのかというと
私達は結婚する前から4年間同棲していたんですが、
嫁が「友達にプレゼントしそこなった」という
タニタの体脂肪計を車に積みっぱなしだというので
一万円で私が買い取ったんです。(新品で9800円位だったとの事)

しかし、1年位で計測結果が出る画面に黒い斑点が付いてしまい
数値がよく見えなくなってしまったんです。
おそらく何かを落として画面を損傷したのでしょう。
私に覚えはないし、嫁も見覚えはないと言っていたんですが
私が買い取ってくれていたことを不憫に思ったようで
良い機会だから新しいのを買いましょうという運びとなった訳です。

前の測定器も、「体重」と「体脂肪率」と「体内年齢」は測定されましたが

今使っている器具は「体重」はもちろん、
「体脂肪率」「体内年齢」「基礎代謝」「内蔵脂肪」「骨量」「体内水分」
そして「筋肉量」まで表示されるんです。

 今年から本格的なトレーニングを復活させたので、
わずか半月でかなり効果が出ています。

「大胸筋」「広背筋」「上腕三頭筋」「大腿四頭筋」「腓腹筋」
肉眼ではっきり判るほど分厚くなってきました。

そして、31~34歳の辺りをウロウロしていた
「体内年齢」の測定値が、本日ついに29歳となったんです。
単なる自己満足ですが、やはり数値が良くなってくると嬉しいですよね。

プロボクサーを引退してから13年経ちますが、
それ以降では今が一番引き締まった身体です。
40歳から「格闘ボディ」を取り戻す生活は実に楽しいです。

今、嫁が晩ご飯を作ってくれていますが、
豆腐と豚肉を使った料理大盛りのサラダで、
今日も頑張ってくれた筋肉に、しっかりと栄養を取らせてあげようと思います。

 ~END~

   
2013-01-20

続マーケットの魔術師 (ウィザードブックシリーズ)

続マーケットの魔術師 (ウィザードブックシリーズ)続マーケットの魔術師 (ウィザードブックシリーズ)
(2012/12/08)
ジャック・D・シュワッガー

商品詳細を見る


 これは、ジャック・D・シュワッガー

「マーケットの魔術師」シリーズの第4弾で、

10年ぶりの新作です。

 10年前の私は「投資」の「と」の字も知らなかったので、
このシリーズを読んだことはありませんでしたが、
「伝説のトレーダー」「これから伝説になるトレーダー」達の
インタビューを書籍化したもので
「全てのトレーダーにとっての必読書」と呼ばれているそうです。

写真はアマゾンから引っぱってきたものですが、
本日書店で見つけてしまい、30ページほど読んでみました。

膨大な金額を動かし続けるカリスマトレーダー達の
トレードに対してのメンタリティ人生観
取引手法などを熱く語ってくれてます。
読んでいたら鳥肌が立ってしまい、もちろん購入してきました。

544ページという分厚さであるにも関わらず、
投資本の中では一番小さな字で、びっしり書き込まれています。
私が今まで読んだ、投資やトレードに関連した書籍
「5冊分くらいの情報量」だと言えばわかりやすいでしょうか。

これで2800円(税別)は安すぎます。

もちろん、「この情報を必要としている人にとって」
という意味でです。

 これからロードワークに出かけますが、
本日のワークはこれで全部終わりにします。
一晩では読みきれない情報量ですが、
早く読みたくてワクワクしています。

皆さん、素敵な夜を。

 ~END~

   
2013-01-19

自分のドラマを製作しよう

 皆さんは、これからどんな人生を歩んでみたいですか?

これからの自分の未来を、ドラマの製作者になったつもりで
ノートに書き込んでいきましょう


「主人公」は、勿論あなたです。
あなたの人生ですから、他に代役はいません。

製作条件はたった一つだけ。

あなたが本当になりたい(なりたかった)自分を
ドラマの主人公にして下さい。


「本当になりたい自分」のストーリーを作成するんだから、
絶対にワクワクするようなシナリオになるはずです。

日常生活のしがらみや過去の自分がどうだったかは、
一切関係ない
ので全てを無視して未来だけを見据えて下さい

シナリオを早く完成させる方法を教えますね。

一番最初に「エンディング」の内容を決めてしまうんです。

なりたい自分になっている、
あなたが到達したいゴールを最初に決めましょう。
これが決まらないことには物語は始まりません。
テレビなどを観ながら書くのは止めて、
真剣に「心から」ワクワクできるようなゴールを設定してみましょう。

それはどんな内容なんでしょうか?
今のあなたに出来るかどうかは無視して下さいね。
ワクワクするようなドラマを制作中なんですから

ゴールの設定が完了した瞬間、
今のあなたと未来のあなたをつなぐタイムラインが出来上がりました。

あなたがどうやってゴールに到達するかは、
全て未来のあなたが教えてくれます。

決して過去の自分には聞かないで下さい。

あなたは頭の中で、
もう既にゴールに到達しているような臨場感を持ったまま
日々の生活を送って下さい。
どんなことがあってもゴール側の自分が本当の自分だと、
何があっても信じ続けて下さい。


そして視野を広げ視点を高くして
物事をとらえる習慣を身につけましょう。

家族や友人の幸せを願うなら、「全世界」の幸せを願いましょう。

このように「抽象度の高い思考」をしながら生活していると、
今の自分には分からない「ゴールへ到達するための方法」
ゴール側から順番に見えるようになってきます。

 今日の記事は、リアルな夢の叶え方です。

私が自分のドラマのシナリオを書いたのは、
今から4年前のことです。

予定より1年遅れてしまいましたが、
昨年会社を辞め、私が主人公のドラマは既に始まっています

もしも途中でゴールが変わったら、自由に書き換えていいんです

製作者はあなたですし、ゴールが変わったということは
おそらくあなたが実際に行動を起こした結果
「本当にやりたいことは別なことだった」
と、気づいた証拠なんです。

私が先陣をきって始めた、
「夢を叶えるための生き方」
あなたにだってできますよ!
資格も学歴もいらないんですから。

さあ、今からペンとノートを手に取って
「ワクワクするゴール」のシナリオを書いてみましょう。


 ~END~

   
2013-01-18

GDP

 本日の記事は「GDP」についてですが、
すでにニュースなどで報じられている

中国政府が18日に発表した、
2012年の国内総生産(GDP)実質成長率(速報値)は、
7.8%
とアジア通貨危機の影響で落ち込んだ99年(7.6%)以来、
13年ぶりに8%を割り込んだ。」

という内容に対してのものではありません。
いわゆる「中国バブルの崩壊」が懸念されていますが、
政治・経済に興味があって訪問して下さった方、
私も嫌いじゃないんですが、上記の内容については
「株式投資」の記事の時にでも書かせて下さい。

真面目な話しはここで終わりです。
私のブログに訪問頂き、感謝します。

 本題に入りますが、上記の内容でないのなら
なぜ本日のタイトルが「GDP」なのか? ということです。

今年は、ブログで小説でも書いてみようかな?
と思いまして、構想を練っていたところ
「週間少年マガジン」に連載されていた
「GTO」~グレート・ティーチャー・オニヅカ~
が、なぜか頭をよぎったんです。

タイトルだけは、すぐに出来上がりました。
それが本日のタイトルであり、頭文字の指す意味



 G (グレート)

 D (デンティスト)

 P (ポッチン)

ですっ(ーー゛) どどん!!




・・・誰ですか? (・∀・)キャハッ

ポッチンさんとは、時々コメントをくれる友人の歯科医の先生が、
「投稿用のニックネーム」に使っている名前です。

日本一の歯科医を目指す、先祖代々「医者の家系」に生まれた男を
かつてない「壮大なスケール」で書こうと鼻息を荒くしていたのですが、
一つだけ重大な見落としがありました。


あ! そういえば俺、
歯医者のこと何にも知らねえや(・∀・)
おほほほ

ということで、
構想初日で「企画倒れ」になったことを、ここにご報告致します。

ポッチン先生、明日の「サミット」楽しみにしています。

 ~END~

   
2013-01-17

あなたが投げた、そこが底!

 本日の株式市場ですが、
昨日の大幅安の流れを引き継いで荒れましたね。

日経225先物がプラス圏に戻して引けたため、
朝方こそ買い優性でスタートしましたが、
その後すぐに強い「売り圧力」に押され
後場(午後)に入ってからも強烈に売り崩されていきました

しかし、上昇局面の割安感
再び「円安・ドル高」の動きに連動し、
引けにかけての強烈な買い戻しで前日終値を上回って終了

上がっても下がっても利益を得る「トレーダー」にとっては、
大いに盛り上がった相場でした。

 私はというと、昨日の大幅安で「絶対にしこりが残る」と考え、
昨日の引け間際に319円と317円「カラ売り」をかけて
建玉を持ち越しておきました。
先物が上げたのは予想外でしたが、
私が「買い方」から「売り方」にシフトした
322円を越えることがなかったので
ロスカットせずに持っていました。
 *(買いは不利だと判断した基準が322円で、
そのシナリオが崩れなかった)


その後は上記の通り「売りのオンパレード」
「カラ売り」とは株価が下がるほど利益が出る
「真逆の手法」
なんんですが、
後場からは下がり続ける株価を「買い戻すタイミング」を見極めながら、
ただ見ているだけでした。

結局、私のトレード銘柄は
302円まで売りこまれた後(本日の最安値)、
引けにかけて310円まで買い戻され「308円で終了」

私は306円で買い戻しました。

昨日、買い越した人は相当苦しかったはずです。
どこで下げ止まるかも判らないまま、売りが売りを呼ぶ「負のスパイラル」

私も始めたばかりの頃は
「高値で買って、安値でブン投げる」という、
いわゆる「社会奉仕活動」をさせられた人間の一人です(笑)。
もちろん今の私が市場で生き残っているのは
そこであきらめなかったからで、多くの経験を積みました。

プロでも素人でも同じ人間
「もう限界だ!」と感じる限界ポイントは、
そんなに変わりません。


大体、自分が限界だと思っているあたりが
その時の大底
だったりするんですよね。
それは自分以外の人間にとっても同じことなんです
感情的にならず相手の心理を読み、
「最後まで冷静でいられるか!」
株に限らず、そこが勝負の行方を大きく左右します。


「あなたが投げた、そこが底!」

今日は勝ち負けに関係なく、
「一貫性のあるトレード」ができたので
今後に繋がる良いトレードだったと思います。
株に限らず「お金を動かす」という意味で、です。

また少し腕を上げたかな。
そう思えた一日でした。

 ~END~

   
2013-01-16

基礎代謝を高める

 今年のテーマの一つである「肉体改造」
元旦から計画的にトレーニングを積んだこともあって
早くも体に変化が現れました。

専門的なトレーニングをしたことのある方なら
皆さんご存知だと思いますが、
食事制限有酸素運動だけでは、
体型を維持し続けるのが大変なんです。

意思が強くその生活を続けられれば可能ですが、
時には好きなものを思いっきり食べたいですし
私は「食すること」を制限するのは嫌いです。

ボクサー時代試合が決まる度に何度も追い込みましたから
もうたくさんです、勘弁してくれ(笑)。

今は、適度な脂肪を残しつつも
「筋力トレーニング」を何年かぶりに
本気で取り組んでいます。
トレーニングジムは「近所の公園」

私は、フィットネスクラブのインストラクターだったので
公園の遊具があれば十分、全身の筋トレができてしまいます。

こうして筋肉量を増やしながら、
「ロードワーク」と「シャドーボクシング」を組み合わせ
「基礎代謝」を高めることで脂肪がつきにくい身体ができあがります


筋トレは、身体の反応を観ながら
筋繊維の「破壊」と「再生」を繰り返していますが
ロードワークは、天気が良い限り毎日走ってます

公園でのトレーニング「筋トレ」「シャドー」ですが、
近所の子供が遊んでいる時はおとなしく家でやります。
不審者と間違えられて通報されてはたまったものではありません(≧∇≦)。

 
皆さんも「リバウンド」しにくい身体を造りたいのであれば、
「有酸素運動」よりもまず「筋肉の量」を増やし
「基礎代謝」を高めること
から始めましょう。

 ~END~

   
2013-01-15

トレーダーと漁師は似ている

 今年から「トレーダー」の一面も持つようになった私ですが、
本日のタイトル通り、日々の生活スタイルは
「漁師」の人達に似ているのではないか思います。

どういう所が似ているのかを書いてみましょう。

① その日の海(市場)の状況を把握して仕掛ける

漁(トレード)に出られないほど最悪の環境の日もありますが、
漁がしやすい(上昇・下降)のか、漁がしにくい(値動きなし)のか、
その日の海(市場)のコンディション次第で仕事(取引)の手法が変わる

② 今日が大漁(高収益)でも明日の保証はない

今日が大漁(高収益)だったから明日は休もうなどという
楽観的な考えで食べていけるほど甘い世界じゃない

③ 運だけで稼げている訳ではない

その世界で収入を得るためには一定レベルになるまでの訓練が必要
「家族を守る主」としての責任があり、ただのギャンブルでは済まされない。
経験を積むほど眼力は養われる

④ 忍耐

良い時ばかりではないが、慌てて飛びつかず
最高のタイミングが訪れるのを待てる精神力が必要

⑤ リスクを負う覚悟

環境が良くないからといって待ってばかりでは
利益を上げることはできない。
自分の経験と直感を信じ、時には大胆な行動に出る勇気も必要

 どうです?
けっこう似ていると思いませんか。

「投資家」の一面も持ち合わせている私ですが、
こちらに関しては「数十年後の日本の経済」
支えてくれるであろう企業を自分の分析の元にはじき出し、
中~長期で保有するために買いを入れていくため、
日々の値動きなんて気にもしません。

昨年も記事にしたことがありますが、
トレードと投資は同じ市場で売買されていますが
スタイルは全く違います

ですから、短期のトレードのつもりで買った株が
予想に反して大きく下がり、「損を確定させたくないからそのまま保有し続けた」

これはもう一番ダメな取引の仕方で、
はっきり言って生き残るのは難しいです。
その後、運良く株価が戻ったとしてもです。

「取引に一貫性を持たせる」

それが、「投資家」にとっても「トレーダー」にとっても、
市場で生き残るための最も重要なファクターであると言えます。

 最後に、
私は日々の売買記録を詳しくは公表していませんが
「証券口座」を開いた日から、保有銘柄や海外の市場動向などを
「毎日欠かさず」ノートに記しています


次のステージに進むための手段の一つだと
何度もブログに書いていますから、
いくら稼いでいるのかを見せびらかしても意味がないんです。

一つだけ言わせてもらえれば、
私の「支出」を「収入」が上回っていなければ
うちの嫁に迷惑をかけることになるため、
この前記事にした「自由に生きる人のルール」に違反することになりますから
のんきにブログなんか書いたりしません
それで察して下さい。

自分がするべきことはキチンと遂行しています。
 
 ~END~

   
2013-01-14

雪道の運転の仕方

 予想外の大雪となりましたので、
今日は臨時のブログと致します。

私は東北出身なので雪道の怖さはよく知っています。

こんな日は車で外出するべきではありませんが、
うちの嫁のように朝から仕事で出ている人のために
応急処置的な運転方法を書いておきます。

① スタッドレスタイヤが用意出来ない場合

 タイヤの空気圧を下げる
そうすれば雪面に対しての「グリップ力」が増す為、
通常より滑りにくくなります。

② 坂道はなるべく避けて走る

 上り坂も下り坂も雪の下に「アイスバーン」が隠れていた場合、
制御不能となる可能性がある為なるべく平坦な道を選ぶ

③ カーブを曲がる前に思いっきり減速しておく

 カーブに入る前の直線で、
車を停車させるくらいのスピードまで減速させゆっくり曲がる

車が滑っても慌てないこと。
滑った方向にハンドルを切る
車がスピン(回転)するのを回避しやすい
 * 右に車体が流されたら右にハンドルを切る

④ ギアを低速にし、急発進はしない

 焦る人ほどスリップします
安全そうな場所があったら車を止め、
気持ちを落ち着かせながらゆっくり帰りましょう

挙げればきりがありませんが、臨時で書きました。

私も嫁の帰りが心配ですが、
やむを得ず運転される方は十分に注意して下さい

 ~END~

   
2013-01-13

価値ある情報が有料なのは当たり前

 ここで言う「価値のある情報」とは、
もちろん「あなたにとって価値のある情報」という意味です。

世間では全く注目されていない情報でも、
有名人などが「付加価値」をつけて高値で売られている情報でも、
一切関係ありません。
あなたにとって重要な情報として考えて下さい。

地球上にある、あらゆる情報は
「無料検索サイト」などで簡単に入手できますし
日常生活レベルならば、それで事足りるでしょう。

しかし、「特殊なスキル」を必要とするようなことになると
検索した位でマスターできるものではありません。

私が書いているような記事から、
「有料サイト」に誘導するようなブログもたくさんありますが
「その情報を必要としている」人がいるならば、
立派にビジネスとして成り立ちます。


中には、「その程度のスキルでよくお金を取れるな?」
とあきれてしまうものもありますが、
誰にとって価値のあるものなのかは
購入する人にしか判りませんから
私が意見することではありません。

 ただ一つだけ言えるのは、
「自分にとって本当に価値のある情報ならば、
お金を払って購入するべきもの」

だと思います。

その情報を発信している人間は、
そこに辿り着くまでに多大な労力を必要としたはずで
本来、タダで教えてもらおうなんて虫が良過ぎます。

 私がブログに書いているたくさんの記事も、
本やDVD、ビジネス関連の教材などから学んだもので、
お金を払い「自己投資」から得た知識です。

私以外にも「価値のある情報」を無料で配信している人は
たくさんいますし、
たまたまそういうサイトに巡り合えたら素晴らしいと思いますが
自分から学びたいと思うならば、
やはりお金を払って購入するべきでしょう。

もちろん私のブログに価値があるかどうかは
私以外の人が決めること
ですし、
どう思われているかは特に気にしていませんが、
私が「お金を頂いてセミナーを開けるくらいの情報」
持っていることも事実です。

ただ、現在の私はそういうことに興味がないので
私にとって「価値のある情報」は、
無料でガンガン配信していきます

どこかで「誰かの役に立てる」ことを願いながら。

そして、いつか「同じ志」を持つ仲間と出会える日のために
これからも沢山の情報を発信していきます。

 ~END~

   
2013-01-12

自由に生きるためのルール

 会社を辞めてからは宣言していた通り
「やりたいことだけをやる人生」を送っています。
もちろん毎日が楽しく充実していますが、
今日はそんな「自由に生きている人間」
「絶対に守らなければいけないルール」を書きたいと思います。

法律に触れるようなことをしてはならないというのは
当たり前のことですから、ここでは省きます。

「自由に生きるためのルール」とは、
自分が自由に生きていることに対して
自分以外の人間に迷惑をかけた場合
それに対しての「責任を取る覚悟がある」ことです。

「責任を取る」ってどういうことでしょう?

責任の取りかたというものは
誰にどんな迷惑をかけたのかで
責任の度合いが変わっていく
ものですし、
「絶対に許される」責任の取り方というものも存在しません。

それでも、「このルールを絶対に守る」と誓えなければ
そもそも自由に生きる資格はありません

 私はまだ「開業届」などは出していませんし、
ましてや「法人を設立」したわけでもありません。
世間的にはただの「無職」の男です。
たとえ、「サラリーマンより稼いでいても」です。

それでも会社を辞める前に、うちの嫁には

「支払い関係は今まで通り全部俺が払うし、
お前はお前のやりたいことをやればいい。
それでも今後、俺のせいで迷惑がかかる様なことが起きたり
俺に愛想が尽きたら、いつでも見限ってもらって構わないから。」


と言ってあります。

彼女自身がものすごく責任感の強い女性なので
私には一切意見することなく好きにさせてくれてます

私を自由でいさせてくれる、妻への感謝を忘れず、
いつか必ず彼女の夢を叶えるためのサポートをするのが、
私の夢と同時進行させている目標です。

 以上、自由に生きるためのルールでした。

 ~END~

   
2013-01-11

あたりまえ洗脳

皆さん、決して「あたりまえ体操」のパクリではありません(笑)。

 夢の実現やこれからチャレンジしてみたいことに対して、
自分に「それ」ができるのは「当たり前」なんだということを
日々言い聞かせ続け「できる自分」
自己洗脳してしまいましょうというものです。

「できない自分」と「できる自分」
誰だって後者のほうがいいに決まってます。

それでも過去の失敗例などが自分の尺度となっている人は
少しでも不安な要素が出てくると
「やっぱり自分にはできない」と
スタート前の自分に戻ろうとしてしまいます

「脳機能学」的にも「できない」と思い込んだ時点で、
「それができない、もっともらしい理由」を脳が探し始めます。
故にますます「できない自分」に脳を支配されてしまうんです。

そういう理由から、
プラス思考の人間のほうが良いって言われるのは、
実は脳機能学的にも正しいんです。

中畑清さんが巨人の選手だった頃
調子が悪くても常に「絶好調です!」と言っていたのも
やはり正しい脳の使い方だったんです。

 自分がやってみたいことは、まず始めてみましょう!
やる前から「できない理由」を探すなんて問題外です

「やってみたけどダメだった」と、
「やらなくたって出来ないって分かるよ」では
全く次元が違います

何度も書いていますが、

「できるか」「できないか」で
決めるのはやめましょう。

「やりたい」のか「やりたくない」のかで
決めましょう!


自分が「目標を達成できる」のは当たり前!

絶対にできるよ!

だって俺だもん!

当たり前じゃん!


こういう気持ちで、
日々を歩んで行きましょう。

 ~END~

   
2013-01-10

素晴らしき日々

 会社を辞めて10日ほど経過しましたが、
毎日充実した日々を過ごしています。

「自分がやりたいこと」しかしていない為ストレスを感じることもなく、
サラリーマン時代の「出勤前のどんより感」
ウソのように消えて無くなりました。

「目覚まし」をセットしていなくても目が覚めますからね。
毎朝同じくらいの時刻になると「ワクワク」して目が覚めるんです

まだまだ「やりたい事」が多すぎて発狂しそうですが(笑)、

「楽しく」 「真剣に」 「全力で」

取り組んでいきたいと思います。

 今日も日中は「株のトレード」をし、
終了後は「筋トレ」&「ロードワーク」に出かけ、
締めは公園で「シャドーボクシング」

このブログを書き終えたら夕食をとり、
「自分の頭に投資する」ためビジネス関連の本を読みます。

私の夢が「形となって」現れるまで一定の年月を必要としますが、
日々確実に前進していると信じています。

「本気の自分を信じられずに、一体誰を信じる!?」

そんな気持ちですね。

 明日は午前の取引を休みにし、
昨年までお世話になっていた会社に
「菓子折り」を持って挨拶に行ってきます。

最後の給与明細を受け取るためです。

事務的に郵送でも問題なかったのですが、
「最後はキチンと挨拶をする」
それが、8年間お世話になった会社に対しての
私が通すべき「最後の筋」だと思うからです。

 ~END~

   
2013-01-09

「ONEPIECE」 ~ FILM _ Z 観てきました

写真

 先月半ばから公開中の劇場版アニメ

「ONEPIECE ~ FILM_Z 」

宣言通り、正月休み明け「平日ど真ん中」を狙って行ってきました。

 それもあって今日のトレードは、朝一の40分間しかできませんでしたが
「建設銘柄」を、きっちり3回売り抜けてから出かけました。
 314円(買)~318円(売)
 318円(買)~320円(売)
 319円(買)~320円(売) です。

映画館に到着し、座席を取ってから昼食を済ませ
「平日だからおもいっきり空いているだろう」と夫婦で話しながら
入場口で、写真にある特典「コミックス千巻」を受け取って入場し
ポップコーンを食べながら、開演直前に全体を見渡すと・・・

8人しかいませんでした(゚Д゚)ノ

やはりこのタイミングがベストだったようで、
本当にリラックスして楽しめました。

内容は、これからご覧になる方のために明かしませんが

熱い! 泣ける! 感動する!

もちろん、私がです(笑)。

この前、記事にしたばかりですが

「己の信念を貫くため、命をかけて筋を通す!」

この言葉がピッタリの映画でした。
前作「ストロング・ワールド」を凌ぐ素晴らしさでした。

本当に楽しい一日でした。
明日への充電は完了です、ガンガン行きますよ!

 ~END~

   
2013-01-08

守れないルールなら作った意味がない

 ここでいう「ルール」とは、
自分自身で決めているルールのことです。

私もそうですが、
自分の生き方にルールを設けている人は、
結構多いのではないかと思います。

私がよく記事にしていますが「自分のルール」とは即ち
「自分の生き方に筋を通す」ということで、
他人にどう思われているかは関係ありません

周りの人達にどんなに評価されようと、
自分のルールを守れずに出た結果だったなら、
「自分に筋を通せなかった」
ということになります。

これは勿論、他人に話さなければ分からないことですが
本人だけは真実を知っています。

政治家なら「理想」を掲げ「公約」を守る責任がありますが、
一般人であれば他人にわざわざ宣言することもないでしょう。

それでも自分で決めたルールがあるのならば、
きちんと貫くのが筋だと私は思います。

本日の記事は、自分を戒める意味でも書きました。

守れないルールなら作った意味がない。
周りにどう思われようと、
自分自身にはキチンと筋を通しましょう。


それが私にとって「人生の指針」であると考えます。

 ~END~

   
2013-01-07

正しいとは、つじつまが合うこと

 その時代に常識とされていない「自論」を発表したばかりに
批判を受けたり、大昔では極刑に処されたりした
歴史上の偉人はたくさんいます。

もちろん現在「偉人」と称されている以上、
その人がたどり着いた「理論」や「活動内容」が
正しいと証明された
訳です。

逆もありますね。

大発見だと称賛され続けていた人物が
実は「ねつ造」ででっち上げたものであったり、
何度も繰り返され続けている「大手企業」の粉飾決算など、
こちらも上げればきりがありませせん・・・。

 私が伝えたいのは、

正しいことは、いつか必ず「つじつまが合う」
正しくない(何かを偽る)ことは「つじつまが合わなくなる」
ということです。

これは本人が生きている間とは限りません
世間に真実を理解されないまま
無念の最後を迎えた人もいますよね。

しかし 「その意思」は、弟子であったり
その情報から影響を受けた人間によって受け継がれ、
いつか必ず証明されるもの
だと私は信じています。

「偽りの力」で一時いい思いをしたとしても、そのウソをごまかすため
更にウソで塗りつぶすような生き方
を続けていれば、
いつか「つじつまが合わなくなる」のは当たり前です。

勿論、自分が生きている間に
「事を成し遂げる」ことができなければ
「正しく生きたってこんなものだ」
自暴自棄になる気持ちもあるかもしれません。

ですが、絶対に譲ってはいけない信念は
「正しく生きているものが悪に屈してはならない」
ということです。

 一生の間にほんの数回だけかもしれません。
それでも、自分以外の人や地球の為
「本当に正しいことをしてみたい!」
私も含め、そういう人達がたくさんいれば
誰も戦争なんか望まないですよね。

「誰かの役に立てることがしたい」
ガラが悪く見られる私でも、本当にそう思っています。

 ~END~

   
2013-01-06

2ヶ月無料特典という策略

 昨日に引き続き 「i Phone 5」に関連した記事です。

まあ、私以外にも同じ意見の方は多数いらっしゃることと思いますが・・・。

使いにくい!(ーー゛)

パソコンで記事を書いていますが、
キーボードがこんなに叩きやすいなんて
今まで考えたこともありませんでした(笑)。

昨日も購入一発目は、仕事中の嫁にテストメール。

4行くらいの文章打つ間に、
何度隣の文字に指が当たったことか(笑)。
15分位かかってやんの(≧∇≦)

最初はストレスでしたが少し慣れてきまして、
今は「絶対に使いこなしてやる!」
鼻息を荒くして楽しんでいます。

 本日のタイトルですが、皆さんご存知のあれです。

機種変更新規契約に付いてくる、
「本来有料のコンテンツ2ヶ月間無料で利用できます」
という押し売り。

この特典の厄介なカラクリは、
2ヶ月後に自分で解約しないと
自動的に有料会員に移行してしまう
所です。

毎回のことで分かりきっていますが、
今回もそんな特典いらないからと店員に言ったんですが、
「最低でも翌日以降でなければ手続きできない」と。

これは会社の方針ですから
スタッフ個人に文句を言っても仕方ありません。

面倒くさくてそのまま継続してしまう
ユーザーが沢山いる
のも事実で、
ビジネス視点で見れば立派な戦略です

「いつでも解約できる」と公約してますからね。

ただ、私が気に入らないのは
解約の手続きに進む画面が、
のらりくらりとはっきりせず
表示している項目も解りにくい点です。

あれはもう、解約しにくいように作っているという
製作者側のずるさが伝わってきます。
それすら会社の方針なら、はっきり言って感心しません。
他者への乗り換えって、こういうのにうんざりして起きるんですよね。

まあ、乗り換えたところで業界全体がそうなのかもしれませんが。

スマホに関しては、韓国が一番勢いがあると思います。
日本の企業も生き残りをかけて必死なのでしょうね。

最後に一つだけ言えることは、
「2ヶ月無料特典」は絶対にすぐ解約します

 今日は、嫁が正月勤務から開放されましたので
今年初となりますが、二人で出かけてきます。

皆さん、良い一日を。

 ~END~

   
2013-01-05

i Phone 5 を購入するはめに・・・

 昨夜2年と6ヶ月の間、寝食を共にしてきた
私の「二つ折り式」携帯電話が、私の手のひらで臨終を迎えました。

半年くらい前から兆候はありました。
例の開けたり閉じたりする部分の止め具
グラグラいってたんです。

外仕事でホコリも多く、ポケットの中でかなり負担もかけていましたが
よくここまで私をサポートしてくれました。

そして、私が会社を辞め一人で歩きだしたのを
まるで見届けたかのように、携帯を開いた瞬間

「ピキッ」

「氷の張った水たまり」を踏んだような音をたて
接続部が破損しました。


 「おい・・・エース(携帯電話)・・・。」

 「どうしたんだよ!? エース・・・。」

 「お前、絶対に死なねえって言ったじゃねえかよっ!」


最後にエースの声が聞こえた様な気がしました。

 「こんな俺を愛してくれて、ありがとう」

さらば、エース(T_T)。
お前の死を無駄にはしない。
ゆっくり休んでくれ。
 

そして今朝、開店5分前から
SoftBank の店の前に
私が張り付いていたのは言うまでもありません(・∀・)。

日々のワークはパソコンで行なっているため、
ぶっちゃけ今回も二つ折り式携帯で良かったんですよ。

ところが、店に入ってビツクリΣ(゚д゚lll)

もうその手のやつは、
5種類位しか店頭では取り扱ってないんですよ。

もちろん携帯電話取り扱い業者の
思惑通り
なんでしょうが、
需要がどんどん減ってきているため
機種数は少ないとのこと。
(この情報が事実かは別ですが)

いわゆる「旧式携帯電話」の締め出しです。

しかも、前に使っていたものより
カッコイイのは一つもなく、
だったら一番新しいの買うよってことで
まんまと SoftBank の術中に「はまってあげた」という訳です。

まだちょっとしか触ってませんが、

使いにくいんだよっ(ーー゛) コラッ

確実にメールの数減りますね、これ。
私の指じゃ一打で二文字当たっちゃいます(笑)。

 唯一良かったのは、
「カメラ」のクオリティが
デジカメ並みに綺麗だったことです


数人の友人から
「ガラが悪い!」
と不評だった、プロフィール画像
これで撮り直すことができます(ー_ー)!! くくく。

まあ、キレイに撮れたところで
善人に見られるかは分かりませんが(笑)。

とにかく、iPhone 5 使いこなせるように修行したいと思います。

 ~END~

   
2013-01-04

大発会

 今日から仕事初めの方もいらっしゃると思いますが、
日本の株式市場も初日「大発会」を迎えました。

やはり昨日のブログに書いた通り、大きく上昇してスタートしましたね。

 「投資家」としての私が現物で保有している銘柄も、
「平均取得額」より30%以上も上昇しました。

去年の夏ぐらいから中期のスパンで仕込んできた投資家の方は、
十分な利益を得られたのではないかと思います。
私はまだ、流動資産額の半分ほどを保有していますが、
ひとまず「利益を確定させる水準」まで上がりましたので
市場動向を見ながら検討したいと思います。

 デイトレードのほうは、サラリーマン時代の夏休み以来でした。

「売りと買い」の両方でポジションを取りたかったんですが、
高値に上離れて始まった後はほとんどの銘柄が
値動きが少なかったのではないでしょうか?

前場(午前)に建設関連を買いで入りましたが、
後場(午後)になってからは上にも下にもなかなか動いてくれず、
2回のエントリーで1~2円抜くのが精一杯でした。

「トレーダー」としてはまだ一年生ですが、
「大きな資金を動かす為のメンタリティを鍛える」
という目的もありますから、リスクを恐れずに
どんどんトレードの精度を高めていこうと思います。

来週、月曜日からが本格スタートです。

 ~END~

   
2013-01-03

円安・ドル高への懸念

 明日からいよいよ日本の株式市場もスタートします。

本日までの世界経済情勢を考えれば、
まず間違いなく昨年末につけた戻り高値を更新するでしょう。

2013年初日ですし
市場に活気があるのは好ましいことですが、
私が一番気になっているのは
このところの急速な「円安・ドル高」進行です。

11月の「解散総選挙」発言に端を発し、
「自民党」の政権奪還を予測した思惑買いが株価を押し上げ
昨年8月には「76円台」まで上昇した対ドルでの円は、
昨日ついに「87円台」をつけました。

 苫米地さんが自身のブログで憂えてました

アメリカの「財政の崖」問題が進展していない段階から
円安の動きは始まっていた!と。
つまり「安倍内閣」が直面している
TPP参加交渉、原発、増税の問題を警戒した
外国人投資家が円を売り出したからだというのが、
今回の「円安ドル高」進行の背景にあると・・・。


私も今回の異様な「足の速さ」
正直、喜びよりも違和感のほうが強くありました。
「ドルが買われている」というよりも、
「円が売られすぎている」という解釈です。

気になっている部分を苫米地さんにtweetしたところ
やはり私の懸念と同じ答えが返ってきました

安倍内閣が政策をしっかり進めてくれるのが一番望ましいことですが、
国民が不安になるような展開となった場合
株価は一気に崩れるというシナリオは否定できません


そうなれば、最近なりを潜めていた「ヘッジファンド」
大量のカラ売りを仕掛けてくる可能性が高いということです。

今の戻り高値で既に仕込んでいるかもしれません。

 私も明日から中~長期保有予定の現物株を注視しながら、
デイトレもスタートする訳ですが、
既に利益の乗っっている現物株は、一旦全てポジションを解消
カラ売りを検討するシナリオも用意しておかなければなりません。

市場が浮かれている時こそ慎重に。
相場は生き物、上にも下にも絶対はないんですから。

 「買い」と「売り」
どちらのポジションからでも臨機応変に戦える
それが「株式市場で生き残るための手段」であると考えます。

それでは「投資家」&「トレーダー」の皆さん、
明日の市場でお会いしましょう。

 ~END~

   
2013-01-02

ストイックな日々

 プロボクサーだった頃の話しを書くと、
「昔の自慢話しか?」と思われるかもしれませんが
決してそんなことはありません。

なぜなら、私が自慢してもいいと思うボクサー
「チャンピオンベルトを巻いた男」 だけだからです。

それ以外にも 「尊敬している」 先輩や
同期の仲間・後輩はたくさんいますが、
最低でも、日本チャンピオンまで登り詰めなければ
何の自慢にもなりません。


実際、引退後に就職活動をしていた時期
いかにもボクシングに興味がなさそうな面接官に、

「この履歴書のさあ、東日本新人王っていうの?
・・何これ?日本では何番目になるの?」


と聞かれたことがあります。

違う世界に行けば、所詮こんなもんです(笑)。
結局、誰が聞いても解るような「肩書き」をもっている人以外は、
「すごい人」って言われないんです。

 だからといって、チャンピオン以外は
ボクシングを語っちゃいけないのか?
と言われれば、
勿論そんなことはありません。

私のトレーナーとしての実績は
選手の頃に身につけたスキルと、
私が育てた選手と「一緒に成長していった」
ことで達成された成果です。


実際、ボクシングの記事に書いてある内容は、
会費を払って練習しに来ているジム会員に
有料で教えてきたもの
ですから。
(無論、文章だけで選手の指導はできませんが)

ボクシングに対しストイックに取り組んできた
自分や仲間達を誇りに思いながら、
「誰か」の役に立つ情報になれば嬉しい
そう思って記事を書いていますので、
決して自慢ではないことをご理解頂けると思います。

 最後になりますが、
現役時代、朝のロードワーク中に
いつも思っていたことがあります。

「周りの人間がどんなにすごくても関係ない!
俺が超えなきゃいけないのは今日の自分。
今日の自分に勝ったら、明日は明日の自分に勝つ!
自分に勝ち続ければ、必ず答えは出る!」


私は結局、チャンピオンになれずに引退しましたが、
あの頃のストイックだった自分より
今の私のほうがかっこいいと思っています。
周りに笑われたって構いません。

年齢制限があるボクシングの選手には戻れませんが、
私の「精神の強さ」はボクシングがベースになっていますし、
今、なりたい自分になろうと本気で突き進んでいる私こそが
「自分を超え続けてきた最も新しい存在」
だと思うからです。

「俺はダメな男だ」
と思いながら生きるのと、

「俺はすごい男だ!」
と思いながら生きるのでは、

どちらが素敵な人生になるのかは言うまでもありませんね。
自分のことを「すごい男だ!」て思い続けても、
人に言わなければ何も問題ありませんし、お金もかかりません。

皆さんも本気で取り組んでいる「何か」があるのなら、
「周りにどう思われているか?」を気にするのはやめましょう

そんな雑音は無視して、
自分を超え続けることだけに
集中しましょう。

あなたを超えられるのは
世界でただ一人、あなただけなんです!


 ~END~

   
Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground