FC2ブログ
2016-12-25

真田丸 ロス







先週の日曜日に最終回を迎えたNHK大河ドラマ「真田丸」。

俳優の堺雅人さんが演じた主人公の真田信繁(幸村)の最後については、

戦国武将が好きな方なら誰もがご存知ですが、やはり見入ってしまうものですし、

堺雅人さんはどんな役柄を演じても視聴者を魅了してしまう天才だと私は思います。











日本史が好きな方の中でも「戦国時代と幕末の維新組」が人気を2分化していることは、

統計を調べずとも想像がつき、その熱狂ぶりは軍師や主君に仕える家臣にまで及びますが、

誰もが知っている徳川家康の軍勢を親子2代に渡って打ち破り、幸村にとって最後の戦となった、

大阪夏の陣では家康の本陣に奇襲を仕掛け、退却を余儀なくされた家康を震え上がらせました。

これ程までにドラマティックな最後を遂げた武将は、やはり幸村の存在が際立っている訳です。



勿論、名立たる戦国武将は他にも沢山おりますし武勇伝も数多く存在致しますから、

好きな武将は皆さん分かれるところではありますが、それでも戦国武将が好きな方で、

『俺は真田幸村は嫌いだ!』などと言う方には、未だかつて会ったことがありません。

また、諸説が分かれているエピソードに関しましては『知ったかぶりするなよ!』と、

幸村ファンの方からお叱りを受ける可能性もありますから詳細は各々でご確認を。



『乱世を終わらせ日本独自の文化を発展させる礎を築いた』という意味においては、

徳川家康の貢献度は大きいと認めざるを得ませんが「1人の武将」という意味ならば、

『鳴くまでホトトギス待っている間に死んじまうよっ!』と私は突っ込みたくなる程です。

勿論そうなった可能性もあった訳ですが、やはり家康は天下人の運を持っていたのでしょう。

戦いに勝って名を上げたのが家康ならば、戦いに敗れて名を上げたのが幸村だと言うことです。











幸村の死に際に関しては『神社で休んでいた所を敵方に見つかり槍で突かれた』や、

精根尽きた幸村が『手柄にせい』と言ったなど諸説あるようですが今回はまた異なり、

今から30年程前に、今回幸村の父親役を演じた草刈正雄さんが主人公の幸村役を演じた、

「真田太平記」では、上記した『手柄にせい』というセリフだったことを覚えております。











最終回のセリフと重なってしまいますが、やはり幸村の生き様を見せ付けられると、

『男なら、幸村のように生き、幸村のように死にたいものだ』と思わず共感致します。

いつの時代にも主君の為に「義」を貫き通し、家族や家臣の幸せを願い続けた幸村。

まだ「真田丸 ロス」から抜け出せていない私は、昨日の再放送まで観てしまう有様w

12月30日(金)に総集編が放送されますから、最後にもう1度楽しみたいと思います。



本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   
2016-09-30

シャンクスを探せ







本日のタイトルは、完全に「ウォーリーを探せ」のパクリになってしまいますが、

先日、数ヶ月ぶりに飲んだポッチンさんから頂いたものを画像に収めてみました。

これはウィイスキーのボトルやグラスをコレクションしている棚の最上部ですが、

人気漫画である「ONEPIECE」でおなじみのルフィとシャンクスが置かれています。



左にあるルフィのミニチュアは私がゲームセンターで獲ってきたもので、

右にあるシャンクスのアクリルスタンドはポッチンさんから頂いたものです。

シャンクスと言えば記念すべき「第1話」でルフィを助ける為に片腕を失い、

その男気に心を奪われた私が今日まで愛読し続けているという経緯です。



ちなみに画像にあるシャンクスは両腕がありますからルフィを助ける以前だと、

アニメなどでワンピースを観られている方でもすぐに理解できるとは思いますが、

私レベルのワンピース通になると『いつの時代のシャンクスか?』まで判ります。

この服はバギーと共にロジャー海賊団で船員見習いをしていた頃のシャンクスで、

劇場版公開を記念して書き下ろされた「ONEPIECE 零巻」に描かれております。



勿論、2人の頭上にある麦わら帽子はロジャーからシャンクスへと受け継がれ、

更に第1話でシャンクスからルフィへと受け継がれた世界に1つだけの帽子であり、

ルフィにとっては何があっても手放せない大切な麦わら帽子であるということです。



と、ワンピースを観ない方々には退屈な記事となってしまいましたが、

早いもので2016年も本日で9月が終了し、3ヶ月を残すばかりとなりました。

記事には書きませんが私にとっては既に「激動の1年」となってしまいましたが、

残り3ヶ月の間に「現在の自分にできること」を精一杯やるだけだと考えておりますし、

新居にて環境を変え、私自身も人として更に上を目指せるように精進して行く所存です。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2015-12-04

STAR WARS フォースの覚醒







遂に「続編」の公開が決定した映画「スターウォーズ・フォースの覚醒」ですが、

相変わらず帰宅時刻が遅いうちの嫁が「セブンイレブン」で夜食などを買ったところ、

上に添付した「スターウォーズのカレンダー」が付いてきたと持ち帰ってくれた訳です。



過去の6部作は全てDVD(旧3部作はレーザーディスクも有)で保有している私は、

『お~!これは使えねェなっ!!』と写真を撮った後は袋に戻して保管致しました。

『カレンダーなのに使わねーのかよ?』という嫁のツッコミは当然ながら無視です。

前回『使用済みのカレンダーはメモ帳に・・』などとリサイクル精神を掲げた私ですが、

『おいっ!スターウォーズのカレンダーだぞっ!?』と突然反旗を翻した展開です。



1~2年前の情報では「エピソード3~4の間の出来事」だと聞いておりましたが、

実際には前作「エピソード3・シスの復讐」から20数年後という設定のようです。

最も喜ぶべきは「旧3部作」に出演し大スターへと駆け上がったハリソンフォードが、

若き日に演じた「ハン・ソロ」役をそのままに相棒である「チューバッカ」と共に、

『あれから20数年経った』という何の違和感もない状態で復活してくれることです。



え?『ルークやレイア姫も本人だぞっ!』ですか?

まぁ・・・そっちは別にいいですw

過去の全6部作は新旧共に「個性的なキャラクター」熱狂的なファンも数多く、

私としては「エピソード1」で若き日の「オビ・ワン・ケノービ」に敗れてしまった、

薙刀のようなライトセーバーを使う「ダース・モール」がもう1度観たいキャラです。



ダース・モールは胴体から真っ二つに切られ落下しながら消えてしまう訳ですが、

それ以上のシーンは一切上映されておらず私が「1~2年前に入手した情報」では、

何とか生き延び「クモの足」のような下半身でサイボーグ化し再登場するという、

ワクワクするような噂を聞いた訳ですが残念ながら「ガセネタ」だったようです。

しかしながら今回も「新たなキャラクター」が誕生していることは間違いなく、

「20数年後のハン・ソロとチューバッカ」と同様に楽しみの1つだと言えます。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2015-07-19

ドラゴンボール 超(スーパー)

「ドラゴンボール」と言えば鳥山明さん原作の大ヒット漫画であり、

アニメ版「ドラゴンボールZ」も高視聴率アニメとして絶大な人気を誇り、

数年前からリマスター版である「ドラゴンボール改」が再放映されてきました。



続けて放映されるのが「ワンピース」であることから2本ともHDD録画し、

嫁が仕事から帰宅するのを待って立て続けに観るというのが毎週日曜日の日課でした。 

鳥山さんの原作で週間少年ジャンプに連載されてきた漫画の「最終シリーズ」と言えば、

「魔人ブウ編」であることはドラゴンボール世代の我々にとっては周知の事実ですが、

その「魔人ブウ編」も6月の最終週に完結したことで「ドラゴンボール改」も終了となり、

再放映とは言え「毎週の楽しみ」が1つ減るのは残念な気持ちでしたが朗報が・・。










翌週の7月5日より「何事もなかった」かの如くスタートしたのが、

この「ドラゴンボール超(スーパー)」であり原作が反映されていた、

「ドラゴンボールZ」の続編として制作されたアニメ「ドラゴンボールGT」以来、

実に「18年ぶり」となるオリジナルストーリーが再び高画質で観られる訳です。











劇場版を2作も手掛けた時点で『鳥山さん、また創作意欲が出てきたのかな?』と、

予感を感じさせるような出来事もありましたから私としては大歓迎といったところです。

時代は変わりましたが、これで再び「ワンピースとの視聴率争い」が幕を開けた訳です。

主題歌:「超絶ダイナミック!」を唄うのは元・イエローモンキー吉井和哉さんで、

「前回までのあらすじ」を毎週読み上げる人は「ドラゴンボールZ」と同じ人です。



また、劇場版をご覧になった方にはお馴染みの「破壊神ビルス」も勿論登場致します。

今回のストーリー設定としては「劇場版よりも少し前の出来事」から描かれており、

当然ながら私が尊敬するべジータ先輩の元へも界王からの連絡は届いておらず、

「劇場版」に到達するまでの「その後」から描くという粋な計らいとなりました。



今週が「新作第3話」となり、まだ観てはおりませんが今夜も楽しみです。

サイヤ人は相変わらずの戦闘民族で「修行バカ」ぶりは今回も健在ですが、

すっかり「パパ」になってしまったべジータのキャラがどんどん崩壊して行き、

『俺は誇り高きサイヤ人の王子だぞっ!』というセリフは前作から定番でしたが、

トランクスとの約束を守るため仕方なく「遊園地の観覧車」に乗せられ、

『こうしている間にもカカロットの奴は修行を・・』と笑い所が満載ですw











ドラゴンボール世代の皆さん、鳥山さん本人が手掛けるドラゴンボールの続編

「ドラゴンボール超(スーパー)」今月5日第1話がスタートしたばかりですし、

週間少年ジャンプの「カリスマ漫画家2人」による新旧対決も楽しませて頂きましょう。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2015-04-27

スーパーサイヤ人・神・SS

現在、映画館で放映中の劇場版「ドラゴンボールZ・復活のF」ですが、

本日ワンピースを読む為「週刊少年ジャンプ」の今週号を手に取ったところ、

「あらすじ」などがカラー画像と共に紹介されておりましたので読んでみることに。

「ネタバレNG」の方はこれより先には進まないで下さいと予めお断りしておきます。



前回の劇場版「ドラゴンボールZ・神と神」は映画館に出向いて観賞致しましたが、

最近は地上波に登場するスパンが短くなっていることからTVで観ることに致します。

それでも前作は原作のストーリーを更にパワーアップさせた面白さでしたから、

今回の作品も何やら「やらかしてくれそう」な気配を感じ読んでみた訳です。



既にTVで劇場版のCMを流していますからお気づきの方が殆どだとは思いますが、

今回復活するF(エフ)とはかつて宇宙最強と恐れられた「フリーザ」です。

3段階にパワーアップを図れるのがフリーザの最大の脅威だった訳ですが、

初めて伝説の「スーパーサイヤ人」に覚醒した悟空に敗れたというのは、

ドラゴンボールを観たことのある方ならば誰もが知っているストーリーです。



今回、そのフリーザがG(ゴールデン)フリーザという最強モードに変身するらしく、

もはやスーパーサイヤ人をも完全に超えた存在になったという設定のようです。

迎えるサイヤ人最強コンビ「悟空とべジータ」も激しい修行の末遂に覚醒するらしく、

前作で「破壊神ビルス」と互角の力を持つという「スーパーサイヤ人・神(ゴッド)」に、

自力で変身できるようになったという子供が大好きそうなネタを放り込んできましたw



「スーパーサイヤ人を超えたスーパーサイヤ人・神(ゴッド)」の髪の色はですが、

スーパーサイヤ人・神(ゴッド)の状態から更にスーパーサイヤ人に変身するそうで、

髪の毛は「青い色」で逆立つというまたまた前作を凌ぐような展開になるようです。

そして、その名は「スーパーサイヤ人・神(ゴッド)・SS(スーパーサイヤ人)」



既に原作での「魔人ブウ」「スーパーサイヤ人3」宇宙最強を極めたはずが、

『これ以上まだ強くなるのかよっ!?』と原作者の鳥山明さんには驚かされますw

もっとも「神の領域」まで達した以上、ここから先の変身には無理があり過ぎますし、

現時点でさえ『鳥山さん、確かに面白いけど・・・やり過ぎだよっ!』と思いますw



本日もお疲れさまでした。



 END

   
Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground