FC2ブログ
2017-03-26

放浪 2017

およそ1ヶ月ぶりのブログ更新となります。

私の安否を心配する声などは全く聞こえて参りませんでしたがw

ちゃっかりと元気に生息しておりますからご安心下さいませ(?)



本日は朝から冷たい雨が降り続いていることから外出には不向きであると言え、

久しぶりに記事を書いてみようかと思い立ちブログにログインしようとしたところ、

当ブログの先頭ページには勝手にスポンサー広告が貼り付けられており確認してみると、

『1ヶ月以上記事が更新されていないブログには広告が・・』などと書かれておりました。



『俺のブログに勝手に広告なんか貼り付けてんじゃねェよ!』という意味も込めまして、

ノンアルコールビールを飲みながら久しぶりに自宅でゆっくりと記事を書いております。

『私がこの1ヶ月間何をしていたのか?』それは皆さんに報告する必要のないことですが、

『久しぶりに』と上記した通り休日には殆ど外出していたことから顔も浅黒く日焼けをし、

これ程日に焼けたのは(自然に焼けたという意味で)2012年以来のことだと思います。



「外出した」と申しましても遊び回っていた訳ではなく「株式投資との関連性」において、

自らの足でリサーチできることは積極的に労力を使おうと(車ですがw)各地に出向き、

「世の中を動かしている様々な業種の労働者と社会の仕組み」を体感していた訳です。



今月リサーチしていたのは、今週で終了する予算絡みの道路工事関連事業と、

「NTT」と「J COM」による新規引込み線と昨年分の廃線撤去工事でした。

これらは街中の至るところで行われており地元住民を装って質問をしてみると、

加えタバコで態度が悪い彼らも通行人と接する時は何処の作業者も礼儀正しく、

『お客に嫌われたら終わりだぞ!』という会社の方針が反映されているようです。



通信業やインフラ関連は2020年の東京五輪に向け今後もますます需要が高まり、

やはり投資対象として外すことのできないカテゴリであると改めて実感致しました。

残念ながら「私自身の方向性」は未だに見つかっておりませんが来月位までは、

現在のライフスタイルを継続しつつ、新たな局面に備えたいと考えております。



本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   
2017-01-12

例外は無視せよ!

勝負事には何でも「セオリー」というものが存在致します。

『この流れであれば理論上はこう動く』という様な基本的な部分であり、

現在の私であれば「株のトレード」が上記した「それ」に該当致しますが、

やはり他の勝負事と同様『セオリー通りには動かない』という展開もある訳です。



これは自分側にとって『ようやく良い流れになってきた』展開に対し、

『何があったらこんな展開に変わるんだよ?』と目を疑いたくなる様な、

突然風向きが変わってしまう「予測不能な展開」に巻き込まれてしまう場合で、

アノマリー(理論上説明できない)もあれば「相手方」が意図的に仕掛けた場合もあり、

私ならば『おかしい!』と感じた時点で、とにかく何があろうとも一旦は手仕舞う訳です。



原因を調べている間に取り返しのつかない展開に巻き込まれるのは最も避けたく、

「それら」に関してはポジションを外してからでも時間は十分に取れる訳ですから、

『セオリー通りに行かない』と感じた時は「とにかく一旦逃げること」が大切です。

後に原因が確認できればそれで納得できますし「ただの例外」であったとしても、

「流れ弾に当たる前」に危険を回避できれば再び「勝負の席」に戻れますから。



勿論「自分の情報収集不足」が原因だった場合は反省材料として記憶致しますが、

「ただの例外」だった場合には一切気にしないというメンタリティが大切だと考えます。

相撲でも「軍配差し違え」というものが存在致しますが10回の取組で1回あるかどうか?の、

「ただの例外」に対し原因を追究するのは難解なパズルを解くよりも無駄な時間だと言えます。

殆どの勝負事は「セオリー通り」に動きますから、例外は無視しセオリーに徹するのが賢明です。



この「流れが変わる瞬間」を体得するには「数多くの鍛錬と失敗」が必要不可欠ですし、

私自身トレーダーとしては未熟者ですが、プロボクシングをはじめ多くの勝負事を経験し、

『失敗と成功を繰り返しながらも諦めずに鍛錬を続けること』が大切だと理解しております。

本日は「私自身」に言い聞かせる意味も含め『勝負事の何たるか?』について触れてみました。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2016-10-07

チェンジで死亡遊戯

久しぶりにトレードの記事を書かせて頂きます。

私は今年に入り、4年前に立てた目標を達成できなかったことから、

ケジメを付けるため5ヶ月ほど専業から離れていたのは記事にも書きましたが、

トレードの話しを殆どしなくなったのは、「自分の甘さ」を理解できたことから、

『納得できる結果を出せる様になるまで黙って取り組もう』と心に誓ったからです。



それでも新居に越して来てから、本日まで37回のトレードを行い、

利益になったトレードが29回、損失になったトレードが7回、

同値で撤退したトレードが1回とまずまずの成績でした。

しかし本日、転居後のトレードとしては自身最悪の、

猛省すべき大失敗を犯してしまったことから、

自分自身を戒める為に書き記しておきます。



タイトルにもあります通り、本日は「チェンジ」という東証マザーズに新規上場をし、

現在人気化した銘柄が大幅に叩き売られていたことから「短期のリバウンド」を狙い、

2度目の反落時に6.000円で拾うことができ、後場は6.200円スタートと順調でした。

その後6.400円まで上昇した後、100円ほど上下にもみ合う展開となった訳ですが、

私は本日の始値である6.500円までは戻すだろうと予測していたことから指値をし、

分足でチャートが崩れていなかったことから時間軸を長めにし粘ってみた訳です。



結局、後場の最高値は6.400円で私の思惑は見事に外れてしまった訳ですが、

仕掛けたタイミングも粘った時間帯も「自分なりの根拠」がきちんとあったからで、

そこまでは全く問題ありませんし、その時点で『高値はいくらになるのか?』などは、

誰にも解らないことですから「仕掛け方」としては悪くないトレードだったと言えます。



問題は「その後」の対処の仕方です。

結果論だけ言えば、私が諦めて手仕舞おうとしていた僅か数秒間の間に、

200円以上も一気に暴落するという「新興名物爆弾ナイアガラ」を喰らってしまい、

勿論、高速過ぎて値段など確認できませんから成行でロスカットをして助かりましたが、

最終的には「5.700円のストップ安」で取引きを終えるという最悪の展開となった訳です。



利益を確定させられる場面は何度もありましたが、この銘柄のクセを覚えていた私は、

『おそらく大引けにかけて一気に戻すだろう』と勝手な妄信を抱いていたことに加え、

『最悪ストップまで下げても、たったの300円だろ』と心に余裕があったことや、

新興銘柄で殆ど負けていないという慢心から売り時を逃してしまった訳です。



冷静に振り返れば私が諦めようとしていた時、既に分足のチャートは崩れかけていました。

しかし、前日までに急落した後のリバウンドの力強さを何度も見せ付けられていたことから、

判断を誤り本日は私が見事に「カモ」にされ、取れたはずの利益が損失となってしまいました。

本日の負けで連勝記録も8でストップしてしまい、自分の甘さに改めて怒りが込み上げてきます。

2度と今回のような失敗をしない為にも、本日は戒めの意味を込めて記事を書かせて頂きました。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2016-05-25

水曜日限定トレーダー

久しぶりに「株式投資」に関する記事を書きたいと思います。

現在「冷凍倉庫」に収監されている私が唯一「専業トレーダー」に戻れる日が、

水曜日であることは先日も記載した通りですが改めて昨年までに私が築いてきた、

「トレードスタイル」の長所と短所を冷静に分析できる大変貴重な1日と言えます。



『もう1度、億超えに挑みたいならしっかりと勉強し直せよっ!』と、

トレードの神様から叱咤激励されているようで身の引き締まる思いですが、

何故か午前中からコーヒーを飲みながらブログの更新をしている私の姿を観て、

『・・そういう所なんじゃねェのか?お前の問題点は!』と呆れられております。



それでも昨日の昼食時に大幅安を拾えた「2銘柄」を現在も保有しており、

本日は上昇に転じた値動きを監視しながらも「デイトレード」をする必要はなく、

「周期的な上げ下げ」に上手く乗れるかどうかの体感力を鍛え直している所です。



今年も話題になっている「テーマ株」はニュースなどを観れば一目瞭然であり、

「ドローン」「自動運転」「人工知能」「マイナンバー」「バイオ関連」等々、

資金が集中している銘柄は大型株を離れ「個別重視の相場」へと移行しており、

私も条件が整えば参加しても良いとは思いますが基本的にはデータを残してある、

「私の監視銘柄」の中から得意な形になりつつある銘柄をピックアップ致します。



「大化け銘柄」を1発当てれば資金も爆発的に増えるのは重々承知ではありますが、

私の売買は「単純で地味」ですから大きな負けがない代わりにギャンブル性も低く、

『当たって砕けろ!』だったプロボクサー時代とは大きく異なってしまいましたが、

時間を掛けながらも堅実に結果を出して行けるようなスタイルを確立したい訳です。



勿論「相場の誘惑」は毎日トレーダー達に襲い掛かります。

私が昨年の11月に「6.050円」で保有した「バイオ関連銘柄」などは、

その後「10.000円」を超えた後に私の逆指値注文に引っ掛かってしまい、

既に売却してしまいましたが現在では「20.000円台」の株価となっており、

『あ~あ、あのまま保有してりゃあよ・・』と勝負師には禁物のタラレバ論に、

『・・結局、そういう所なんじゃねェのか?お前のトレードの甘い所は!』と、

最後までトレードの神様から説教され続け午前の取引きも終了したようですw



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2016-03-19

さらば青春の光

かつては「眠れる獅子」と恐れられた私ですが(?)2012年に会社を辞め、

自らに課した「でかい夢」を掴むべく専業トレーダーを続けてきた訳ですが、

目標には遠く及ばず気が付けば既に「3年と3ヶ月」の月日が流れておりました。

事実上「眠れる獅子は寝っぱなし状態」という私らしい滑稽な結末となりますが、

以前も記事で触れました通り「私にとって最大級のケジメ」を取らせて頂きます。



私は破産した訳ではありませんから「株式市場」からは退場致しませんし、

今後も「資産運用」は続けて参りますが3年以内の目標を達成できなかった今、

「サラリーマンには絶対に稼げない金額」でなければ専業を続ける意味はなく、

仲間内には昨年の忘年会などで既に伝えてありますが「在宅は卒業」させて頂き、

今後は「空白の3年間」を埋めるべく、きっちりと地域・社会貢献させて頂きます。



『40過ぎて会社を辞めて無様な最後だな!』と笑って頂いても構いません。

私も昨年「この決断をした日」は悔し涙を止めることができませんでしたし、

既に私のプロフィール欄から「専業トレーダー」という項目は削除されており、

昨年の秋口辺りから何人の方が「この変化」に気が付いていたのかは不明です。



勿論「会社を辞めてまで本気で挑戦した日々」に後悔などは微塵もなく、

「3年で億超え」の夢は潰えましたが私の挑戦は今後も継続されます。

この3年間での総資産額は2千万円を大きく超えたのが最高でした。

そこから「3年分の生活費」として800万円弱のお金が出金され、

売却益からは「20%が税金」として自動的に差し引かれますから、

社会的信用を失ってまで続けるにはあまりにもお粗末な成績です。










これは1日で70万円の含み益が出た日に嬉しくて思わず撮影したものですが、

瞬発力が必要とされる「デイトレード」には最近になって限界を感じており、

私が最も得意な手法は「現物株の中長期保有」であることに改めて気づかされ、

年齢的に考えても『お前、いい加減にしろよ!』と叱られてしまうでしょう。



私がまだ30代であれば「破産覚悟のレバレッジ」で億超えもあり得ましたが、

既婚者である私が「プロボクサー時代と同じ過ち」を繰り返すことは許されず、

結局は『サラリーマン時代と変わらない生活水準を維持できただけ』と言え、

これ以上「専業」にしがみつく理由も無くなったことから決断した次第です。

今後につきましては落ち着いてからのご報告とさせて頂きます。



最後に私が大好きな映画「キッズ・リターン」のセリフを記し、

自分自身へのエールの意味も込めて本日の記事を終了致します。



『マーちゃん・・俺達もう、終わっちゃったのかな?』

『バーカ!まだ始まってもいねェよ!』




皆さん、素敵な週末を。



 END

   
Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground