FC2ブログ
2017-02-05

プロデビューから21年







明日2月6日は、私がプロボクサーとしてデビュー戦のリングに上がった日であり、

月日が流れるのは本当に早いもので、あの日から明日で21年目を迎える訳です。

添付させて頂いた画像に写る、赤いトランクスのボクサーが21年前の私ですが、

数年来の読者の方であれば既にご存知の通り、結果は私の「3RKO負け」という、

ほろ苦いプロデビューとなりましたが、私の中では「世紀のミスマッチ」でした。



当時、4月10日オープンだった古巣のジムに移籍組のプロを押しのけ、

ド素人の状態から会員NO.1番として入門した私は若さと勢いだけに任せ、

入門から半年後にはプロテストに合格し、10ヵ月後にはプロデビューと、

「ボクシング経験が半年以上必要」というプロテストの規定がある以上、

日本のプロボクサーの中では最短でプロになった1人であると言えます。



という自慢話も『結局デビュー戦KO負けじゃねェかよ!』と突っ込まれて、

見事に玉砕されてしまう訳ですが、何が「ミスマッチ」だったのかと言えば、

私は「全ボクシング歴が10ヶ月目のオーソドックス(右利き)」なのに対し、

相手は「遅咲きのデビューながらボクシング歴豊富なサウスポー」だった訳です。



ボクシングや他のスポーツでも詳しくない方のために解説をさせて頂きますと、

「全競技人口」の中でもサウスポー(左利き)が占める割合は非常に少なく、

日頃からオーソドックス(右利き)と対戦し慣れているサウスポーに対し、

右利きにとっては所属先に左利きの選手が1人も居ないことも珍しくなく、

アマチュア経験でもない限りデビュー戦の相手がサウスポーというのは、

通常のマッチメイクではあり得ない「タブー」であったと言えます。



それだけ当時のジムには力がなかったということになりますが、

ジムの会長のマッチメイクに対し、チーフトレーナーを務めていた、

私をプロに育ててくれた師匠は『普通デビュー戦にサウスポーなんて、

引き受けるほうがおかしいんだよ!勝たせたくねェのかよっ!?』と、

呆れ返っておりましたが、正月休みも返上で私を指導してくれたことに、

今でも感謝致しておりますし、その後の私のキャリアにも活かされました。











対戦相手だったサウスポーの彼は、3戦3勝(3KO)の戦績で毎年開催されている、

東日本新人王トーナメントのJウェルター級(現在のSライト級)の準決勝まで勝ち進み、

この年の全日本新人王を獲得した選手に判定で敗れ、そのまま引退したとのことです。

訳ありでプロデビューが遅かったことから『新人王が獲れなかったら辞める』という、

壮絶な覚悟で挑んでいたと、後に当時ジムのオーナーだった社長から聞かされました。



この試合から3年後、私も彼と同じ階級で東日本新人王トーナメントの決勝まで勝ち進み、

後に日本・東洋チャンピオンになる相手に敗れ、翌年には引退することになる訳ですが、

この時はまだ知る由も無く、負けた悔しさとパンチで折れた鼻骨と眼底の痛みだけが残り、

勢いだけで突っ走ってきた私のボクシングキャリアの中で「初めての挫折」となりました。

今となっては本当に懐かしく、青臭く、眩しくて煌くような青春の1ページだったと言えます。



本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   
2016-12-14

いつかの右ストレート







本日のタイトルに似た、B'zが唄う冬の名曲が存在したような気も致しますが、

B'zファンの方に突っ込まれても困りますから気にせず書き進めたいと思います。

添付した画像は、20代のヒッティングマッスルが懐かしいプロボクサー時代の私です。

ボクシングと出会えたことには今でも感謝しておりますし後悔の念など微塵もありませんが、

やはり「負けた試合」に関しましては、悔いや反省点が残ってしまうのは勝負師の性でしょう。











「たられば」の話をすることは、勝負の世界に身を置く者としてはタブーですが、

『あの時、俺の右があと数cm早く届いていれば、倒れていたのは相手だったな』と、

今でも仕掛けた角度やタイミングまで鮮明に覚えているのが2つ目に添付した画像です。



東日本新人王の決勝戦、後に日本・東洋とチャンピオンベルトを巻くことになる、

佐々木基樹選手との試合で、この画像はまさに「相打ちになる瞬間」の1コマであり、

青いトランクスを履いている方が私で、序盤のアウトボクシングから一気に距離を縮め、

お互いノーガードで放ったカウンターの右ストレートで私がダウンを喫する直前の場面で、

右ストレートを放つタイミングは、ほぼ同時でしたが私のパンチが僅かに遅かった訳です。



「ハードパンチャー同士の1戦」と当時のスポーツ新聞に取り上げられたこともあり、

他の階級の選手同様、新人王担当の記者の方からも注目されていたと聞きました。

下馬評では私の勝率が高かったそうですが、結果は私の無様なKO負けで決着し、

試合前の取り巻き連中は当然ながら佐々木選手の元へと流れて行きました。

静まり返った控え室で、惨めな気持ちだったことを今でも思い出します。



勿論、その後の佐々木選手が「世界タイトルマッチ」にまで挑戦したことは、

本気でブン殴りあった全ての対戦相手にとっての誇りでしょうし私もその1人です。

ハミダシ者の私が、ボクシングを通じて成長できたことには感謝しておりますし、

携わった全ての人達に受けたご恩は、いつの日か右ストレートでお返しします。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2016-10-23

アクアラインマラソン 2016

私が住んでいる千葉県木更津市で、2年おきに開催されるアクアラインマラソン。

今回も我がボクシングジムのOB3名が出場することになり私も沿道に出向きました。

本日ばかりは自宅に引きこもる訳にもいかず、後輩3名の勇姿を直に見届けてやろうと、

トップランナーが来る時刻を見計らい正午前から近所の通過点でスタンバイしておりました。











こちらの選手が第1位で通過したランナーです。

背後の長い直線に後続者は見受けられずブッチギリの1位通過で、

ゴールまでは5Km程度ですから、まず間違いなく優勝したことでしょう。











スーパーサイヤ人も通過し、一般のランナーも続々と走り抜けて行きます。











トップランナー通過から、およそ1時間後。











更に2時間30分が経過・・。

私の後輩達は未だ1名も現れず。

北風に吹かれ続けて身体も冷えて参りました。

・・お前ら、通過できなかったんじゃねェよなっ!?











と、そこへようやくN本が登場。

ジムの選手の中ではトップ通過となりました。

先日の飲み会で私のシューズを間違えて履いて帰りやがった男です。

おそらく、私のシューズからパワーを吸収して今回は速くなったのでしょう。











更に遅れること、およそ30分、ようやく闘う柔整師くんが登場致しました。

彼のすぐ前をY沢が通過して行ったとの報告を受け後姿をかろうじで見つけましたが、

あまりにも身長が低いため慌ててカメラを向けるも画像に収めることができませんでしたw



そして、何故か2人共似たようなファイティングポーズをとっておりますが、

これは決して私が要求した訳ではなく、カメラを向けると自発的にとったポーズです。

ボクサーはカメラを向けられると無意識にファイティングポーズをとる生き物なんですww












全ランナーの皆さん、本日は強風の中大変お疲れさまでした。

フルフェイスの被り物をして完走を果たしたコスプレランナーの方々や、

惜しくも完走を果たせなかったランナーの方々も大変お疲れさまでした。

また2年後に、木更津でお待ちしております。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2016-05-15

体内年齢 23才

そろそろ読者の皆さんからは『しつこいよっ!他にネタは無いのかっ!?』と、

お叱りを受けそうな気配も漂って参りましたので1ヶ月近くに渡ってお届けした、

「タニタの体脂肪測定器による体内年齢シリーズ」は今回をもって終了致します。

正直に申し上げますと、私も『そろそろ飽きてきたな』と気が済んだところですw



そもそも、先週掲載した「体内年齢 24才」で実年齢よりも20歳若くカウントされ、

そこから前回の記事までの期間は「24~27才」の間を上下動するばかりでしたから、

私も『さすがに現在の基礎代謝ではこれ以下の年齢は出せないだろう』と思いました。

ところが、1度きりではありましたが先週末の測定時に表示されたのが下の画像です。











あくまでも機械による測定ですが「実年齢よりも21歳若い」と判断されたことになります。

勿論嬉しく思いますし「今後のトレーニングに対するモチベーション」を維持する意味でも、

「自身の肉体レベル」をしっかりとデータ管理して行くことは大切だと改めて実感致しました。



個人的にはサンドバッグを叩いて「ヒッティング・マッスル」を復活させたいところですが、

今年の夏は多忙を極めた状態で終了してしまうと思われますから筋トレに関する計画は、

落ち着きを取り戻した秋口辺りに改めて見直しをかけようと現在あれこれ模索中です。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
2016-05-11

蘇った野獣 2016

最近すっかり定番となってしまった「肉体自慢バカ1代ブログ」ではございますが、

「専業トレーダー」を休んでいることもあり頭を使う必要が無くなった現在の私には、

引き締まった肉体が日々蘇っていくのを鏡で確認することだけが楽しみであると言え、

3ヶ月も経過すれば気が済んでしまうと思いますからもう少しだけお付き合い下さい。



ちなみに前回の文末に記した「1.400円台で保有していた株の件」につきましては、

好決算から買いが優勢となり昨日は「1.962円」という大幅高スタートとなりましたが、

その後は利益確定の売りに押される展開となり「1.879円」で取引きが終了致しました。

私は労働中でしたから参加はしておりませんでしたが事前に入力しておいた売り注文の、

逆指値(株価が○円以下なら成行で売り)に引っ掛かり利益が確定されていたようです。

今年は監視している銘柄の暴落局面だけを捉える「現物株投資」に限定して行く予定です。



話しは「肉体自慢バカ」に戻りますが、下に添付した画像は先月に書いた記事の、

「体内年齢 25才」というタイトルで使用させて頂いた画像ですが改めて観ますと、

『いやいや・・まだ下っ腹がプヨッてるよ!』と突っ込みたくなる状態だと言えます。











しかしながら、昨日の帰宅後に撮影した下の画像をご覧下さい。











誰の目にも明らかに「キレのあるシャープな腹筋」であると確認できます。

細胞の形状記憶なのか2週間でここまで変化したのには我ながら驚かされ、

前回も記しましたが今後の課題は「筋肉量の増加」であると言えますし、

私が目標とする肉体はブルース・リーのような「細マッチョ」です。



本日もお疲れさまでした。



 END

   
Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground